ビル・エヴァンス タイム・リメンバード

劇場公開日

  • 予告編を見る
ビル・エヴァンス タイム・リメンバード
15%
46%
31%
7%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アメリカのジャズ・ピアニスト、ビル・エバンスの生涯を追ったドキュメンタリー。数々の名演、名盤を残し、薬物依存により51歳の若さで生涯を閉じたビル・エバンス。1958年にマイルス・デイビスのバンドに加入し「カインド・オブ・ブルー」を制作した当時の様子や、ドラマーのポール・モチアンとベーシストのスコット・ラファロをメンバーに迎えた歴史的名盤「ワルツ・フォー・デビイ」の制作経緯、そして肉親たちから見たエバンスの素顔や、エバンス自身の音楽への思いなど、これまで未公開だった数々の証言、エバンスの演奏シーンなど貴重なアーカイブで構成。また、ジャック・ディジョネット、ジョン・ヘンドリックス、トニー・ベネットら同時代に活躍したジャズマンや、本編の制作中に亡くなったポール・モチアン、ジム・ホール、ボブ・ブルックマイヤー、ビリー・テイラーらも登場。エバンスが駆け抜けた51年をさまざまな角度から読み解いていく。

2015年製作/84分/アメリカ
原題:Bill Evans/Time Remembered
配給:オンリー・ハーツ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2015 Bruce Spiegel

映画レビュー

4.0ここまで麻薬中毒になるには?

ku-chanさん
2019年12月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

この映画をみて初めてわかったビルエバンズのピアノがエレガントだという意味が。彼は小さい頃、ラフマニノフやストラビンスキーなどを聞いて育っている、小さい頃の親の影響はいつまでも心に残るし、ましてや、親と子供は同じような趣味を持っていることがある。エバンスの曲からはクラッシクの気品が漂っている。曲は好きだなあ。

ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督の『雪の轍』『読まれなかった小説』『昔々アナトリアで』の三本を続けて見た後だったので、エヴァンスの音は心にしみこんだ。彼の生涯にはあまり、感心しなかったが、早速彼の曲をもっと聞いてみようと思った。
作曲家のジョージ・ラッセルの録音に参加してから、1956年に最初のアルバム『New Jazz Conceptions』をだした。1958年にはマイルス・デイヴィスのトリオやオールスターなどに参加している。私にとってはこの時期(米国社会は「人種分離法」の時代ー有色人種と白人は同じホテルにも泊まれない(映画グリーンブックを参考に)。そして1964年7月2日に公民権が制定され、ひとまず法の上での人種差別はなしされる )のビルエバンスの心の中や米国での演奏活動に興味がある。しかし、この映画ではあまり触れていない。
マイルスデイビスもジョンコルトレーンもキャノンボール(?)も黒人で、トリオの一人ビルエバンスが白人。米国ツアーに出かけるいるとき(どこをツアーしているかしれない)ビデオでは、黒人の音楽のなかで、なぜ白人の彼がいるという言葉にも『マイルスがエヴァンスを演奏させてたい。』といったらしい。マイルスが認めているということは全ての人も理解しろということだ。
マイルスも彼のことを『白人のピアノ演奏家』といっていたらしいが、マイルスにとってもエバンスのエレガントな音色が必要だったと思う。
黒人は差別されていると考えるようだが、こういう状態では、白人も差別されているので、ビルエバンスは黒人だったら生きやすいのにと思ったのに違いないが??

ビデオではビルエバンスの曲「Blue in Green」をマイルスの曲だとしてしていると。当時は著作権の問題もうるさくなかったろうし、もう古すぎて問題視されないだろう。兄のハリー(は統合失調症で自殺)の娘デビーのために作った曲がエヴァンスでもっとも有名だと聞いた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ku-chan

5.0ジャズ好きでなくても、楽しめるといいんだけれど

chazさん
2019年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ビル・エヴァンス 知ってます?
もし、お好きなら、ぜひご覧ください。
この映画でしか見られない貴重なインタヴューだけでも、その価値があります。
名前を聞いたことがある、ジャズに興味がある、という方。
試しにどうぞ。もしかしたら、一生聴き続けることになる音楽体験になるかもしれない。
そうならなくても、激怒はしないはず。少なくとも、寝られる。

高校時代、FM放送で聴いたチャールス・ミンガスから私のジャズ体験は始まった。
ビル・エヴァンスにのめり込んだことはないけれど、有名どころは一通り聞たし、スコット・ラファロ入りのトリオは、折に触れ繰り返し聴いてきた。
この映画は私にとって、ビル・エヴァンスの再発見だった。
エピソードを知ったから聴き方が変わるのは邪道かも知れない。
でも、正直に言って、私はそうしたし、映画も数回見た。

ビル・エヴァンスの音楽と、この映画に会えてよかったと思っている。

ジャズに全く興味がない人がこの映画を見たらどうなるだろう。
寝るかな?途中で出ちゃうかな?
もしかしたら、私が直立猿人から受けたような電撃を、経験する人もいるのかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
chaz

4.0美と本物のジャズを追求し続けた稀有な才能を有したジャズ・ピアニストの生き様を描くドキュメンタリー映画の秀作。

NOBUさん
2019年8月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

ビル・エヴァンスの人生には常に死の香りが漂う。トリオを組んでいたベーシストの事故死、恋人、兄の自死。そして自らもプレッシャーに耐えきれず手を染めた薬物に徐々に体を蝕まれて行く。

このドキュメンタリー映画は彼の暗部も容赦なく描き出す。長年の恋人がビルの行いのため自死した2ヶ月後に若い恋人と結婚するくだり等、破綻しているように見える彼の性格は理解し難い。

が、彼の奏でる美しく静謐で、深みのある音楽を聴くと全てが吹き飛んでしまう。

モダンジャズに身も心も捧げた男の、哀切だが見事な生き様に見惚れてしまう。(ピアノに祈りを捧げるような演奏スタイルの美しさ、崇高さ。)

<ビル・エヴァンスをご存知ない方は、映画を観る前に彼と関わった数々のミュージシャンとの関係性を把握しておくと、より分かり易く物語に入り込むことが出来るのではないかな。鑑賞後、彼の代表曲もしくは名盤の数々、まずは「ワルツ・フォー・デビィ」からかな(個人的な意見です)などを聴くと余韻が増すのではと思います。きっと、どこかで聴いた曲があるのではないかと思います。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

2.0寝てしまった

2019年8月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

心地いい曲にうっとり、居眠りしてしまった・・・。
ジャズの天才はどうして誕生したのかをもっと知りたかった。
彼を側で知っていた人の称賛のコメントばかりでつまらなかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
スミちゃん
すべての映画レビューを見る(全28件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ビル・エヴァンス タイム・リメンバード」以外にこんな作品をCheck-inしています。