フライト : 映画評論・批評

メニュー

フライト

劇場公開日 2013年3月1日
2013年2月19日更新 2013年3月1日より丸の内ピカデリーほかにてロードショー

境界線の曖昧な広がりを歩むデンゼル・ワシントンの姿こそ、アメリカ映画である

「アメリカが清らかだったことはかつて一度もない」と記したのは、「ブラック・ダリア」や「L.A.コンフィデンシャル」などの著作で知られるジェームズ・エルロイである。21世紀に入ってから「ポーラー・エクスプレス」や「クリスマス・キャロル」などの3Dファンタジーを撮り続けて来たロバート・ゼメキスが久々に手がけた2D作品「フライト」は、まさにそんな「清らかだったことはかつてない」アメリカの物語だ。

バック・トゥ・ザ・フューチャー」や「フォレスト・ガンプ 一期一会」といったかつてのゼメキス作品を知る人なら、あっと驚くこの映画の冒頭。薄暗い部屋に窓からの鈍色の光が差し込み、その重い輝きが部屋の空気の澱みを際立てて、そこにいる男女の抱える人生の陰りが一瞬にして感じ取れる。そんなシーンはかつてのゼメキス作品にあり得なかったが、これこそが2D復帰のゼメキスの映画なのだ。

だから絶体絶命の飛行機トラブルを自らの経験と智慧と一瞬の決断力で救った機長が、一方で心の闇を抱えていたという設定は、結局どちらの側にも着地しない。知恵と勇気の人は心弱き人でもある。彼が選んだ余りに大胆な不時着方法を観たら、誰もが考える「真っ当な」道などどこにもないことを、私たちはそのゴージャスな恐怖とともに体感することになるはずだ。善と悪、白と黒の境界線の曖昧な広がりを歩むデンゼル・ワシントン。その姿こそ、アメリカ映画である。

樋口泰人

関連コンテンツ

特集

オスカーに認められた2人が生んだ《“衝撃”と“感動”の物語》が、あなたの魂を震わせる──
特集

ロバート・ゼメキス監督とデンゼル・ワシントン、アカデミー賞が認めた2つの才能がついに出会った「フライト」(3月1日公開)。本年度アカデミー賞2部門ノミネート(主演男優賞、脚本賞)、絶望的な航空機事故から奇跡の生還を果たしたベテラン機長...特集

インタビュー

特別対談:ロバート・ゼメキス監督×山崎貴監督 「我々は、生きている限り希望を持っている」(ゼメキス監督)
インタビュー

「キャスト・アウェイ」以来実に12年ぶりとなる“実写による”ヒューマンドラマを撮り上げ、見事にアカデミー賞2部門ノミネート。3月1日公開「フライト」のプロモーションのため来日を果たしたロバート・ゼメキス監督が、同じく人間ドラマを描くこ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全91件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報