フレンチアルプスで起きたこと

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
フレンチアルプスで起きたこと

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フランスのスキーリゾートにやってきたスウェーデン人家族の状況が、ある事件をきっかけに一変する様をブラックユーモアを交えて描いたドラマ。2014年・第67回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞するなど、各国の映画祭や映画賞で高い評価を獲得。日本では第27回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門で「ツーリスト」のタイトルで上映されている。スマートなビジネスマンのトマス、美しい妻のエバ、そして娘のヴェラと息子のハリーは、一家そろってフレンチアルプスにスキー旅行にやってくる。しかし、昼食をとっていた最中、目の前で雪崩が発生。幸い大事には至らなかったが、その時に取ったトマスの行動が彼のまとっていた「理想的な家族の父親像」を崩壊させ、妻や子どもたちから反発や不信を買って家族はバラバラになってしまう。

2014年製作/118分/G/スウェーデン・デンマーク・フランス・ノルウェー合作
原題:Turist
配給:マジックアワー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第72回 ゴールデングローブ賞(2015年)

ノミネート

最優秀外国語映画賞  

第67回 カンヌ国際映画祭(2014年)

受賞

ある視点部門
ある視点部門 審査員賞 リューベン・オストルンド

出品

ある視点部門
出品作品 リューベン・オストルンド
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)Fredrik Wenzel

映画レビュー

5.0人間の本性をあけすけに暴くユーモア

ローチさん
2018年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

知的興奮、というのはこういう映画のためにある言葉だと思う。人間は追い詰められた時にその本性を現すが、まさに本性を表してしまった人間への見方が一変する体験を見事に描いている。

頼れる父親だったはずの男が、いざ雪崩という危機が起きると家族を置いて一人で逃げてしまう。そこから家族の絆に日々が入る。おそらく本人もそんな危機に直面するまでは、自分がそんな人間だと思いもしなかったのだろう。良き父親、良き夫という「仮面」を生命の危機によって強引に剥がされてしまった男の惨めな姿。観ていてつらく滑稽だ。

リューベン・オストルンド監督の観察眼は、まるで人間を昆虫を観察するかのように見つめる。何かの実験をするかのように、こういう状況に置くと人間がどんな行動を取るのか、というような冷徹な視線がある。この距離感がコメディに最適だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ローチ

トマスのような自己防衛本能の強い人が増えているこの頃

ku-chanさん
2019年5月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

怖い

『フレンチアルプスで起きたこと』
監督・脚本はリューベン・オストルンド
この映画は色々書くことがあってまとまりそうもないからトマスとエバ夫婦と20歳代の女と付き合っているマッツの2組のことを書く。あくまでも私個人の批評。
トマスは雪崩が起きた時、とっさに、家族より自分の身を優先して守った。この事実がスキー仲間たちに与えた影響をこの映画はちょっと滑稽に描いている。

いや実際にあり得ることで、これから先もっと起こりそうだ。ネットに深くハマる人たちで自分とネットの関係しか見られない人にはおこりそうだと思う。(トマスのようにドーロンのようなもので遊ぶのが好き)

トマスの言い訳も、言い訳というより、そう思うことにより自分を守っているのだ。自己防衛本能がここでも働いているのだ。それに、自分の非を認めることができないだけでなく、そのことを直視しようとしない。これも、自分を守りたいという本能なのだ。
エバはトマスの行動を自己消化できず、また、マッツ(40代ひげの男)と彼の20代のガールフレントに話す。
今度はスウェーデン語でだから、エバはもっと詳しく話す。この話をガールフレンドは年代の違いで、若者はもっと相手を大切に優先するとマッツと二人になった時にいう。マッツは自分もトマスのように扱われたことに憤慨する。

エバはトマスに対する不信感で心が晴れないが、最終日にトマスが雪の中で迷ったエバを助け、リゾートを離れる時に乗ったバスで、マッツは自分を優先せず、パニックになった乗客の心を落ち着かせた。これらによって二人の男性は信頼を勝ち取った。最後のシーンは聖者の行進のようで和解し勝利を勝ち取ったふうに見えた。

追加:子供の気持ちをかなり無視しているので残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ku-chan

3.0バカンス出たけれど…

U-TAさん
2019年4月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

もう 家族旅行なんて行きたくなくなる。
ここまで、いくと、もう終わり。だが、これと近い事はよくあるなあ 家族旅行の帰りは夫婦の関係がギクシャクしたりしている感じの家族よく見るなあ
子供の演技 ちょっとした日常の動きとかが自然で…それが この雰囲気最悪の家族バカンスに引き込まれる。
ホラーなのか、でも他人事だから、笑ってしまうとこもある。でも 自分だったらと…考えると、最悪だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
U-TA

4.0自分がそうなったら…

2019年1月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

自分も他人も含めて完全な人間などいない。分かってはいるが、何か揺るぎない良心を求めて人は生きている。だから迷うのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ドラゴンミズホ
すべての映画レビューを見る(全45件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る