プラダを着た悪魔

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

一流ファッション誌の編集部で働くことになった女性が悪魔のような上司に振り回されながらも奮闘し、成長していく姿を、アン・ハサウェイ&メリル・ストリープ共演で描いた。ローレン・ワイズバーガーのベストセラー小説をもとに、テレビシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」のデビッド・フランケルが監督を務めた。ジャーナリストを目指してニューヨークにやって来たアンディは、一流ファッション誌「ランウェイ」編集部の面接を受ける。ファッションには疎いアンディだったが、編集長ミランダのアシスタントとして採用されることに。しかしそれは、地獄のような日々の始まりだった。業界のカリスマとして恐れられるミランダは、朝から晩まで理不尽な命令を次々と突きつけてくる。服装もファッショナブルなものに変え、徐々にミランダの信頼を得ていくアンディだったが、自身の私生活はボロボロになっていき……。

2006年製作/110分/アメリカ
原題:The Devil Wears Prada
配給:20世紀フォックス映画
劇場公開日:2006年11月18日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第64回 ゴールデングローブ賞(2007年)

受賞

最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) メリル・ストリープ

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀助演女優賞 エミリー・ブラント
詳細情報を表示

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2006 TWENTIETH CENTURY FOX

映画レビュー

3.5ダサい恰好をしていたアンドレアが一気におしゃれになってエミリーを差...

2024年5月14日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
バーストニキ

5.0似たもの同士

2024年5月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ストーリーにチープさがなくていい。
クルエラとテーマは似ているけど話の展開が大分違う。

上司が人格者ですごくいい。人を殺さないところがベスト。プラダを纏う悪魔かと思ったけど悪魔の皮を被ってる、が正解。登場人物が全員いいキャラしている。

恋や友情より仕事を取りますエンドかと思ったら全然違った。ミランダが選んでいた可能性がある未来をアンディは選んだのだと解釈。

好みのストーリー展開や映像、アン・ハサウェイとメリル・ストリープに敬意を込めて星5で。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
暇

4.5仕事に対する情熱、誇り、姿勢を学ぶことができる素敵な映画

2024年4月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

興奮

上司との人間関係や仕事の苦悩などの葛藤もありながらも挑戦を繰り返し、
恋愛もファッションも人間関係も全てにおいてストーリーの中で磨かれ、
綺麗で華やかで美しいな女性に成長していく主人公がカッコいい!

特に仕事に真摯に打ち込む姿勢がとても素敵だと感じました。

いざという時に私はどのような選択を取るべきなのか。
私にとって本当に大事なものは何か。
どのような人生を求めているのか。
私自身も考えさせられる映画でした。

成り上がっていく過程でチャンスを掴み取ることや
成功する基準に食らいつくことは必要不可欠だと考えているため
自分を投影しながら映画を見ると、最後のシーンには少し違和感を感じましたが、、、。

総じてとても素敵な映画だと思います。

是非、多くの方に見ていただきたいです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
鈴木七緒

4.5一流ファッション誌業界の華やかさの裏に自分の人生で何を1番大切にしたいかを考えさせられる映画

2024年4月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

世界の誰もが憧れる一流ファッション誌のアシスタントポストについた主人公。
ハイブランドが多く登場し、ファッション業界のゴージャスな世界、そこで働く女性達を垣間見ることができる。

ファッションに興味のない主人公が必死に仕事と向き合い、もがいて成長していく。
主人公を演じるアン・ハサウェイの見た目の変わり方も見応えがある。

また、必死に働く人が一度はぶち当たるであろう
仕事(キャリア)、家族、プライベートの問題。
全てを手に入れることが出来るならそんな素晴らしいことはないのだろうが、人生そんなにうまくはいかないのかもしれない。

人からどう思われていようが、何かを犠牲にしようが、
自分がなりたい姿で、やりたいことに突き進むのか。
本当に大切だと思える人を大切にできる人になるのか。

主人公は最後にどんな選択肢を選ぶのか。

そして、自分の人生にとって何を1番大切にしたいかを考えさせられる。

この映画を観て
あなたは何を1番大切にして生きていきたいのか?
を、一度立ち止まり考えてみるきっかけにしてみてはどうだろうか。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
Saki
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る