デカローグ 第6話 ある愛に関する物語

劇場公開日:

  • 予告編を見る
デカローグ 第6話 ある愛に関する物語

解説

ポーランドの名匠クシシュトフ・キエシロフスキーが、旧約聖書の十戒をモチーフに、ワルシャワの巨大アパートに暮らす人々の人生模様を描いた全10話からなる連作ドラマ「デカローグ」の第6話。郵便局で働く19歳の少年トメクは、向かいのアパートに住む美しい女性マグダの部屋をいつも望遠鏡で覗いている。毎朝マグダに会うために牛乳配達の仕事を始めたり、偽の為替通知を送ったりと、あの手この手で彼女に近づこうとするトメクだったが……。のちに劇場用長編映画として再編集された「愛に関する短いフィルム」も製作・公開されている。当初テレビシリーズとして製作された「デカローグ」は、その質の高さから話題となり、1989年のベネチア映画祭で上映されたのち、各国で劇場公開もされた。日本では96年に劇場公開(シネカノン配給)。2021年、HDリマスター版で全10話が公開(アイ・ヴィー・シー配給)。

1988年製作/61分/ポーランド
原題:Dekalog 6: Dekalog, szesc
配給:アイ・ヴィー・シー
日本初公開:1996年1月20日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)TVP - Telewizja Polska S.A.

映画レビュー

3.5倫理観を試される作品

2022年11月23日
iPhoneアプリから投稿

無茶苦茶面白くて、
夢中で観てしまうのだが、
それと同時に倫理観を試される作品だった

覗いた上に、死を引き合いに出すのは
ズルすぎない??
いくら10代と言えども

あと時計の針の音
この使い方の上手いこと何のって
必要な時に適確な音量で鳴り続けてる

今作、友人の母親が気になった
彼女はただの友人の母親でいいのか?
表情とか怖すぎない?
彼女は主人公になんの影響も与えてないんだよね?ね?

5話6話は10代の青年を描いた
青く苦い二作だった

コメントする (0件)
共感した! 0件)
JYARI
すべての映画レビューを見る(全1件)

他のユーザーは「デカローグ 第6話 ある愛に関する物語」以外にこんな作品をCheck-inしています。