リトル・フォレスト 夏・秋

劇場公開日:

解説

「海獣の子供」「魔女」などで知られる漫画家・五十嵐大介が、東北の小さな村を舞台に、旬の食材をいかした食事と自給自足の生活を通じて自分と向き合う若い女性の姿を描いた「リトル・フォレスト」を、橋本愛の主演で実写映画化。四季を通じて描かれる全4部を「夏編・秋編」「冬編・春編」の2部にわけて劇場公開する。一度は都会に出たものの、自分の居場所を見つけることができず、東北の山間の小さな村・小森に戻ってきたいち子。スーパーやコンビニもない小森での暮らしは自給自足で、畑仕事をしたり、野や山で採れた季節のものを材料にして食事を作り、日々を過ごしている。大自然はさまざまな恵みを与えてくれる一方、時には厳しさもみせるが、そんな自然に囲まれた生活の中で、いち子は一歩を踏み出す勇気を蓄えていく。監督は「重力ピエロ」「Laundry ランドリー」の森淳一。

2014年製作/111分/G/日本
配給:松竹メディア事業部

スタッフ・キャスト

監督
原作
五十嵐大介
脚本
森淳一
企画
河合勇人
製作
大角正
加太孝明
中村理一郎
宮本直人
鈴木伸育
松田陽三
板東浩二
宮田三清
エグゼクティブプロデューサー
高橋敏弘
プロデューサー
守屋圭一郎
石田聡子
撮影
小野寺幸浩
照明
たかだつぐひら
美術
禪洲幸久
録音
田中博信
池田雅樹
装飾
うてなまさたか
フードディレクション
野村友里
山本有紀子
スタイリスト
宮本茉莉
ヘアメイク
小林真之
キャスティング
緒方慶子
編集
瀧田隆一
音楽
宮内優里
主題歌
FLOWER FLOWER
VFXスーパーバイザー
樋口良
助監督
水野貴之
制作担当
金子堅太郎
ラインプロデューサー
山下秀治
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)「リトル・フォレスト」製作委員会

映画レビュー

3.0丁寧な生活

2023年1月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

彼女は一人暮らし?自然豊かで、こんな生活できません。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
jiemom

2.5しまった、夜中に観るんじゃなかった (笑)。

2022年12月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

知的

幸せ

お腹が空きました。
しかも、マネして何か作りたくなる。
丁寧に、時間と手間暇かけて作られる素朴な、でも、体が、心が、魂が欲するような食事。

★  ★  ★

ブログのような映画。
物語はあるのだろうけど、大きくは動かない。

自然に圧倒される。
料理はシンプルで美味しそう。
再現しようとするとかなり手のかかっているものばかりなので、即物的に欲求を満たそうとするとダイエットの敵だが、真似しようとすると意外とダイエット効果あるかも。

森のイスキアの初音さんを思い出しました。

五感を使って感じる映画です。

確固たる主張はあるのだけれど、
ムードムービー・イメージムービー
イージーリスニングのような。

映像がきれい。
音楽も、こちらの生活を邪魔しない。
基本ナレーションで進むので、テンションの起伏も激しくない。

へー、そうなんだというトリビア的面白さもありますが、
生活の根幹を描いているのに、生活感がない。
不思議な映画です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
とみいじょん

5.0おすすめ

2022年12月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

夏秋冬春の4部作で各話にきちんとエンドロールもついてる。1話1時間くらいで見やすい。
ストーリーは田舎の自給自足エピソードの集合体という感じ。時間軸を前後したり回想が混ざったりするので、見る順番はそんなに重要ではないけど一応「春」だけは最後に見た方がいいかな。
橋本愛が中心で友人の松岡茉優、三浦貴大や近所の人たちと絡みながら、色んなものを食べたり収穫したりのまったり映画。チラリと顔を出す橋本愛の過去も映画を単調にさせない上手い演出。
興味ある人はまず1話見てみて、気に入ったら4話全部見てみてください。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ジョン

5.0何十回も見た大好きな映画

2022年8月26日
iPhoneアプリから投稿

映画に出てくるもの全てが私にとってリアル。
一瞬一瞬が心に刺さって毎回泣いてしまう。

いち子の覚悟ができないところが今の自分にそっくり。
亮太の言うサラリーマンの世界を表すような言葉。
田舎で生きていく覚悟の深さ。厳しさ。

それでも自分で納得できるまでやりきるいち子が
すごくカッコよく見えたし、羨ましく思えた。

都会は色んなもので溢れているから、自分と向き合うことが辛くても現実逃避できるものが沢山あるけれど、田舎は何もない分自分と向き合う時間が否が応でもできてしまう。
この作品は田舎を題材にしたことで、生きるとはどんなことかをシンプルに、時に鋭く映し出せているのかなと感じた。

がむしゃらに生きてきた20代。
私はこれからどう生きたいんだろう。

今の都会の暮らしでどこか満たされないのはなんでだろう。心から楽しめないのはなんでなんだろう。
その答えっていつか見つかるんだろうか。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
haco_06
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「リトル・フォレスト」シリーズ関連作品