映画 怪物くん

劇場公開日

15%
12%
40%
21%
12%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

藤子不二雄A原作の人気漫画を実写化し、2010年4月~6月に放送された同名ドラマを3D映画化。主演はドラマ版に続き人気アイドルグループ「嵐」の大野智。「チーム・バチスタの栄光」「ゴールデンスランバー」の中村義洋監督がメガホンを取る。国民から怪物ランドの王位継承を反対された怪物くんは、怒り心頭で怪物ランドを飛び出してしまう。日本へ向かったつもりが「カレーの王国」にたどり着いてしまった怪物くんらは、王国の権力者ヴィシャールから反乱軍にさらわれた姫と王子の救出を頼まれ……。

2011年製作/103分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)藤子スタジオ、小学館/2011「映画 怪物くん」製作委員会

映画レビュー

3.0キャスティングを楽しむための映画

光陽さん
2020年11月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

ストーリーよりもキャスティングを楽しむための映画です。
楽しく、そして懐かしく観させていただきました。
大野智さんの怪物くん、八嶋智人さんのドラキュラも上島竜平さんの狼男もナイスキャスティングですが、なんといってもチェ・ホンマンのフランケンはドンピシャですね。
背景やセットやCGが作り物っぽくてとてもチープなのはマンガの世界観を壊さないためにわざとなのでしょうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
光陽

3.0明るい

ケイトさん
2020年11月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

笑える

単純

幸せ

大人もワガママについて学べますね。全体的に怪物くんが、めげないのが良いのでは。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
ケイト

0.5この映画が作られた理由って何?

2020年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

広い映画館に観客10人弱。
しかも映画の途中で半分が席を立ってしまいました。
席を立った人の気持ちが、私にもよーく分かります。

私は3Dで観ました。
3Dの追加料金がもったいないと思ったので我慢して最後まで観ましたが、3D効果をまるで感じられません。
2D版が同時上映なら、安いし、画面が明るくて目も疲れないので、そちらを見たほうが良いと思います。

しかしエンドロールを最後まで観たおかげで、この映画がなぜ3Dで作られたのか、理由(というかオトナの事情)を発見できたのが唯一の収穫でした。

日本テレビの「3Dコンテンツ充実化委員会」みたいな組織が介入していたんですね。(組織名は正確ではないですけど)
社内の偉い人が「これからは3D時代なので、ウチもひとつ3D資産を充実させろ」とでも命令したのでしょう。

社内事情はどうあれ、観客に金を払わせながら、観客を完全に無視して平気な点は、さすがは巨人・読売の関係会社だと恐れ入りました。

さて、映画の中身ですが、子供向け映画のはず……です。
しかしこの映画を絶対に子供に見せてはなりません。
主人公のチンチクリン野郎(たぶんジャニタレだが名前を失念)の言葉遣いの悪いこと態度の悪いこと。
吐き気を催します。

怪物くんはワガママである。
それはいいんです。そういう設定ですから。

しかし、怪物くんは低能であり、無礼であり、下劣下品きわまりない。
……そんなことを藤子不二雄氏が求めていましたか。

絶対に解釈を間違っていると思います。

子供の教育上という観点からも、芸術への冒涜に抗議する意味からも、ボイコットすべき作品だと感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
お水汲み当番

2.5大人も一緒に楽しめる

2020年2月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

笑える

楽しい

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
りりまる
すべての映画レビューを見る(全19件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「映画 怪物くん」以外にこんな作品をCheck-inしています。