インサイド・ヘッド
ホーム > 作品情報 > 映画「インサイド・ヘッド」
メニュー

インサイド・ヘッド

劇場公開日

解説

人間が抱く「感情」を主人公に描いたピクサー・アニメーションの長編作品。監督を「カールじいさんの空飛ぶ家」「モンスターズ・インク」のピート・ドクターが務め、第88回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞した。ミネソタの田舎町で明るく幸せに育った少女ライリーは、父親の仕事の都合で都会のサンフランシスコに引っ越してくる。新しい生活に慣れようとするライリーを幸せにしようと、彼女の頭の中の司令部では「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」の5つの感情が奮闘していた。しかし、ある時、カナシミがライリーの大切な思い出を悲しい思い出に変えてしまう。慌てて思い出を元通りにしようとしたヨロコビだったが、誤ってカナシミと一緒に司令部の外に放りだされてしまう。ヨロコビは急いで司令部に戻ろうと、ライリーの頭の中を駆けめぐるのだが……。

キャスト(声の出演)

作品データ

原題 Inside Out
製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 ディズニー
上映時間 94分
映倫区分 G
ハッシュタグ

#インサイドヘッド

オフィシャルサイト  

受賞歴

第88回 アカデミー賞(2016年)

受賞
長編アニメーション賞  

第73回 ゴールデングローブ賞(2016年)

受賞
最優秀長編アニメーション映画賞  

インタビュー

竹内結子&大竹しのぶ「インサイド・ヘッド」声優参加で得た“気づき”
インタビュー

アカデミー賞長編アニメ賞に輝く「カールじいさんの空飛ぶ家」のピート・ドクター監督がメガホンをとったディズニー/ピクサー最新作「インサイド・ヘッド」が、7月18日に日本公開を迎える。同作で日本語吹き替え声優を務めた竹内結子と大竹しのぶが...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ピクサーの新境地 思春期の戸惑いと成長を脳内アドベンチャーに重ねて描く
インサイド・ヘッドの映画評論・批評

世界初のフルCG長編アニメ「トイ・ストーリー」を1995年にリリースして以来、おもちゃや車、昆虫や魚などさまざまなものに人格を与え、彼らが感情豊かに関わり合う上質のストーリーを紡いできたピクサー・アニメーション・スタジオ。同社の20周...インサイド・ヘッドの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全317件)
  • 11歳の女の子のアタマの中 相変わらずの安定感。 ピクサーにハズレは無いです(^^)b しかし、あの世界観を思いつく発想力は凄いですわ。女の子のアタマの中を見事に映像化。 女の子の心の成長を楽しく学べる(?)作品。 ただ、... ...続きを読む

    n.yamada n.yamadaさん  2018年6月17日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • ウトウト 想定内の安心内容なので、もうウトウトしっぱなし・・・。 ...続きを読む

    むっしゅ むっしゅさん  2018年5月23日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 予想以上に面白い ネタバレ! 暇だったのでなんとなく観たらすごく面白かったです。まさかボロ泣きするとは思わなかったので驚きました(笑) 誰かが死んだわけでもなく、大冒険に出てるわけでもなく(感情達にとっては冒険なのかな?)普... ...続きを読む

    ユウ ユウさん  2018年4月16日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

「インサイド・ヘッド」シリーズ関連作品

他のユーザーは「インサイド・ヘッド」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi