フレンチアルプスで起きたこと

ALLTIME BEST

劇場公開日:

フレンチアルプスで起きたこと

解説

フランスのスキーリゾートにやってきたスウェーデン人家族の状況が、ある事件をきっかけに一変する様をブラックユーモアを交えて描いたドラマ。2014年・第67回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞するなど、各国の映画祭や映画賞で高い評価を獲得。日本では第27回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門で「ツーリスト」のタイトルで上映されている。スマートなビジネスマンのトマス、美しい妻のエバ、そして娘のヴェラと息子のハリーは、一家そろってフレンチアルプスにスキー旅行にやってくる。しかし、昼食をとっていた最中、目の前で雪崩が発生。幸い大事には至らなかったが、その時に取ったトマスの行動が彼のまとっていた「理想的な家族の父親像」を崩壊させ、妻や子どもたちから反発や不信を買って家族はバラバラになってしまう。

2014年製作/118分/G/スウェーデン・デンマーク・フランス・ノルウェー合作
原題:Turist
配給:マジックアワー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第72回 ゴールデングローブ賞(2015年)

ノミネート

最優秀外国語映画賞  

第67回 カンヌ国際映画祭(2014年)

受賞

ある視点部門
ある視点部門 審査員賞 リューベン・オストルンド

出品

ある視点部門
出品作品 リューベン・オストルンド
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)Fredrik Wenzel

映画レビュー

4.5Introspective Art Thriller

2020年10月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

怖い

興奮

This story of a family's deconstruction in a mountain resort is a Neo-Shining master work with all the finer points of European arthouse. A literary observation of the human psyche when confronted with a life-threatening event. There's humor and sarcasm in its pessimistic tale--a stalker-like hotel janitor feels like a caricature of the director's own insecurities. It makes lemonade out of lemons.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Dan Knighton

5.0人間の本性をあけすけに暴くユーモア

2018年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

知的興奮、というのはこういう映画のためにある言葉だと思う。人間は追い詰められた時にその本性を現すが、まさに本性を表してしまった人間への見方が一変する体験を見事に描いている。

頼れる父親だったはずの男が、いざ雪崩という危機が起きると家族を置いて一人で逃げてしまう。そこから家族の絆に日々が入る。おそらく本人もそんな危機に直面するまでは、自分がそんな人間だと思いもしなかったのだろう。良き父親、良き夫という「仮面」を生命の危機によって強引に剥がされてしまった男の惨めな姿。観ていてつらく滑稽だ。

リューベン・オストルンド監督の観察眼は、まるで人間を昆虫を観察するかのように見つめる。何かの実験をするかのように、こういう状況に置くと人間がどんな行動を取るのか、というような冷徹な視線がある。この距離感がコメディに最適だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
杉本穂高

4.0ジュラシック・パークを思い出したら…

さん
2022年9月3日
PCから投稿

【鑑賞のきっかけ】
画像配信サービスで、ウォッチリストに登録したものの、長らく未見でした。
しかし、このサイトを始めとして、ネット上での評価は悪くなく、一見の価値はありと判断し、鑑賞してみました。

【率直な感想】
<テーマが最初はよく分からず>
私は、映画鑑賞に当たっては、予告編くらいしか予備知識を入れないようにしています。
本作品は、スキー場でバカンスを過ごす4人家族の物語ということ、人工的な雪崩がきかっけになり、家族の危機が訪れるということは、予備知識として頭に入れて鑑賞開始。

物語の早い段階で、雪崩が起きるシーンが流れます。
私は何となく、この雪崩で、スキー場に閉じ込められてしまい、密閉状態からくる、心理的葛藤が描かれていくものと思っていました。
ところが、雪崩の実害はなく、主人公の4人家族を始めとした宿泊客は全員無事。
その後、ストーリー的には、何か特別な出来事が起こるわけではなく、淡々と進行。
そのうちに、雪崩が起きた際、夫のトマスが2人の子どもと妻のエバを残して、自分だけ逃げてしまったことに、妻のエバがわだかまりを感じていて、ここから、夫婦間に亀裂が走っていくことが分かりました。
でも、私は、妻のエバの主張が過剰反応のように思えて、最後まで、この妻への感情移入が出来ず、鑑賞を終えました。
鑑賞直後は、何だか今ひとつの作品だな、という感じでした。

<そうだ!ジュラシック・パークと同じではないか!>
そして、数時間後。
あの「ジュラシック・パーク」第1作(1993年)の記憶が甦ってきて、本作品への感じ方が変わりました。
「ジュラシック・パーク」での、中盤の見どころとして、停電で高圧電流の通らなくなった柵を乗り越えたティラノサウルスが、主人公たちを襲うシーンがありましたよね。
あのとき、主人公たちは2台の車に分乗していて、前方の車に、2人の子どもと、調査役の中年男性。後方の車には、2人の男性の博士が乗っていた。
ここで、前方車の中年男性は、恐怖を感じ、「2人の子どもを残して、車外に逃げて、トイレに閉じこもります」。
そして、子ども2人だけとなった車にティラノサウルスが向かっていくのを見て、2人の博士は身の危険を顧みず、救出に向かう、という流れでした。

この子どもを残して、車外に逃げ出した中年男性の行動は、正に、本作品の夫トマスの行動と同じです。
このシーンを観て、多くの方は「この中年男性は、悪い大人だな」と感じたのではないでしょうか。
自分の子どもではないにしても、子どもを残して逃げてしまうのは、大人の行動としては、失格ではないか。
2人の博士は大人として当たり前の行動を取っただけだよ、と。

ここで、私は気づいたのです。
あれ?妻のエバがこだわっていたこと、そのものではないか?
ジュラシック・パークでは、子どもたちは、中年男性の子どもではなかったけれど、人は非難したくなる。
本作品の場合、残された子どもは夫トマスの実の子どもなのだから、妻のエバがこだわるのはむしろ当然といえる、と。

ここに至り、本作品は、実に興味深いテーマを取り上げた作品であることに気づきました。

【全体評価】
普通、映画は鑑賞直後が一番、感銘を受けた状態なのですが、本作品は、鑑賞後、過去の作品を思い出して、じわじわと感銘を受けるようになった珍しい作品でした。
結論的には、良作であったと感じています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
悶

3.5非常時にあらわになる人間の本性

琥珀糖さん
2022年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

2015年(スウェーデン他合作)
この監督の(リューベン・オストルンド)2017年作品「ザ・スクエア思いやりの聖域」を
以前に観ていました。
一見完璧な善人に見える人間が何か事が起こった時に取る行動。
とっさに身勝手で思いやりのカケラもない本性が露わになってしまう。
「ザ・スクエア・・・」ほどのインパクトはないのだけれど、
十分に意地悪な映画です。

フレンチ・アルプスにスキー・バカンスに来た家族4人。
若い夫婦と幼い娘と息子。
昼ごはんを展望テラスで食べようとしていたその時、突然目の前の雪山が崩れて雪嵐が
凄いスピードで襲ってきます。
お父さんのトマスの逃げ足の速いこと速いこと・・子供に見向きもせずに、自分1人逃走したのです。
結局、雪崩はレストランのオープンテラスを超えず事故には至りません。
しかしトマスの妻エバが感じた夫への不信感は、拭い去れない大きなものでした。

基本的にお洒落な映画ですし、スマートです。
白人夫婦と白人の子ども達が見るからに美しく、日本人家族には真似出来ない、
ハイソ感がありました。
だけど責めに責める妻のエバ。
言い訳の言葉を言えない(言う気がない?)トマス。

そこに年の離れた夫婦が参入して、彼らもお互いに腹の中の探り合いを
始める始末。
そしてラスト。
帰宅する彼らが乗る中継点行きのバス。
運転手はなぜかめちゃくちゃ危険な運転をします。

このシーンになんの意図が隠されているか私には不明でした。
結局、この家族はどこに着地点を見出すのか?

Wikipediaにはコメディ映画と書いてあるけれど、コメディにしては、
笑えないし不思議な映画でした。

兎も角、お父さんは子供を2人、両腕に抱えて逃げましょうね!
と、教訓になる映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
琥珀糖
すべての映画レビューを見る(全57件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る