メリダとおそろしの森
ホーム > 作品情報 > 映画「メリダとおそろしの森」
メニュー

メリダとおそろしの森

劇場公開日

解説

ピクサー・アニメーション・スタジオ13本目の長編作。スコットランドを舞台に、自由を愛する王女メリダが、精霊に守られた神秘の森の奥で待ち受ける運命と対峙する姿を描くファンタジーアドベンチャー。王家の伝統に嫌気がさしていた王女メリダは、ある日、不思議な鬼火に導かれて森の奥深くに住む魔女に出会う。メリダは魔女に「魔法で自分の運命を変えてほしい」と頼むが、古来より人間が森の魔法を使うことはタブーとされていた。魔女はメリダの願いを聞き入れ呪文を唱えるが、それと引き換えに平和だった王国に恐ろしい呪いがかけられてしまう。ピクサー史上初となる人間の女性を主人公にした作品。第70回ゴールデン・グローブ賞でアニメーション作品賞、第85回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞した。

キャスト(声の出演)

作品データ

原題 Brave
製作年 2012年
製作国 アメリカ
配給 ディズニー
上映時間 94分
映倫区分 G
上映方式 2D/3D
オフィシャルサイト  

受賞歴

第85回 アカデミー賞(2013年)

受賞
長編アニメーション賞  

第70回 ゴールデングローブ賞(2013年)

受賞
最優秀長編アニメーション映画賞  

インタビュー

大島優子が“演じる”ことでこじ開けた、さらなる冒険の幕開け
インタビュー

国民的人気グループ「AKB48」の中心メンバーとしての活躍はもちろん、最近はドラマ、映画と幅広く女優業にも挑んでいる大島優子が、ディズニー/ピクサーの最新作「メリダとおそろしの森」日本語吹き替え版でタイトルロールを演じ、ハリウッド作品...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

完成度の高い女性映画として出来上がった、ピクサー初のファンタジー時代劇
メリダとおそろしの森の映画評論・批評

「メリダとおそろしの森」は、ピクサーにとって初めての挑戦が3つもある。過去を舞台にした時代劇で、ファンタジー要素を取り入れているばかりか、女性を主人公にしているのだ。玩具やモンスター、ロボット、自動車などが主人公だったせいで、性別を意...メリダとおそろしの森の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全55件)
  • 予想以上に良かった こんなに感動するものかと思ってなかった。 お母さんに縛りつけられ、自由に生きられないメリダとお母さんとの関係…メリダに感情移入してしまったょ。 私は大島優子ちゃん良かったと思う! ...続きを読む

    yupppiii yupppiiiさん  2018年9月25日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  •  ネタバレ! 日本であまり有名にならなかったけど面白かった 親子の愛 ...続きを読む

    isgr isgrさん  2018年8月26日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 思ってたよりも面白かった 家族の愛を感じるストーリー。 序盤こそメリダにイラつくシーンが多いが全体的にはギャグシーンが多い。 特に3つ子がいい味が出ていて本作の癒し。 大島優子の吹替も特に不満はなかった。 ...続きを読む

    cure0101 cure0101さん  2018年8月7日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「メリダとおそろしの森」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi