フライト

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
フライト
6%
41%
43%
7%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「フォレスト・ガンプ 一期一会」のロバート・ゼメキス監督がデンゼル・ワシントンを主演に迎え、「キャスト・アウェイ」以来12年ぶりに手がけた実写作品。フロリダ州オーランド発、アトランタ行きの旅客機が飛行中に原因不明のトラブルに見舞われ、高度3万フィートから急降下を始める。機長のウィトカーはとっさの判断で奇跡的な緊急着陸に成功。多くの人命を救い、一夜にして国民的英雄となる。しかし、ウィトカーの血液中からアルコールが検出されたことから、ある疑惑が浮上し……。第85回アカデミー賞で主演男優賞、脚本賞にノミネートされた。

2012年製作/138分/PG12/アメリカ
原題:Flight
配給:パラマウント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第70回 ゴールデングローブ賞(2013年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) デンゼル・ワシントン
詳細情報を表示

特集

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0再生の物語。失ったものは大きいが…

Marikoさん
2020年4月8日
iPhoneアプリから投稿

デンゼル・ワシントン演技うますぎ。ロバート・ゼメキス監督、さすが。

期待通りの映画でした。
コーヒー飲むの忘れてたくらい没頭した2時間25分。

まず冒頭の墜落シーンのど迫力に圧倒されて(こんなシーンはハリウッドにしか撮れない!)感嘆。

奇跡的な操縦で草原に不時着し、多くの乗客の命を救ったベテランパイロットは一躍英雄に。でも彼には重大な秘密があり、その運命は天から地へまさに急降下...。
(今回はあまりネタばらししないでおきますね(^^;; ″この先どうなるんや⁈″と観てほしいので)

一見 エリート街道を生きている一人の人間の、その堕落と心の闇。
彼はこの事故をきっかけに、嘘で塗り固めてきた今までの人生と否応無く向き合うことになります。

家族をはじめ、彼を救おうとする周りの人達を裏切り続け、まだか、まだか、というほど底に落ちていく。

そんな彼のすさんだ心の奥に、まだ残っていた僅かな良心が目覚めるのは、大切な人の遺影を見た瞬間。。。なんか、わかる。
尋問会のやりとりにハラハラしながらも、この展開にどこかホッとした私なんです。認める事は勇気のいること。
でも、彼がこれまで裏切り続けていたのは他人だけでなく、自分自身もだったのですね。

受刑者の前で語る言葉に涙がとまらなかったーーー!´д` ;
化粧とれたーーー

受け入れて、変わる勇気。
時には容易ではないけど...

また、この映画は、ドラッグやアルコール依存症についてもよく知る機会となりました。
私は、人間というものは所詮弱い生き物だと思っています。一歩間違えば私だってどうなるかわからないし、誰にも話したくない過去もあります。
そしてこれからたとえば、死ぬほどつらい事があって少しの間だけでも忘れたい時に、身近にアルコールやドラッグの誘惑があったら...? 100%の自信はありません。

でも、人間は弱い一方で、それを克服する強さも持ち合わせています。
私は、この映画は、一人の人間の【再生】の物語なんだなぁ、と思いました。だからこそ、最後の彼の言葉『今、最高に自由な気分だ』には、『もう自分を偽らなくてもいい。嘘を重ねなくてもいい』という思いが込められているんだと感じ、認める事によってその懺悔に周りも救われ、もちろん彼自身も救われ、人間はいつからでもやり直せるんだと希望を貰えました。

いい映画です。ぜひ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Mariko

0.5嫌悪

R♪さん
2020年3月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

もう往生際悪すぎ。

そんなに毎日お酒が飲みたいなら違う仕事すればいいのに。

ソムリエとか利き酒師とかアルコールのいろんな本を出版するとかライター的な。

もうホラーでしかなかった。

薬にしてもお酒にしても依存ってこわいね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
R♪

3.0終始黒かった

2019年9月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「黒」デンゼルワシントンですね。元々黒いですが。
いきなり、悪いデンゼルが出てきて、
その後は良いデンゼルかと思ったら、ほぼ悪い人。
飲酒飛行なのは知ってましたが、アル中とは非道い。
緊急着陸シーンは必見。スゴイ。
客と乗員の振り回され方とか、コックピットの落ちていく風景とか、
リアルすぎるのに、デンゼルが冷静すぎ。
酒とかヤクやっててもここまでスゴイんだぜ!、という美化。
ていうか、予告編で背面飛行は見せちゃダメだろ。
一番の見せ場なのに。
で、その後は「やっぱりアル中とかダメよ」と啓発映画になり、
最後は反省。
アメリカではアル中とかヤクとかは近場の問題なんだろうが、
日本ではリアリティ無いわ。だから共感はゼロ。
なるほど映画でした。

デンゼルの役(ヤク)は見事。ろれつも回ってないとことかリアル。
ジョングッドマンはいいやつだが、
あーゆーのがいるからヤクとか無くなんないんだろ。
ケリーライリーは可愛かった。梨花そっくり。
でもオープニングのスッチーが一番サイコー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
クリストフ

3.0デンゼル・ワシントン、、主演映画。

2019年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

デンゼル・ワシントン、、主演映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka
すべての映画レビューを見る(全97件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る