メリダとおそろしの森 : 映画評論・批評

メリダとおそろしの森

劇場公開日 2012年7月21日
2012年7月17日更新 2012年7月21日よりTOHOシネマズ日劇ほかにてロードショー

完成度の高い女性映画として出来上がった、ピクサー初のファンタジー時代劇

メリダとおそろしの森」は、ピクサーにとって初めての挑戦が3つもある。過去を舞台にした時代劇で、ファンタジー要素を取り入れているばかりか、女性を主人公にしているのだ。

玩具やモンスター、ロボット、自動車などが主人公だったせいで、性別を意識していない人も多いかもしれない。実際、これまでにピクサーが発表した12作品の主人公はみんなそろって男性だった。これは、監督主導で映画作りが行われるピクサー独自のシステムによるものだ。ピクサーの監督は自分の経験に基づいてストーリーを開発する。これまでの監督はすべて男性だったから、主人公が男性になってしまうのは仕方のないことだった。

メリダというヒロインが誕生したのは、ブレンダ・チャップマン監督の功績だ。「プリンス・オブ・エジプト」で女性初の長編アニメ監督となった彼女は、ピクサーでこの企画を立ち上げた。赤毛のカーリーヘアで、乗馬や弓矢が得意というお姫様らしからぬキャラクター設定はとてもユニークで、そんなメリダが、周囲からの期待と自らの理想とのあいだで葛藤するという展開もいい。何事においても意見の食い違う母と娘が、奇想天外な出来事を経て、心を通わせていくという感動ストーリーだ。製作途中で、監督がブラッド・バード監督の愛弟子であるマーク・アンドリュースに引き継がれたものの、女性映画として立派に成立している。

ただ、ツイストを加えながらも基本的にはお姫様物語を踏襲しているため、ディズニー映画のような印象は拭えない。ピクサー映画には、魅力的なキャラクターや完成度の高いストーリーだけでなく、革新性があるべきだと思ってしまうのだが、望みすぎだろうか?

小西未来

関連コンテンツ

インタビュー

大島優子が“演じる”ことでこじ開けた、さらなる冒険の幕開け
インタビュー

国民的人気グループ「AKB48」の中心メンバーとしての活躍はもちろん、最近はドラマ、映画と幅広く女優業にも挑んでいる大島優子が、ディズニー/ピクサーの最新作「メリダとおそろしの森」日本語吹き替え版でタイトルロールを演じ、ハリウッド作品...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全55件)
  • 予想以上に良かった こんなに感動するものかと思ってなかった。 お母さんに縛りつけられ、自由に生きられないメリダとお母さんとの関係…メリダに感情移入してしまったょ。 私は大島優子ちゃん良かったと思う! ...続きを読む

    yupppiii yupppiiiさん  2018年9月25日 15:14  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  •  ネタバレ! ...続きを読む

    isgr isgrさん  2018年8月26日 11:09  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 思ってたよりも面白かった 家族の愛を感じるストーリー。 序盤こそメリダにイラつくシーンが多いが全体的にはギャグシーンが多い。 特に3つ子がいい味が出ていて本作の癒し。 大島優子の吹替も特に不満はなかった。 ...続きを読む

    cure0101 cure0101さん  2018年8月7日 13:39  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報