リューベン・オストルンド

リューベン・オストルンド
英語表記
Ruben Ostlund
誕生日
1974年4月13日
出身
スウェーデン

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

スウェーデン西海岸のスティルソ島に生まれ、ヨーテボリ大学を卒業。趣味のスキーを題材にした短編映画を監督した後、長編デビュー作「Gitarrmongot(原題)」(04)を発表。長編第2作「インボランタリー」(08・日本劇場未公開)はカンヌ国際映画祭のある視点部門に出品され、短編「Handelse vid bank(英題:Incident By A Bank)」(10)でベルリン国際映画祭の短編部門の金熊賞を受賞する。ヨーテボリで実際に起きた少年犯罪事件を映画化した「プレイ」(11・日本劇場未公開)を経て、長編第4作のブラックコメディ「フレンチアルプスで起きたこと」(14)でカンヌ映画祭のある視点部門審査員賞を受賞し、国際的な知名度も上昇。現代アートの世界に生きる人々を辛辣なユーモアを交えて描いた「ザ・スクエア 思いやりの聖域」(17)で、同映画祭のコンペティション部門初出品にして最高賞のパルムドールに輝いた。

関連作品(映画)

リューベン・オストルンドの関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

リューベン・オストルンドの受賞歴の詳細を見る

写真・画像

リューベン・オストルンドの写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

リューベン・オストルンドの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

リューベン・オストルンドの関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「リューベン・オストルンド」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る