ミュージアムのレビュー・感想・評価

メニュー

ミュージアム

劇場公開日 2016年11月12日
350件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

表現の限界まで挑んだ怪作

心の底まで土足で踏み入られ、鑑賞中も鑑賞後も胸がザワザワしっぱなし。映倫Gなのは驚きだが、随分と残虐な描写を見せられたようでありながら、実は直接的な描写は皆無なのかも。。。だとしたら、本作そのものが愉快犯のごとく規制線をギリギリのところでかいくぐり我々の想像力を大いに弄んでいるみたいで、むしろそっちの方がゾッとする。

かくも表現の限界にまで挑んだ本作だが、それを構築している小栗と妻夫木という二大巨頭の魅せる凄みと人間的迫力、その狭間に柔和な存在感を差し込む尾野や野村も印象深い。そして何よりも、細部に至るまで役者陣が全員野球のように本気でうごめく迫力はまさに大友作品ならではと言っていい。
ここまで緊張感を高め、なおかつ観客を絶望の淵へいざなう作品はあまりお目にかかれない。とはいえ、怖いものが苦手な人にはいささか強烈すぎる場面もあるので、方々、くれぐれもご注意を。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2016年11月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 5 件)

小栗も妻夫木も良い!

小栗旬は不良役も好青年役も個人的にあまりいい印象がなかったが、この作品の沢村役はすばらしい。仕事が好きかどうかに関係なく、忙しいとつい家庭やパートナーをおろそかにしがちになるのは、共感できる人も多いはず。刑事という特殊な職業ではあるけれど、社会人男性が身につまされる、男のダメな部分も含めた等身大のキャラクターを、小栗がメリハリある演技で魅せる。

そして、カエル男の妻夫木聡。前宣伝の方法としては、犯人の俳優を伏せるという手もあったのではという作りだが、積極的に名前を出していく方針になったようだ。もちろん、妻夫木がスキンヘッドで猟奇殺人犯を演じるという意外性だけでなく、小栗以上にナイスガイ、優男のイメージが強い彼が鬼気迫る表情で沢村刑事を追い込んでいく姿に戦慄。

大友啓史監督は日本映画の枠にはまらないスケールの大きさを感じさせる。ハリウッド進出作をぜひ観てみたい、期待の監督の1人だ。

AuVis
AuVisさん / 2016年11月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

大切なものを見失ってはいけない 現状に甘えてはいけない

大切なものを見失ってはいけない
現状に甘えてはいけない

nanananana
nananananaさん / 2018年5月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中々面白かった👍

映画館鑑賞
ゆっくり静かに観た👍

こんにちわ
こんにちわさん / 2018年5月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

グロい怖い胸糞悪い

飛行機でたまたま観ました。恥ずかしながらこの作品を知らなかったので、それが幸いあなたは最悪のラストを想像するというキャッチコピーを知らずに観れました
こう言えば大体は最悪のラストでないことを想像できますがまあそうでした。良くないラストではありますが最悪ではないです
野村周平が演じる刑事が殉職したところはとても悲しかった…

もに
もにさん / 2018年4月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

気が滅入るだけ

暗い。途中は眠くなった。
ワクワクポイントが全くない。

おこげ
おこげさん / 2018年4月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小栗旬の ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

演技すごいよね(特に冷蔵庫で嫁子を発見したとき)

てん
てんさん / 2018年4月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

気分悪い

グロテスクな映像が沢山出てきて気分悪いです。小栗旬の演技が全編熱すぎて、ストーリー展開もなんか間延びした感じもあり、イマイチです。カエル男が妻夫木聡とは見てて1ミリも分かんなかった

マシェリ
マシェリさん / 2018年3月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小栗旬 原作越えの暴れっぷり ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作漫画が3巻で完結なので、そんなボリューミーじゃないのもあり、映画はそれをギュッと凝縮したかんじ。
でも、原作を忠実に再現してて、いわゆる実写劣化は感じなかった。なんなら小栗旬の暴れっプリが原作を越えてた。
アクションもぐろ描写も、息を飲むレベル。ストーリーも面白いし、おすすめできる日本のサスペンス!

はまち
はまちさん / 2018年3月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もっと残虐に ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作はヤンマガ連載時に読んでたが、連載終了後は全く読んでなかったのでかなり忘れてる。

まず小栗旬じゃない様な気がした。
なんか違う。

あとストーリーをもう少しコンパクトにしてもいいと思う。親父の場面とかあんまりいらん気がした。

そして、ハンバーガー→EAT→生首のシーン後にすぐネタバレは冷める。
僕は原作を読んでるので最初から分かってたけど、それでもドキドキしながら観る事が出来た。
あの絶望感はもう少し引き伸ばしてよかったと思う。

小栗旬とか使わず、R指定でもっと攻めた映画にしたら評価が高くなったのでは。

まぁ評価よりも収入か。

ノビ
ノビさん / 2018年3月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日本版セブン ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

内容は、エログロな「セブン」のような映画で、原作を忠実に再現して、それを上回っている。セブンがブラピなら、ミュージアムはオグリ。

以下、良かったと思ったところ。

小栗旬の熱演。
妻夫木聡が誰だかわからないぐらいのナリキリ度合い。
野村周平の若手刑事の演技。
尾野真千子の、後半のひきこまれるような演技。
市川実日子の、ナニカあるんじゃないか感。
原作を知っているなら、映画だけで作られた明らかな違い。
ダークな雰囲気。

よくできていた。

以下、良くなかったと思ったところ。
①原作が短編で、映画の時間に耐えれていない。小栗旬の叫びで引き延ばしている。
②漫画ならではの「現実ではありえない展開」。大衆居酒屋の相席で事件の話をふつうにしている。トラックに轢き殺されそうになって大怪我したのに、ふつうに家に帰って寝ている。

これらを差っ引いて、☆3。

@Fxxk4ever
@Fxxk4everさん / 2018年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

十分に満足 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作既読

原作に忠実に映画化していた!
最後の方の犯人との会話、姉弟、意味深なラストシーンなどは改めて原作を確認してみないといけない(割と覚えていない)

小栗旬の刑事の乱れ狂っている感じも生々しいし、妻夫木聡演じる犯人の狂気を感じさせる感じは素晴らしく、妻夫木聡スゴイ!と思った

原作では後半失速したような気がしていたが、実写にすると盛り上がるなぁと思ったり

ある意味淡々とした絵柄とも相まって、原作は流し読んでしまった気がするが、今回の映画化により感情や想いのぶつかり合いが表現され見応えが増しており、楽しむことが出来た!

実写映画化とはこういう感じでやってほしいものだ。原作のマンガや小説ではない生身の人間が放つ熱量や感情を(こちらが意図していたり考えていたものとは違っても)表現・体現して新たな映画化としての作品とする。

今回はそれが出来ていた。そんな気がする

原作、パンフレットを観て、追記

姉妹や犯人との会話、ラストシーンは変更点だったようだ
意味深なラストシーンは原作よりも家族の姿を日光のもとで見せることでより不穏な空気を出しており、原作よりも好きかも知れない
犯人との会話も生々しさみたいなものが増しているので悪くないだろう
兄弟姉妹の設定は物語の骨組みを崩すことなく成立していたように思う

パンフレットなどだと殺人鬼についてや裁判員制度についてなどが語られている事が多いが、裁判員制度の問題点への描写は控えめにされているためかそれほど個人的には響いてこない

テツ
テツさん / 2018年1月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中々良かった

妻夫木聡演じる悪役が、中々怖かった。
ただ、彼の創作活動に漂うのは、悦ではなく悲しみにも感じた。
自分を見つけて欲しい、大事にしてほしい・・・
そういう欲求を根元にあって、そこに自己愛を後でくっつけたと思う。
逆に
小栗旬が演じる主役は、愛をどう大切にしてよいかわからない。
だからこそ仕事の中に生きがいを探すから
家族との溝がぽっかり空く。
そういう点では、悪役の根底に家族の愛を欲していて
その中で、主人公に、家族への愛に目覚めてほしい
という
願望も、悪役にはあったのかもしれない。
しかしながら
それを目の前で見ていくと、求めていた筈が、嫉妬にも変わりかねない
この精神性の危うさが、とても面白かったです

chaocomspace
chaocomspaceさん / 2018年1月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアリテイ推しでなんとか消化

話として中途半端感が否めないが、リアルなのでもし自分にこんなことがあったらと振り返るための映画と感じた。映画だからではなく大切なものを失ったら、どうしようもない理不尽なこともあるし、それを含めてどのように行きて行くべきかと考える以外に救いのない映画。

7rancha
7ranchaさん / 2018年1月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小栗

例えばこれを韓国でやったら、もっと面白かったのかも。脚本と、役者が決定的に弱い。

ssspkk
ssspkkさん / 2018年1月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

酷く気味の悪い死体たち、 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

そして酷く後味の悪いお話であった。
小栗くんの演技力には圧巻される。尾野真千子さんも、普段の愛くるしさを押し殺された表情が終始息苦しさを感じる空気感と相まって良かった。
原作は読んでいないが小振りな良作というか、映像化作品だけで十分に楽しめると思う。共感すべき部分はあまり探したくない、そんな内容ではあった。

yuya
yuyaさん / 2017年12月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんか、殺人の方法はセブンに似てるね。太陽が苦手なキャラはXMEN...

なんか、殺人の方法はセブンに似てるね。太陽が苦手なキャラはXMENにもあったし、既視感は強いけど、妻夫木さんの怪演、小栗旬さんの熱演には、目を見張るものがあります。

このお二人の役者魂はすごいですねー

凛
さん / 2017年12月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コピーにドキッとした。

 怖かったぁ~。(>_<)

 良心に訴えることが効かない犯罪者って、
 もぅどうしようもないじゃん。p(´⌒`q)

 ・・・それにしても、
 「あなたは最悪のラストを期待する」ってコピー、
 観終わった後に見たんだけど、
 ・・・ドキッとした。

 別に期待した訳じゃないけど、
 予想はしたよネ。(∋_∈)

たまき
たまきさん / 2017年11月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

危機迫る演技力が見事。

雨の日にだけ殺人を行う連続殺人鬼に追い詰められていく刑事。次々に起こる殺人はついに自分の妻と息子に迫っていた…。

恐い、恐い、そして痛い、辛い。あの殺人鬼の残虐な殺人の数々が生々しく、リアル。これはR指定じゃないのか?大丈夫なのかと思うほど直接的な、過激な描写。
妻夫木まじ恐い。つか妻夫木の原型を留めていない。顔も体も声も、恐ろしく醜く、恐怖そのもの。
そして小栗旬の危機迫る演技力、みるものを離さない空気感が尋常じゃないほど力強く、かっこよく、魅入ってしまう。
進むにつれ荒々しくなる表情、態度、息遣い。あの扉を開けた瞬間の絶望の断末魔。怒りが殺意に変わった瞬間の狂った表情。寒気がするほど圧巻。

グロさはきついが、それを上回る小栗旬の演技力の高さが半端ない。
あとハンバーガーがトラウマになります。

Pathfinder
Pathfinderさん / 2017年11月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった!

こういう系すき!

なき
なきさん / 2017年11月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

350件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi