ブリッジ・オブ・スパイ

ALLTIME BEST

劇場公開日

ブリッジ・オブ・スパイ
22%
61%
15%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、ジョエル&イーサン・コーエン脚本と、いずれもアカデミー賞受賞歴のあるハリウッド最高峰の才能が結集し、1950~60年代の米ソ冷戦下で起こった実話を描いたサスペンスドラマ。保険の分野で着実にキャリアを積み重ねてきた弁護士ジェームズ・ドノバンは、ソ連のスパイとしてFBIに逮捕されたルドルフ・アベルの弁護を依頼される。敵国の人間を弁護することに周囲から非難を浴びせられても、弁護士としての職務を果たそうとするドノバンと、祖国への忠義を貫くアベル。2人の間には、次第に互いに対する理解や尊敬の念が芽生えていく。死刑が確実と思われたアベルは、ドノバンの弁護で懲役30年となり、裁判は終わるが、それから5年後、ソ連を偵察飛行中だったアメリカ人パイロットのフランシス・ゲイリー・パワーズが、ソ連に捕らえられる事態が発生。両国はアベルとパワーズの交換を画策し、ドノバンはその交渉役という大役を任じられる。第88回アカデミー賞では作品賞ほか6部門でノミネートを受け、ソ連スパイのアベルを演じたマーク・ライランスが助演男優賞を受賞した。

2015年製作/142分/G/アメリカ
原題:Bridge of Spies
配給:20世紀フォックス映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2015 DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC and TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION.

映画レビュー

4.0冷戦時代、ソ連のスパイの弁護を引き受けたことから、ソ連のスパイとソ...

2022年6月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

冷戦時代、ソ連のスパイの弁護を引き受けたことから、ソ連のスパイとソ連に捕らえられたアメリカ人捕虜の交換交渉へ。
周囲にどう見れれ言われようとも、時代や国に捕らわれず自分の正義を貫く姿勢、立ち向かう姿勢は心打たれる。
終盤、ソ連のスパイのアベルとドノヴァンの何かを越えた信頼、つながりで結ばれたシーンはじんと来るものがあった。
時代背景が切なく、辛いこともあのシーンが際立たせていたのかも。
安定感のあるトム・ハンクス。さすが。すごく良かった。
すごく良い作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

3.0アメリカの良心。スピルバーグらしい。

マサシさん
2022年5月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

スターリンはなくなっているが、キューバ危機やケネディ暗殺はまだだし、ベルリンの壁は1961年に出来てしまう。東西冷戦の第二幕の始まりと言った所。
東西冷戦がどうして起こるか?まぁイデオロギーとか、宗教の違いとか言うが、僕は権力者と権力者の争いだと思う。この映画にも最高指導者のフルシチョフが写真として登場するが、アメリカはケネディをセリフの中に登場させ、双方の権力者として、映画の中で語っている。それで、概ね解釈は正しいのだろうが、ケネディは暗殺され、フルシチョフは後に失脚している。彼等は真の権力者ではないのかもしれない。その後、新しい権力者は登場するが、東西冷戦は続く。だから、イデオロギーや宗教が争いの根源ではないと思わざるを得ない。
従って、今のロシアのウクライナへの侵攻もプーチンの単純な愚行とみなすべきなのだろうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マサシ

4.0執念と信頼

tunaさん
2022年1月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

驚くべきノンフィクションでした。
面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

1.0どうもスティーブン・スピルバーグ監督作品は合わないらしい。

2021年11月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

どうもスティーブン・スピルバーグ監督作品は合わないらしい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
にしちん
すべての映画レビューを見る(全327件)