ボーダーライン(2015)
ホーム > 作品情報 > 映画「ボーダーライン(2015)」
メニュー

ボーダーライン(2015)

劇場公開日

解説

「プリズナーズ」「灼熱の魂」のドゥニ・ビルヌーブ監督が、「イントゥ・ザ・ウッズ」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のエミリー・ブラントを主演に迎え、アメリカとメキシコの国境地帯で繰り広げられる麻薬戦争の現実を、リアルに描いたクライムアクション。巨大化するメキシコの麻薬カルテルを殲滅するため、米国防総省の特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイトは、謎のコロンビア人とともにアメリカとメキシコの国境付近を拠点とする麻薬組織撲滅の極秘作戦に参加する。しかし、仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した作戦内容や、人の命が簡単に失われていく現場に直面し、ケイトの中で善と悪の境界が揺らいでいく。共演にベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン。

作品データ

原題 Sicario
製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 KADOKAWA
上映時間 121分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

受賞歴

第88回 アカデミー賞(2016年)

ノミネート
撮影賞 ロジャー・ディーキンス
作曲賞 ヨハン・ヨハンソン
音響編集賞  

第68回 カンヌ国際映画祭(2015年)

出品
コンペティション部門
出品作品 ドゥニ・ビルヌーブ

特集

「ゼロ・ダーク・サーティ」→「アメリカン・スナイパー」→次は本作!《国境麻薬戦争》を極限まで描いた、“今見るべき”オスカー・ノミネート・アクション

エミリー・ブラント、ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリンの実力派キャストが“トリプル主演”し、「プリズナーズ」「複製された男」の気鋭監督ドゥニ・ビルヌーブがメガホンをとったアカデミー賞3部門ノミネート作「ボーダーライン」が、4月9日に公開される。リアルなドラマとアクション──本作は、麻薬戦争の最前線に観客を放り込む衝撃作だ。特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

スリルを持続させる演出力と撮影が描き出す、正義なき麻薬戦争の地獄
ボーダーライン(2015)の映画評論・批評

メキシコの麻薬戦争は、司法や正義の無力に嘆かわしさを覚える問題のひとつだ。特に麻薬ビジネスのために縄張りを争い、殺人を常態化させたカルテル(麻薬組織)の存在は、それを実感させるに充分といえる。我々は報道を通じて連中が作り出す「見せしめ...ボーダーライン(2015)の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全161件)
  • 悲しみの連鎖 ネタバレ! みんな幸せに暮らしたいと思っているが犯罪に手を染めなければ幸せを手に入れられない。 復讐で麻薬のボスの子供を殺すシーンはすごく心にきた。 あんな可愛い子供が殺される世の中があることが悲しい。 正... ...続きを読む

    ハンクスさん ハンクスさんさん  2018年10月6日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • その善悪にボーダーはありません ヨハン・ヨハンソンの音楽とロジャー・ディーキンスの画で、始終緊張を強いられる。鼻の下の毛を抜きながらでないと観られない緊張感。 後半はベニシオ・デル・トロの独断場。 公開時のポスターに“その善悪... ...続きを読む

    mimotomimoto mimotomimotoさん  2018年8月25日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 「小義を犠牲にして大義を得る」? ネタバレ! 物理的・肉体的な力がものを言う世界。 法秩序、公権力、社会的モラルやマナー、相互監視の目が人々の行動を抑制する権力としてはたらかない世界。 非・都市型の世界。 脚本家テイラー・シェリダンが一貫し... ...続きを読む

    f(unction) f(unction)さん  2018年8月21日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

「ボーダーライン」シリーズ関連作品

他のユーザーは「ボーダーライン(2015)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi