きいてほしいの、あたしのこと ウィン・ディキシーのいた夏

0%
58%
25%
17%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

児童文学作家ケイト・ディカミロのベストセラー小説を、「スモーク」のウェイン・ワン監督が実写映画化したハートフルドラマ。幼い頃に母が家出して以来、父と2人きりで暮らしている10歳の少女オパール。スーパーで出会った野良犬に心を奪われ飼うことにした彼女は、人の話をじっと聞くことのできるその犬との交流を通し、次第に明るさを取り戻していく。「チャーリーとチョコレート工場」のアナソフィア・ロブが主人公の孤独な少女を好演。

2005年製作/アメリカ
原題:Because of Winn-Dixie

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.0いまいちピンと来なかった

2021年9月19日
PCから投稿

お母さんがいない10歳の少女。牧師の父とは普通に暮らしてる様子で、揉めてはいないけど毎日が寂しい。スーパーの中で犬と出会い「友達」が一人できた。その後も老若男女問わず心を開いて色んな人と話す。相手を警戒せず話すのは子供ならではと言えばそれまでですが、感じよければ「友達になって!」と素直に言う勇気は大人でも出来るのでは?と思った。

母が家を出た理由は明確にわからないので、身勝手な女という印象で話しが進む感じ。

「世界中の誰もが寂しい思いをしてるんだなと思った」
主人公は悲しい育ちの子供なのに、ここまでポジティヴに思えるかな。ナレーションが強引に思えてね。何か都合いい脚本。ほぼ独りで前向きに頑張って生きる子供が気の毒ですよ。。

「世の中ってリトマスキャンディーに似てると思った。甘さと悲しさがごちゃ混ぜになってて、どっちかだけにするのは無理みたい」
このセリフはファンタジーさがあり子供らしくもあり、とてもイイです! もっとこういうセリフがあればなぁ。。。

最初の友達といってもいい「犬」をきっかけに色んな人と仲良くなり、人生を豊かにした悲しい少女。
人生、何がきっかけになるかわからない話し。
ほのぼの暖かみのある映画だし、動物が好きな人・飼ったことがある人(私もですが苦笑) とかは気に入る可能性高いかもしれません。

共感・感動できる場面を探しながら観てましたが、私はあまりないまま終了してしまった・・・

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
はむちん

2.0動物好きには癒しの鉄板

odeonzaさん
2019年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「きいてほしいの、あたしのこと ウィン・ディキシーのいた夏」以外にこんな作品をCheck-inしています。