デカローグ 第4話 ある父と娘に関する物語

劇場公開日

  • 予告編を見る
デカローグ 第4話 ある父と娘に関する物語

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「トリコロール」3部作などで知られるポーランドの名匠クシシュトフ・キエシロフスキーが、旧約聖書の十戒をモチーフに、ワルシャワの巨大アパートに暮らす人々の人生模様を描いた全10話の連作ドラマ「デカローグ」の第4話。演劇学校に通うアンカは、父ミハウと2人で暮らしている。仕事で度々出張へ出かけるミハウは、いつもアンカ宛の手紙を持ち歩いている。ミハウが死んだら開封するように書かれたその手紙は、アンカを産んですぐに死んだ母からのものだった。ある日、ミハウが家に置き忘れたその手紙を、アンカが見つけてしまう。当初テレビシリーズとして製作された「デカローグ」は、その質の高さから話題となり、1989年のベネチア映画祭で上映されたのち、各国で劇場公開もされた。日本では96年に劇場公開(シネカノン配給)。2021年、HDリマスター版で全10話が公開(アイ・ヴィー・シー配給)。

1988年製作/58分/ポーランド
原題:Dekalog 4: Dekalog, cztery
配給:アイ・ヴィー・シー
日本初公開:1996年1月20日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)TVP - Telewizja Polska S.A.

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く