恋におちたシェイクスピア

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
恋におちたシェイクスピア
18%
51%
26%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

若き日の文豪シェイクスピアの秘められた恋の行方を、虚実織り混ぜながら描いた恋愛歴史劇。16世紀末のロンドン。人気劇作家シェイクスピアはスランプに陥っていた。ある日、彼の新作のオーディションにトマスと名乗る若者がやって来る。実はトマスは、裕福な商人の娘ヴァイオラが女人禁制の舞台に立つために男装した姿だった。逃げるように去ったトマスの後を追って商人の屋敷に潜り込んだシェイクスピアは、そこでヴァイオラと出会い恋に落ちる。しかし彼女には既に、親によって定められた婚約者がいた。燃え上がる恋心に創作意欲を刺激され、新作「ロミオとジュリエット」を書き上げていくシェイクスピアだったが……。主演は「エリザベス」のジョセフ・ファインズ。第71回アカデミー賞で作品賞など7部門を受賞し、ヴァイオラ役のグウィネス・パルトロウが主演女優賞、エリザベス女王役のジュディ・デンチが助演女優賞に輝いた。

1998年製作/123分/R15+/アメリカ
原題:Shakespeare in Love
配給:UIP

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第23回 日本アカデミー賞(2000年)

ノミネート

外国作品賞  

第71回 アカデミー賞(1999年)

受賞

作品賞  
主演女優賞 グウィネス・パルトロウ
助演女優賞 ジュディ・デンチ
脚本賞 マーク・ノーマン トム・ストッパード
作曲賞(ミュージカル/コメディ) スティーブン・ウォーベック
衣装デザイン賞 サンディ・パウエル
美術賞  

ノミネート

監督賞 ジョン・マッデン
助演男優賞 ジェフリー・ラッシュ
撮影賞 リチャード・グレートレックス
編集賞 デビッド・ガンブル
音響賞  
メイクアップ賞  

第56回 ゴールデングローブ賞(1999年)

受賞

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) グウィネス・パルトロウ
最優秀脚本賞 マーク・ノーマン

ノミネート

最優秀助演男優賞 ジェフリー・ラッシュ
最優秀助演女優賞 ジュディ・デンチ
最優秀監督賞 ジョン・マッデン
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5ワクワクした気持ちは覚えている

talismanさん
2021年5月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

幸せ

公開された時に映画館で見た。何となくでなく、知らない俳優だらけだったので目当てがいた訳でもなくて、単に舞台とか演劇が好きだから行った。そうしたら、とっても面白くてワクワクして楽しかったことは本当によく覚えている。主役のグウィネス・パルトロウが魅力的で、男装が素敵だったことは覚えている。でも、大枠のストーリーも細部も残念ながら、覚えていない。

映画は本と同じところもあるかもしれない。感動したことはよく覚えている。再読して、うんうんと確かめられることもある。でも、あれ!こんな内容だっけ!!とびっくりして新たに深く感動することもある。一方で、え~、こんな内容で文体だったっけ?面白くないな、若かったあの時はコレコレのことで悩んでいたから泣くほど感動したんだな、と判断することもある。

この映画、今、見たら私は何を思うだろう?楽しみです。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
talisman

4.5シェイクスピアのバックステージものの面白さが躍動する名脚本が生かされた傑作

Gustavさん
2021年2月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

久し振りの期待以上の面白さ、完成された娯楽大作のアメリカ映画としては、フォアマンの「アマデウス」以来の傑作と絶賛したい。まず何より、戯曲『ロミオとジュリエット』創作の舞台裏とウィリアム・シェイクスピアの私生活を題材にしたアイデアと、彼の恋愛経験が作品と重なり合い相互を高揚させ、恋と舞台の素晴らしさをストレートに表現した脚本が巧妙かつ優秀だ。演出のユーモアとスリリングなスピード感、畳み掛ける場面転換のリズミカルなタッチと、気持ち良く観られる。特に、公演場面のシェイクスピアとヴァイオラがキスをする舞台裏と上演場面のカット繋ぎが巧い。ジョゼフ・ファインズ演じるシェイクスピアが鳥の羽で戯曲を書き込むシーンのテンポとその動作。インクが付いて汚れた指、作品が書き込まれた原稿のその紙、と細かいところまで拘る丁寧さもいい。イギリス演劇の歴史ある様式が垣間見える興味深さ。そして、名脚本に溶け込む役者たちの演技の充実度。まず、男装してロミオ役を熱演するヴァイオラを演じたグウィネス・パルトローは、「セブン」以来だが気品に満ちた美しさは更に磨きがかかり堂々とした動作に女優としての自信が溢れている。グレース・ケリーとまでは行かないけれど、惜しむらくはヴァイオラの年齢としてはもう少し若い時に演じたらもっと良かったかも知れない。シェイクスピア役のファインズは、この若き天才劇作家のイメージにピッタリ当て嵌まる男優ではないが、躍動的な立ち振る舞いと台詞回しの鮮やかさには一寸驚いた。愛すべきシェイクスピア像を上手く演じている。役者役のベン・アフレックの特段優れた演技は披露していないものの役柄を充分理解した上で存在しているのもいい。これら全て演劇的素養のある英米俳優人の成果といっていい。その点で、ローズ座の座主ヘンズローのジェフリー・ラッシュは正しく演劇芝居の手本を示して文句の付けようがない。僅かな登場でもアカデミー賞の助演賞を受けたジュディ・デンチは、そのエリザベス女王の衣装とメイキャップだけで存在感がある。大変な儲け役だった。高利貸しフェニマンのトム・ウィルキンスン、シェイクスピアの恋敵の貴族ウェセックス卿のコリン・ファース、実在の劇作家マーローのルパート・エヴェレットと、助演の役者も含めて作品の品格を形成している。

16世紀のロンドンを舞台にしたコスチュームプレイにおける美術・装置・衣装の贅沢さ。その安定感に、喜劇仕立ての脚本・演出のお蔭で余計な重さもなく、映画の語りは現代的なスピード感で処理されている。その良い例として、モンタギュー・キャピュレット両家の喧嘩場面の稽古シーンが、敵対する一座の襲撃に合い虚実一体になるシークエンスのカットバック。そして、恋敵ウェセックス卿とアメリカ新大陸に向かうヴァイオラが、上演芝居見たさ一念で脱走する展開から、上演中にジュリエット役の男の子が変声期と風邪の為に使えなくなりヴァイオラがジュリエットに成り代わるクライマックスの盛り上げ方と、映画的な見応えがある。ラスト、新作『十二夜』に取り掛かるシェイクスピアの原稿と新大陸アメリカを歩くヴァイオラがオーバーラップする決着も粋である。この映画は、トム・ストッパードとマーク・ノーマンの優れた脚本が生かされた作品として評価に値すると強く思う。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Gustav

4.0グウィネスパルトローの美しさが印象的。 後、ベンアフレックのアホそ...

2020年8月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

グウィネスパルトローの美しさが印象的。
後、ベンアフレックのアホそうでたまに良いこと言うキャラが好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
いたかわ

3.5グウィネス・パルトロウの1番好きな時代

カメさん
2020年7月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.7
ロミオとジュリエットを作り上げながら、その脚本と対比させ、シェイクスピア自らの身分違いの恋を描く。いい脚本だが、主演する2人のファンかどうかで評価も変わってくるかもしれない。
この頃のグウィネス・パルトロウは最も美しく、演技も表情も素晴らしい。ただミュージカル仕立てではないので、この大袈裟な脚本・演出は、演者に委ねる部分が大きいが、見事に演じたパルトロウ。オスカーも納得の演技だ。ただ、シェイクスピア役が弱く、違う役者なら、もっと評価は高かったと感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カメ
すべての映画レビューを見る(全25件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る