探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

劇場公開日:

解説

大泉洋主演で東直己の小説を映画化して人気を博した「探偵はBARにいる」(2011)のシリーズ第2作。札幌・ススキノの探偵と相棒兼運転手の高田は、相も変わらず危ない仕事で日銭を稼ぐ日々を送っていた。そんなある日、友人だったオカマのマサコちゃんが殺害される事件が発生。警察の捜査は遅々として進まず、探偵が独自に調査を始めるが、事件の背後にカリスマ政治家の影がちらつく。やがてマサコちゃんが熱狂的ファンだった美人バイオリニストの弓子が現れ、探偵に事件の真相を暴くよう依頼する。原作は小説のシリーズ第5作「探偵はひとりぼっち」。

2013年製作/119分/PG12/日本
配給:東映

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第37回 日本アカデミー賞(2014年)

ノミネート

優秀助演男優賞 松田龍平
優秀助演女優賞 尾野真千子
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2013「探偵はBARにいる2」製作委員会

映画レビュー

3.5「探偵」シリーズでは最も動きのある意欲作

2021年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

大泉洋と松田龍平がコンビを組んだ「探偵はBARにいる」シリーズの第2作。1作目のヒロイン・小雪に続き、今作のヒロインは演技派・尾野真千子。この人のキャラクターが、今作を躍動させている。ストーリーとしても札幌だけにとどまらず道内あちこちに移動しており、シリーズの中では最も動きの多かった作品といえる。原作でも読み応えのあった第5作「探偵はひとりぼっち」を映像化しており、あくまでも個人的な見解だが、今シリーズでは一番好きな作品である。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
大塚史貴

3.52作目で早くも安定した定番の味が出てきた

2017年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

興奮

シリーズ2作目で大泉洋と松田龍平のコンビも安定感を増して、「待ってました」と言いたくなる定番感が出てきた。よほど相性の良いコンビなのかもしれない。

愛憎スキャンダルと政治家という組み合わせなので、わかりやすい悪のいる物語かと思いきや、誰をも憎みきれない味わい深い余韻を残す作品となっている。勧善懲悪でないので爽快さには欠けるが、酸いも甘いも噛みしめる大人の男のドラマとして魅力的だ。

公開当時タイムリーな原発問題、そして顔の見えない市民の、善意による暴力など、社会問題にも目配せしているのは前作にはない要素。政治家を守ろうと勝手に立ち上がった市民たちは、マスクで顔を隠している時はとても強気だが、マスクを取られた途端弱気になって謝りだす。まるで匿名の時だけ強気なネット民のようだ。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
杉本穂高

4.0第2作。 笑い要素も増え、大泉洋と松田龍平のコンビは健在。前作に引...

2022年6月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

第2作。
笑い要素も増え、大泉洋と松田龍平のコンビは健在。前作に引き続きおもしろかったです。
映像の昭和感と札幌すすきのの街の雰囲気がなんとも良い。
マサコちゃんの過去とストーリーも意外性もあって良かったです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よっしー

3.5今回はアクション映画

2022年6月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

楽しい

前作では、ミステリーではなくヒューマンドラマだと言ったが、今作はアクションだった。兎に角アクションシーンが豊富。結構いろんな動きがあるから、これは映画で見る価値があると思う。路面電車のシーンが特に好き。カーレースもよかった。全体的にアクションが多くて派手な画が多いのが特徴。

続いて前回もだったけど、今作を見て高田のキャラの良さを改めて感じた。1番好きなキャラ。(そもそもレギュラーキャラめっちゃ少ないけど)あの普段はずっと眠そうなのに強いっていうのはやっぱりめっちゃかっこいいし、いいよなあ。

尾野真千子の演技も良かった。前回も終盤泣いたけど、今回も涙出てきた笑 キャラの振り幅が結構あったけど、全部マッチしててすばらしい。

内容については、まあストーリーは割と単純ではあって、そこまでの奥深さは感じない。話の流れもまあまあまあ、

ただ、キャラクターが魅力的なのがこの映画の特徴。探偵はもちろん、今回はマサコちゃんやその仲間もすごくよかった。なんか心があったかくなる。

あと、この映画のいいところはロケハン。北海道、ススキノの良さを引き出してる。この作品見てると北海道行きたくなる。北海道は1回だけ行ったことがあり、ススキノって危なそうな印象だったが、一個ぐらい飲み屋行けば良かったな。って思うくらい。大通の撮影も大規模ですごいなと。大統領選か。

バーとか街、店の雰囲気も安定に最高。お酒飲めないけど飲みたくなるし、タバコも吸ってみたいなと思った。こういう昔からの大人の印象、渋い感じが上手く表現されてて、懐かしさを感じる。この世界観に浸りたいがために見るのもアリ。ストーリーよりは世界観、キャラ、雰囲気の魅力が強めの映画。

割と手軽に楽しめて、VODで見るのもおすすめ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
87

他のユーザーは「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」以外にこんな作品をCheck-inしています。