ウィンターズ・ボーン

劇場公開日

  • 予告編を見る
ウィンターズ・ボーン

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2010年サンダンス映画祭でグランプリを受賞し、第83回アカデミー賞で作品賞、主演女優賞ほか4部門にノミネートされたヒューマンドラマ。米ミズーリ州南部・オザーク山脈の村に住む17歳の少女リーは、心を病んだ母親に代わり幼い弟と妹の世話をして暮らしていた。しかしある日、とうの昔に家を出て逮捕された父親が自宅と土地を保釈金の担保にして失踪。このまま裁判に出廷しなければ家を没収されてしまう。やむを得ずリーは自ら父親捜しに乗り出すのだが……。

2010年製作/100分/PG12/アメリカ
原題:Winter's Bone
配給:ブロードメディア・スタジオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第68回 ゴールデングローブ賞(2011年)

ノミネート

最優秀主演女優賞(ドラマ) ジェニファー・ローレンス
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2010 Winter's Bone Productions LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

5.0この映画の子供達がとても印象に残った

tさん
2018年12月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

ウィンターズ・ボーン
DVDにて。ミステリー調だが、この映画の焦点はそこではない。ウィンドリバーに似てた。
アメリカに現存する「リアル北斗の拳」こと、オザーク地方(ミズーリ州)のヒルビリー(アイルランド系アメリカ人)たちの何気ない日常(笑)、じゃなくて、とんでもなく苛酷な日常を描いていた。スリービルボードみたいな映画が好きな人にはオススメ。

この映画の子供達がとても印象に残った。
この映画の主人公は色々あって、親の代わりに弟と妹(幼稚園児ぐらい)の面倒を見てる。自分がいなくても子供が一人で生きていけるように、弟や妹に対して文字通り「生きる術」を教える。狩り、動物のさばき方、料理、暴力が支配する現実、学校の勉強を教える。
今の日本では子供にそんなことは教えない。教えるものと言えば、スポーツ、親の趣味、スマホ、自慢話、株の儲け方、会話におけるお茶の濁し方、ぐらいなものだろう。

生きるために必要のない(スマホいじりとか買い物とかゲームとか)ことを毎日やっている我々日本人よりも、極貧ヒルビリー達の方が活き活きとしているように見えた。

我々が考えている良い人生とは一体何なのだろうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
t

ヒルビリーに対する賛歌

GreenTさん
2018年3月10日
PCから投稿

田舎者で貧しく学がないと言われているヒルビリーの閉鎖的なソサエティで起こった犯罪と、ひどい生活を暴く映画かと思いきや、意外にもこれはこの土地に対する賛歌なのだと思った。原作者のダニエル・ウッドレルは、この映画の舞台となったミズーリ州のオザークという高原地帯を背景とした小説ばかり書いているらしい。ヒルビリーは、自分で銃をとり、リスを殺して毛皮を剥いて食べるが、数匹のリスを獲るのに長い間じっと座って待っているというプロセスがあり、大量に殺せる訳ではないので、これはもう、「共存」だと思う。そして、狭く閉鎖的なソサエティではあるが、都会でたくさんの人と出会っても、ネットで世界中の人と交流しても、それで私たちは幸せになったんだろうか?私たちは「生活が豊かである」ということを、何か勘違いしているのではないか、と思わされた。もちろん、私は現代文明にどっぷり浸かっているので、今さらこういう生活できるとは思わないが、非常にノスタルジックな思いにさせられる、ほとんど憧れに近い思いにさせられた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
GreenT

3.0ジェニファー・ローレンスの出世作

2017年3月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

ストーリーは地味と言うかルックも含めて暗い貧困の田舎を描いているが、多くを説明せず雰囲気と演者の表情で話を進めていて個人的には嫌いじゃない。
最初に見た時も思ったが、やはりジェニファーローレンスの存在感は圧巻の一言。凄い女優さんが出てきたと思わせた作品であるのは間違いない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キース@Keith

3.5冬の陽だまり

yuitosさん
2017年3月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

重い空気感を纏い進む部落に生きる少女の地獄巡り。
貧しく痩せた土地で法を犯し凌ぎ生きる人々。その土地同様に心まで痩せ衰えた大人たちは、父を殺したのも家族をそして森を守る為の術だったのだろう。しかし彼女の犯人が誰かよりも家族を守る為に父を探すという強さ。そして最後の選択。父の手が奏でたバンジョーを妹が拙く鳴らす姿は胸が締め付けらた。
心の中を冬枯れの風が通り抜けるような、それでいて愛おしくなる作品。この家族に春が訪れますよう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yuitos
すべての映画レビューを見る(全26件)