ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏

劇場公開日

ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏
5%
39%
38%
15%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

美少年作家としてアメリカの文壇に登場し、またたく間に時代の寵児となったものの、実は2人の女性が作り上げた架空の作家だったことから一大スキャンダルとなったJ・T・リロイにまつわる事件を、クリステン・スチュワート主演で映画化。娼婦として生きる母と息子を描いた映画「サラ、いつわりの祈り」の原作者として知られ、その才能と美貌から多くのセレブを魅了したリロイ。しかし、後にローラという女性が50ドルで雇った女性サヴァンナにリロイを演じさせていたことが明らかになり、リロイが架空の人物であることが判明。サヴァンナはなぜ、ローラの言われるままに数年もの間リロイを演じ続けたのか。この事件のてん末をサヴァンナの視点から描いていく。サヴァンナ役をスチュワート、ローラ役をローラ・ダーンがそれぞれ演じ、ダイアン・クルーガー、ジム・スタージェス、コートニー・ラブらが脇を固める。

2018年製作/108分/PG12/アメリカ
原題:JT LeRoy
配給:ポニーキャニオン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2018 Mars Town Film Limited

映画レビュー

3.5視点を変えたら面白さが増したかも

2020年2月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

替え玉作家騒動とか美少年作家捏造事件といった予備知識を得て鑑賞する方が大半だろう。実話に基づくドラマで、クリステン・スチュワート演じるサヴァンナの自伝が原作なので、基本的にサヴァンナの視点で進む。J・T・リロイの筆名で「男娼になった少年の自伝的小説」を書いたローラ(ローラ・ダーン)に出会い、ローラからリロイになりすまして取材を受けるよう頼まれる。最初は乗り気でないサヴァンナだが、著名な映画監督やセレブからちやほやされるうち、リロイを演じることにのめり込んでいく。

ただし騒動の概要を既に知っていると、サヴァンナの内面がサスペンス要素として機能しづらい。これがもし、謎めいた美少年作家に魅了されたファンか、リロイに疑問を抱き真相に迫ろうとするジャーナリストの視点だったら、リロイの素性も映画の謎として機能し、より面白くなった気がするのだが。スチュワートとダーン、どちらも好演しているだけに惜しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
高森 郁哉

2.0そもそも知らないと…

ケイさん
2021年9月22日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

3.0【”架空の人物を演じ続ける虚しさ・・・。”と、その人物を造り上げた人々、振り回された人々を描こうとした作品・・。】

NOBUさん
2021年7月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

単純

難しい

―”J・Tリロイ事件”
 2000年代半ばの実話。
 母親から、男娼となる事を強制されて育てられた男性、”J・Tリロイ”が、自らの生い立ちを綴った
 「サラ、神に背いた少年」を文壇に発表し、一躍時代の寵児になった。
 けれど、J・Tリロイは、実は・・・。ー

◆感想
 ・J・Tリロイを演じた、サヴァンナを演じた、クリスティン・スチュワートの、今ままでのイメージを払拭するような、短髪で、中性的でボーイッシュな姿は魅力的。

 ・J・Tリロイに惹かれる女優で、映画監督でもあるエヴァを演じた、ダイアン・クルーガーも、当然美しく、魅力的。

 ・サヴァンナにJ・Tリロイを演じるように”軽い気持ち”で依頼した、「サラ、神に背いた少年」の本当の著者、ローラ・アルヴァートを演じた、事態が自分の想像を超えて大きくなっていく事態を楽しみながら、サヴァンナと共にマスコミに徐々に追い詰められていく姿を演じた、ローラ・ダーンも魅力的。

<だが、映画を観ていて、彼女達の姿は魅力的ではあるが、作品には魅力を感じられなかった作品。物語の流れが、場当たり的で、サヴァンナのアヴァターを演じ続ける事に、悩む姿も弱い。
 ダイアン・クルーガーのJ・Tリロイに対する態度の変容の仕方も違和感がある。
 当時、J・Tリロイを絶賛した、数々の著名人の中で、コートニー・ラヴ(故、カート・コヴァーンの奥さん)が実際に出演しているのには、少し驚いたなあ・・。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

3.0覆面よりもインパクト

2021年7月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2001年、30代の女性(ローラ・ダーン)が、J・T・リロイという名の少年として小説を発表、評判を呼ぶ。
彼女の恋人の妹(クリステン・スチュワート)が変装して替え玉になる。
これが実話とは驚くが、メディアに出るときは覆面すれば、なんて単純に思ってしまう。
二人の女優がとてもいい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全18件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏」以外にこんな作品をCheck-inしています。