バンクーバーの朝日

劇場公開日

バンクーバーの朝日
バンクーバーの朝日
8%
46%
36%
7%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1914~41年、戦前のカナダで活躍し、2003年にカナダ野球殿堂入りを果たした日系移民の野球チーム「バンクーバー朝日」の実話を、「舟を編む」の石井裕也監督が妻夫木聡を主演に迎えて映画化。1900年代初頭、新天地を夢見てカナダへと渡った多くの日本人が、過酷な肉体労働や貧困、差別という厳しい現実に直面する。日本人街に誕生した野球チーム「バンクーバー朝日」は、体格で上回る白人チーム相手に負け続け、万年リーグ最下位だった。ある年、キャプテンに就いたレジー笠原は、偶然ボールがバットに当たって出塁できたことをきっかけに、バントと盗塁を多用するプレースタイルを思いつく。その大胆な戦法は「頭脳野球」と呼ばれ、同時にフェアプレーの精神でひたむきに戦い抜く彼らの姿は、日系移民たちに勇気や希望をもたらし、白人社会からも賞賛と人気を勝ち取っていくが……。「ぼくたちの家族」に石井監督監督作に主演する妻夫木のほか、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮が「バンクーバー朝日」チームメイトを演じる。その他の共演に高畑充希、佐藤浩市ら。脚本は「八日目の蝉」「おおかみこどもの雨と雪」の奥寺佐渡子。撮影に「私の男」「そこのみにて光輝く」などで注目される若手・近藤龍人。

2014年製作/132分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2014「バンクーバーの朝日」製作委員会

映画レビュー

3.5石井裕也監督×妻夫木聡が野球を通して掘り下げた史実

2020年8月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

戦前のカナダで一世を風靡した、日系移民の野球チーム「バンクーバー朝日」のメンバーのひたむきな姿を描いているわけだが、この歴史に埋もれた日系人たちの生きざまに胸が打たれた。
撮影はバンクーバーではなく、北関東にオープンセットを組んだのだが、時代性もとらえた実に素晴らしい作り。そして、石井裕也監督のもとに集った妻夫木聡、亀梨和也、池松壮亮らの表情が実に生き生きしている。池松や上地雄輔は甲子園常連校の野球部出身だけあり、無駄な動きがない。そしてこのメンバーたちが、撮影ではあっても野球を通じて、戦争の荒波にのみこまれていったメンバー1人1人の代弁者となったのだということを感じずにはいられなかった。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
大塚史貴

3.5俺は好き

2021年2月21日
iPhoneアプリから投稿

当時の情勢を想像出来るし意外とスポーツドラマしてて面白かった
日本のドラマ映画の悪いところはダラダラする締め方だと思ってるがそれもそこまで悪くなかった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マルボロマン

3.0史劇

2020年10月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

知的

幸せ

映画館では15年1月25日に地元のイオンシネマで鑑賞
それ以来2度目の鑑賞

監督は大好きな石井裕也氏
オールスターキャスト
野球映画は好きだ

全く野球に興味がない人には向かない
バントはせこいとかバントは意味がないとかノーバントノーボール作戦みたいな考え方のセイバーメトリクシャンにも不向き
海外に永住した日本人たちの史実に興味がある人ならそれほど野球好きじゃなくても向いているかもしれない

人類から差別がなくなることは永遠にないだろう
徒党を組んで抗議をしてもなにも変わらない
子供の頃いくら泣き喚いたところで買ってもらえたことは稀だ
それじゃどう生きればいいのか
この映画にヒントがあるはずだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

2.0実録物の弱さが露呈した作品でした。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

バンクーバーの素人野球チーム「朝日」が、差別にもかかわらず、ついに優勝を遂げ、カナダの野球殿堂入りすることになりました、というお話です。

たぶん、このあらすじを聞いて、だれもが想像できる通りのお話です。
既視感の山。
あまりにもシナリオライターは調査不足です。

単に原作をなぞるのではなく、作者や周辺の人々を徹底的に調査すれば、珠玉のエピソードが次々に発掘できるであろうネタなのに、なんなのこの手抜きシナリオは。

野球シーンが、輪を掛けてヘナチョコなものだから、目を覆うしかありませんでした。

なぜイチローを主演させなかったのか。
と、ムリは承知なのですが、この話であっても、イチロー主演であれば、ぜんぜん違う、迫真の話を撮れたと思うのですけどね。

ほんとうに残念すぎる作品となってしまいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番
すべての映画レビューを見る(全96件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「バンクーバーの朝日」以外にこんな作品をCheck-inしています。