ザ・スクエア 思いやりの聖域
ホーム > 作品情報 > 映画「ザ・スクエア 思いやりの聖域」
メニュー

ザ・スクエア 思いやりの聖域

劇場公開日

解説

「フレンチアルプスで起きたこと」で注目されたスウェーデンのリューベン・オストルンド監督が、2017年・第70回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したヒューマンドラマ。アート界で成功を収めた男性がさまざまなトラブルに見舞われる様子をエレガントかつ痛烈な笑いを込めて描き、他者への無関心や欺瞞、階層間の断絶といった現代社会の問題を浮き彫りにした。現代アート美術館のキュレーターとして周囲から尊敬を集めるクリスティアンは、離婚歴があるものの2人の娘の良き父親で、電気自動車に乗り、慈善活動を支援している。彼が次に手がける展示「ザ・スクエア」は、通りかかる人々を利他主義へと導くインスタレーションで、他人を思いやる人間としての役割を訴えかけるものだ。そんなある日、携帯電話と財布を盗まれたクリスティアンは、その犯人に対して取った愚かな行動によって予想外の状況に陥ってしまう。出演にテレビシリーズ「マッドメン」のエリザベス・モス、「300 スリーハンドレッド」のドミニク・ウェスト。

作品データ

原題 The Square
製作年 2017年
製作国 スウェーデン・ドイツ・フランス・デンマーク合作
配給 トランスフォーマー
上映時間 151分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第90回 アカデミー賞(2018年)

ノミネート
外国語映画賞  

第75回 ゴールデングローブ賞(2018年)

ノミネート
最優秀外国語映画賞  

第70回 カンヌ国際映画祭(2017年)

受賞
コンペティション部門
パルムドール リューベン・オストルンド
出品
コンペティション部門
出品作品 リューベン・オストルンド

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

笑いと戦慄の交差で観客を翻弄する、ハネケとトリアーを足して割ったような異才
ザ・スクエア 思いやりの聖域の映画評論・批評

「現代美術」という言葉を聞くと、どうしても構えてしまう人がいるかもしれない。一見、誰でも作れそうなほどシンプルなのにコンセプトはやたら高尚だったり、社会的メッセージを訴えながら、作品自体は高額で金持ちのコレクションに収まる、といった矛...ザ・スクエア 思いやりの聖域の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全40件)
  • 本音と建て前、偽善……思い当たるからこその気まずさ squareには「正方形」のほかに、「公明正大な、正々堂々の」といった形容詞の意味もある。映画に出てくるインスタレーションは、正しい行い、正しいあり方とは何かを考えさせる装置であり、それがそのま... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2018年4月28日  評価:4.5
    このレビューに共感した/1
  • 良い映画 "モンキーマン"で目が覚めた…。 ...続きを読む

    stoneage stoneageさん  2018年5月17日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 確かにけしからんお話! スウェーデンの奇才リューベン・オストルンド監督作。前作「フレンチアルプスで起きたこと」同様、些細な過ちのはずだった行動が主人公を追い詰めていくが、今作では悪い方へ悪い方への突き進み方が徹底してす... ...続きを読む

    foxheads foxheadsさん  2018年5月17日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「ザ・スクエア 思いやりの聖域」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi