デカローグ 第3話 あるクリスマスイヴに関する物語

劇場公開日:

  • 予告編を見る
デカローグ 第3話 あるクリスマスイヴに関する物語

解説

ポーランドの名匠クシシュトフ・キエシロフスキーが、旧約聖書の十戒をモチーフに、ワルシャワの巨大アパートに暮らす人々の人生模様をつづった全10話の連作ドラマ「デカローグ」の第3話。家族とクリスマスイブを祝っていた父親ヤヌーシュのもとに、かつての恋人エヴァから電話が入る。彼女の現在の恋人が行方不明になったため、一緒に捜してほしいという。断りきれず、かといって昔の恋人と出かけると家族に話すわけにもいかず、口実をつくって家を飛び出すヤヌーシュだったが……。ヤヌーシュ役に「約束の土地」などアンジェイ・ワイダ監督作への出演で知られるダニエル・オルブリフスキー。当初テレビシリーズとして製作された「デカローグ」は、その質の高さから話題となり、1989年のベネチア映画祭で上映されたのち、各国で劇場公開もされた。日本では96年に劇場公開(シネカノン配給)。2021年、HDリマスター版で全10話が公開(アイ・ヴィー・シー配給)。

1988年製作/58分/ポーランド
原題:Dekalog 3: Dekalog, trzy
配給:アイ・ヴィー・シー
日本初公開:1996年1月20日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)TVP - Telewizja Polska S.A.

映画レビュー

4.0最低最悪なクリスマスの話

2022年11月23日
iPhoneアプリから投稿

クリスマス作品
なのに全くハッピーではない。

今作はクリスマスさえも一人で過ごす人に
嫌というほど寄り添っている。

女のつく嘘が辛い
そして明かされる真実も辛い

家で待つ認知症の母からも忘れられ
男たちからも忘れ去られる彼女
男を忘れられない彼女
身体に染みた

にしても「デカローグ」は
もう一度見直したくなる作品ばかりだ

それと静かなギャグに笑っていいのか分からなくなる
今作もラストに車が反対方向に進むが、
男の車は動きが鈍い
ラストにこんなギャグ入れるかね!?
ちゃんとおもしろいんだけどさ…

コメントする (0件)
共感した! 0件)
JYARI
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「デカローグ」シリーズ関連作品

他のユーザーは「デカローグ 第3話 あるクリスマスイヴに関する物語」以外にこんな作品をCheck-inしています。