リトル・フォレスト 夏・秋

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
リトル・フォレスト 夏・秋
リトル・フォレスト 夏・秋
23%
56%
18%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「海獣の子供」「魔女」などで知られる漫画家・五十嵐大介が、東北の小さな村を舞台に、旬の食材をいかした食事と自給自足の生活を通じて自分と向き合う若い女性の姿を描いた「リトル・フォレスト」を、橋本愛の主演で実写映画化。四季を通じて描かれる全4部を「夏編・秋編」「冬編・春編」の2部にわけて劇場公開する。一度は都会に出たものの、自分の居場所を見つけることができず、東北の山間の小さな村・小森に戻ってきたいち子。スーパーやコンビニもない小森での暮らしは自給自足で、畑仕事をしたり、野や山で採れた季節のものを材料にして食事を作り、日々を過ごしている。大自然はさまざまな恵みを与えてくれる一方、時には厳しさもみせるが、そんな自然に囲まれた生活の中で、いち子は一歩を踏み出す勇気を蓄えていく。監督は「重力ピエロ」「Laundry ランドリー」の森淳一。

2014年製作/111分/G/日本
配給:松竹メディア事業部

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
五十嵐大介
脚本
森淳一
企画
河合勇人
製作
大角正
加太孝明
中村理一郎
宮本直人
鈴木伸育
松田陽三
板東浩二
宮田三清
エグゼクティブプロデューサー
高橋敏弘
プロデューサー
守屋圭一郎
石田聡子
撮影
小野寺幸浩
照明
たかだつぐひら
美術
禪洲幸久
録音
田中博信
池田雅樹
装飾
うてなまさたか
フードディレクション
野村友里
山本有紀子
スタイリスト
宮本茉莉
ヘアメイク
小林真之
キャスティング
緒方慶子
編集
瀧田隆一
音楽
宮内優里
主題歌
FLOWER FLOWER
VFXスーパーバイザー
樋口良
助監督
水野貴之
制作担当
金子堅太郎
ラインプロデューサー
山下秀治
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)「リトル・フォレスト」製作委員会

映画レビュー

3.0生きてる感

ずんさん
2020年12月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ずん

5.0生きているということ

2020年10月2日
iPhoneアプリから投稿

自然の命に触れて、癒されるし生命力を感じます。
生きるということの本質が描かれていて、木々が奏でる音や虫の鳴き声、風の音の中、種をまき、育て、その命に見合うように丁寧に心を込めて料理していただくということこそが、生きるということなんだと、作品を通して改めて感じさせられました。
買ったものを食べる生活では決して感じられないようなことを、この物語の登場人物たちは感じて生きてるのかなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みのむし

4.0すごく見てて楽しい映画。 画面分割もカメラワークも楽しい。 四季が...

2020年9月13日
iPhoneアプリから投稿

すごく見てて楽しい映画。
画面分割もカメラワークも楽しい。
四季がある国に生まれてよかった、日本映画ってこういうのでいいよなぁ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コーヒー

4.0魅せる田舎生活

津次郎さん
2020年7月11日
PCから投稿

映画のなかで「いち子」は自然体で描かれていますが、じっさい仙人のようなスキルと達観が「作者」にはあるように感じられました。

ものを欲しがらず、孤独や不便を厭わず、お料理の食材を育てたり獲ったりする段階から楽しめるのに加え、農業や自然に対する知識が高い。もはや仙人です。

多くの都市生活者が田舎暮らしに憧れを持ちますが、現実は過酷なものだと思います。また、田舎とて、いやむしろ田舎だからこそ、枯れた穏やかな隣人ばかりとも限りません。

でもこの映画は作って食べるに焦点があたっているので、田舎暮らしへの憧れを増幅させる四季の佳景とスローライフが展開していきます。こんなことは私には無理だろうと解りつつ、やってみたいなと思わせる魅力を持っています。ロケーションも村の人々も確かな現実味がありました。

また人と人のエピソードが断片的な挿入にもかかわらず、有機的に生きていました。すなわち、いち子とユウ太、キッコ、福子との関係性が、部分的なのに、妙な説得力を持っていました。
母の失踪は悲劇ですが、あっさり描き、かつ「いち子」の芯の強さを裏付ける説明にもなっていました。

発見は桐島かれんでした。ミカバンドの頃しか知らず、セレブの印象があったのですが、台所でうつむいている姿は堂に入っていました。女優としては殆ど見たことがないので、雰囲気持っている佇まいに驚きました。
自我をおさえ孤独を友とし、ずっと片親で娘を育ててきた哀感が、美しくやつれた桐島かれんの表情にあらわれていた、と思います。そこに現実の母親の実績がかいま見えたのです。もっと女優やればいいのに、と思ったのでした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎
すべての映画レビューを見る(全60件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「リトル・フォレスト」シリーズ関連作品

他のユーザーは「リトル・フォレスト 夏・秋」以外にこんな作品をCheck-inしています。