それでも、愛してる

劇場公開日

  • 予告編を見る
それでも、愛してる
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ジョディ・フォスターが「ホーム・フォー・ザ・ホリデー」(1995)以来16年ぶりにメガホンをとった監督第3作。メル・ギブソンを主演に迎え、ビーバーのぬいぐるみを心の支えに苦難を乗り越えようとする男とその家族の姿を描くファミリードラマ。2人の息子にも恵まれ順風満帆な家庭を築いていた玩具会社社長のウォルターと妻のメレディス。しかし、ウォルターがうつ病を発症してしまい、働けなくなってしまう。メレディスは夫の分まで仕事や家事に奮闘するが、ある日、ウォルターが捨てられていたビーバーのぬいぐるみを拾ってきたことから事態が好転していき……。

2011年製作/91分/G/アメリカ
原題:The Beaver
配給:ツイン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2011 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5ビーバー

チヌテさん
2014年10月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チヌテ

3.5クマのぬいぐるみじゃないよ、ビーバー人形だよ

近大さん
2014年3月19日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

知的

幸せ

鬱病を患った玩具会社社長ウォルター。そんな彼を救ったのは、ビーバー人形だった…。

まず主人公を、メル・ギブソンが演じているのが意外。
タフなイメージのあるメルが、鬱に苦しみ、家族や人生に悩む主人公を繊細に演じる。
ひとえにジョディ・フォスターの采配もある。
メルがあの発言でハリウッドから干された時もメルを擁護し、今回監督として(妻役も兼任)、メルから新たな一面を引き出した。
持つべきものは友。

ビーバー人形に救われてから、片時も人形を離さないウォルター。
ちなみにこの映画はファンタジーではない。喋るクマのぬいぐるみの映画みたいに、人形に命が宿っている訳じゃない。
腹話術のように喋る…と言うより、ウォルターが人形を介して、自身を代弁するのだ。
なかなか変な感じもするが、誰にだって自分の本心を言えない時がある。そういう時、代弁して貰った経験もある筈。ウォルターの場合、それがたまたまビーバー人形なだけ。
(人形片手に喋るメルが何だか可愛らしい)

ビーバー人形を手にしてから、鬱も克服し、仕事も復帰、家族との関係も良好。全てが良い方向に。

…ところが見ていたら、妙な違和感を感じた。
まさかジョディ・フォスターが、毒にも薬にもならないファミリー・ムービーを作る訳がない。
もしそうであっても、展開は淡々としているし、何処か冷たさを感じる作風。
予感は的中した。終盤、思わぬ展開へ。

シビアでもある。ドキリともする。
ありのままの自分で居る事、それを受け入れる事は、苦しいかもしれない。
しかし、一番身近に居る家族は、“アナタ”で居て欲しいと願う。
その時こそ本当の意味で、人形を手離す事が出来るのだ。

それにしても、この邦題は…。
原題の“ビーバー”のままでいいと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

3.5家族が頼れなかったからビーバーに頼った

いずるさん
2013年6月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

全体的に照明は暗く、薄寒い雰囲気が漂っています。
明るい意味を持つシーンでも、病的な雰囲気に見える。
青が強い画面。

主人公はゴミ捨て場でビーバーの人形を拾います。彼は、ビーバーに依存するしかなかった。
だって家族は大鬱病をわずらう主人公の世話に飽きてしまって、
家族まで憂鬱になってしまったので『だったら部屋を分けましょう、住む所を分けましょう』ってんで別居します。見放されたようなものです。
別居先に移った主人公は、自殺未遂を繰り返して酒におぼれる。
見放された自分に絶望して、ぼろぼろになって泣きながら。
家族にはもう頼れない、と実感した主人公はひとつの光明を見つけ出します。それがビーバーです。
『人と会話する際にはビーバーを通す』と決めます。腹話術師のように常に人形を帯同する。ビーバーという薄い膜を自分の周りに張りました。社会と直接接しなくてもよくなった主人公は、すこし気が楽になります。ビーバーはとても役に立ち、鬱病になる前のように明るく人と話すことが出来るようになった。ビーバーによって元気になったのです。

ここまでなら、まるでおとぎ話のようですね。しかし、それでハッピーエンドとはいかなかった。
ぬいぐるみに依存する大人は周囲から当然ですが、奇異の眼で見られる。元気になった主人公に喜んでいた妻も、『ビーバーを捨ててほしい』と願います。家族が望むならば……と一端主人公はビーバーと離れようとするのですが……
しかし、ビーバーが突然反抗!まるでビーバーは意志を持った別の人格のように主人公をなじる。
「自分一人で生きていくことが出来るのか?」と。
どうやってもビーバーと離れられない。ビーバーと不可分になっていた主人公は、ついに決断。身を持ってビーバーを切り捨てる。
ビーバーに依存させたのは家族なのに、家族の願いからビーバーを捨てさせる。
う~んこの畜生。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いずる

4.0ビーバーに恐怖が湧いてくる

2013年4月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

鬱病の会社社長ウォルターが、ごみ箱から拾ったビーバーのパペットを着けたとたん…。ジョディ・フォスター監督、2011年の作品です。

なにしろビーバーなりきり男の話。まるっと収まるファミリー物と思ってたら、とんでもなかったです。かなりの重量級、メル・ギブソンが凄いです。
あたかも命を持つかのように振る舞うビーバーにジワジワと恐怖がわいてきました。自分を受け入れることは難しい、でもそれしか無い、本当に。

熱を帯びた息苦しくなるような展開にもイガイガした気分にならなかったのは、主人公の妻も演じているジョディ・フォスター監督の冷んやりした気配が作品を包み込んでいたおかげかな。いつも素敵だなあと思います。
アントン・イェルチンとジェニファー・ローレンスもさすが、繊細で良かったです。

スクリーン右上のマークを見てハッとしました。フィルムの上映観るの、久々な気がして。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
グッドラック
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「それでも、愛してる」以外にこんな作品をCheck-inしています。