シンデレラ : 映画評論・批評

メニュー

シンデレラ

劇場公開日 2015年4月25日
2015年4月14日更新 2015年4月25日よりTOHOシネマズ日劇ほかにてロードショー

ゴージャスな舞踏会シーンが圧巻。アニメ版に忠実ながら「今っぽい」アレンジで女性の共感を呼ぶ新しい「シンデレラ」

アリス・イン・ワンダーランド」「マレフィセント」に続くディズニー・アニメの実写版。悪役の魔女が半ば善玉化した「マレフィセント」と違い、基本のキャラクターとストーリーはアニメに忠実。ヒロインのエラ(リリー・ジェームズ)が舞踏会に着ていくドレスの色も、アニメと同じブルーだ。衣装デザインは「恋におちたシェイクスピア」のサンディ・パウエル。プロダクョン・デザインは「タイタス」のダンテ・フェレッティ。2人の匠の技が光る舞踏会の場面は、この映画のゴージャスなテイストが満喫できる見せ場だ。エラと王子(リチャード・マッデン)がダンスを始めると、その動きに連れて周囲を取り巻く人々の輪が後退し、大理石の大広間が2人の存在感で満たされていく。このロマンチックな場面を、ケネス・ブラナー監督は、「戦争と平和」の舞踏会シーンを彷彿させる華やかなタッチでまとめあげた。さすがだ。

画像1

面白いのは、「アナと雪の女王」から流行語になった「ありのままで」がテーマになっていること。舞踏会の魔法が解けて日常に戻ったあと、エラにとっては、名もなく持参金もないありのままの自分を王子にさらけ出せるかどうかが最大の試練となる。「すっぴんで好きな人の前に出られるか?」は女子の永遠の課題だが、これに立ち向かうエラの勇気に観客の共感を求めたところが、この映画の今っぽさのポイントだ。

そんなエラと対比的に描かれる意地悪な継母のキャラも秀逸。彼女トレメイン夫人は、夫亡きあとの暮らしを維持するべくエラの父と再婚した女性。つまり、誰かに依存しなければ生きられない旧世代の女だ。彼女がエラを憎むのは、依存生活において武器となる若さと美貌と優しさをエラが完璧に備えていたから。そうした女の嫉妬心からエラをいじめぬくトレメイン夫人の哀しさを、ケイト・ブランシェットが実に見事に演じている。彼女の厚化粧が、エラの透明感を際立たせる役目を果たしている点にも注目!

矢崎由紀子

関連コンテンツ

インタビュー

ケネス・ブラナー&リリー・ジェームズ「シンデレラ」に魔法をかけた英国人気質
インタビュー

「アナと雪の女王」「マレフィセント」で新たなヒロイン像を提示したウォルト・ディズニーが、満を持して放つ実写版「シンデレラ」が日本に上陸する。1950年に公開された同名のマスターピースは、戦後の混乱でピンチに立たされた当時のディズニー・...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全335件)
  • 勇気を貰える 開始10分とかそのくらいで泣きました。 2回目でも同じところで泣きました笑 辛い状況の中でも強く生きていこうとするシンデレラの姿を見ると自分の抱えていた悩みや不安なんてちっぽけなものだなと思って... ...続きを読む

    🐻🌹 🐻🌹さん  2019年2月6日 00:34  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 美しい映像と世界観 映画上映の時からずっと気になっていたのに中々観られてなかった作品 シンデレラや継母はもちろん、キャストは優雅で美しく、クラシカルな世界観の中に、様々なところで現代の新鮮さを感じ楽しめました ... ...続きを読む

    Junkona Junkonaさん  2018年10月30日 00:16  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • とてもよくできています おとぎ話のシンデレラが、なぜ、継母と義姉たちと暮らさなければいけなくなったかというオープニングの設定が、ものすごく納得でき、大人が満足できるリアルな設定に感動しました。テンポも音楽もよく、プリン... ...続きを読む

    aquarian aquarianさん  2018年10月2日 20:19  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報