チャップリンからの贈りもの

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
チャップリンからの贈りもの
4%
33%
51%
11%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

喜劇王チャップリンの遺体が盗まれた実際の事件を題材に、マヌケでドジな2人組が巻き起こす大騒動を描いたヒューマンコメディ。「神々と男たち」でカンヌ国際映画祭審査員特別グランプリを受賞したグザビエ・ボーボワ監督が、チャップリンの遺族の全面協力を得て完成させた。1978年、喜劇王チャップリンの遺体がスイスのレマン湖畔にある墓地に埋葬された。それを知ったお調子者の男性エディは、入院中の妻と幼い娘を抱えてどん底の生活を送る親友オスマンを誘い、チャップリンの棺を盗んで身代金をせしめようと思いつく。しかし計画は穴だらけで、ツキにも見放された2人は窮地に追い込まれてしまう。主演は「ココ・アヴァン・シャネル」のブノワ・ポールブールドと「この愛のために撃て」のロシュディ・ゼム。チャップリンが晩年を過ごした邸宅や実際の墓地で撮影を行ない、チャップリンの息子や孫娘も特別出演している。「シェルブールの雨傘」などの巨匠ミシェル・ルグランが音楽を担当。

2014年製作/115分/G/フランス
原題:La rancon de la gloire
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)Marie-Julie Maille / Why Not Productions

映画レビュー

4.0フランス映画ならではの諧謔味を上品に漂わせた佳品

NOBUさん
2019年5月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

幸せ

 喜劇王チャップリンの遺体が盗まれた実際の事件を題材に、マヌケでドジな2人組が巻き起こす大騒動を描いたヒューマンコメディ。

 当時、この作品を地元のシネコンの大画面で観れたことは僥倖であった。

 小品ながら、可笑しみを漂わせる良作である。

<2015年12月3日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

4.5いいね!フランス映画

rinさん
2017年3月17日
iPhoneアプリから投稿

フランス映画好きです。theアート作品なフランス映画だーいすき
最後のシーン「ライムライト」のラストと重なってとても心にきた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
rin

4.0あ、この音楽!

fukui42さん
2017年1月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

一応「誘拐」物なのに、どこかサーカスの風情。それは音楽にあります。
『黄金狂時代』『街の灯』『ライムライト』など往年の名画名曲があちこちで。懐かしいなあ。昔チャップリン作品ってよく見たなぁって、すっごく心が暖かくなりました。
ラストもいいね。うん。

あ、そういえばチャップリンにも「サーカス」のお話あった!
また観たくなりました。

実際にあった話を元にっていうのが、なかなか~。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42

4.0友達優先主義から返済優先主義へ

2016年8月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

幸せ

お金がなく妻に手術を受けさせられない男と、その友達で刑務所が似合う道化男が、一攫千金を狙ってチャップリンの遺体を墓から盗み、遺族から身代金を取ろうとした実話の映画化。
存在感が一番あるのはチャップリンの秘書役で強面のピーター・コヨーテ。
最後の最後が粋なのでお見逃しなく。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全18件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る