インビクタス 負けざる者たち

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
インビクタス 負けざる者たち
インビクタス 負けざる者たち
25%
55%
17%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と同国代表ラグビーチームの白人キャプテンがワールドカップ制覇へ向け奮闘する姿を、クリント・イーストウッド監督が描いた人間ドラマ。1994年、南アフリカ初の黒人大統領となったマンデラは、アパルトヘイトによる人種差別や経済格差をなくし、国をまとめるためには、95年に自国で開催されるラグビーワールドカップでの優勝が必要と感じ、代表チームのキャプテン、ピナールとの接触を図る……。主演はモーガン・フリーマンとマット・デイモン。

2009年製作/134分/G/アメリカ
原題:Invictus
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第34回 日本アカデミー賞(2011年)

ノミネート

外国作品賞  

第67回 ゴールデングローブ賞(2010年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) モーガン・フリーマン
最優秀助演男優賞 マット・デイモン
最優秀監督賞 クリント・イーストウッド
詳細情報を表示

DVD・ブルーレイ特集

特集

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2009 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

映画レビュー

3.5タイトルなし

ケイさん
2020年9月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

5.0【”紳士の荒ぶるスポーツ” 人種間の長年の確執を越え、国を一つにする。】

NOBUさん
2020年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波、VOD

泣ける

知的

幸せ

ークリント・イーストウッド監督の数々の作品の中では”政治的メッセージ”を表向きにしたヒューマンドラマの傑作である。-

■印象的なシーン
 1.30年間、政治犯として南アフリカ沖のロベン島の牢獄に捕らわれていたネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が、1990年、南アフリカの大統領になり、動揺する官邸の白人たちに言った言葉。
”過去は過去。我々は未来を目指す”
ーネルソン・マンデラの器の計り知れない大きさを表す言葉である。-
 そして、マンデラを護衛するスタッフに白人の元公安たちが配属される。

 2.南アフリカのラグビー代表チーム”スプリングホグス”を応援するのは、アフリカーナと言われる南アフリカ在住の白人たち。
 南アフリカを主催国としたラグビーワールドカップを一年後に控え、苦戦する”スプリングホグス”に対し、ディーバ(マンデラの氏族名且つ愛称)が取った行い。
 ”スプリングホグスの主将、フランソワ・ピナール(マット・デイモン)を自ら官邸に招き、自らイングリッシュ・ティーを振舞い、彼の苦闘を労う。そして、フランソワの心を掴む”
ー”スプリングホグス”の緑と金色のユニフォームと名前を変えようとする黒人たちの集まりに自ら足を運び、”敵を熟知しなければならない。アフリカーナはあのチーム名とユニフォームを愛している。”と説得するディーバの姿。ー

 3.ディーバは、ホグスの選手たちを黒人の子供たちにラグビーを教えさせるように依頼する。
ー当初、嫌がっていた選手たちが、黒人の居住地区の姿を目の当たりにするとともに、楽し気にラグビーを教える姿。ー

 4.ディーバが、ホグスの選手たちの名前と顔を”新聞で”覚えるシーン。そして、試合前に一人ひとりと名前を呼びながら握手するシーン。
ーうーん、”指導者”として”抜群”である。-

 5.フランソワが選手をディーバが30年間、捕らえられていたロベン島の牢獄に連れて行くシーン。けれど、一番感銘を受けたのはフランソワであることが分かるシーン。
ー”我が、負けざる魂”が語られるシーン。-

 6.オールブラックスとの決勝戦を前に、ディーバを護衛する、黒人スタッフと白人スタッフの距離が近づいていくシーン。
-楽しそうに、ラグビーに興じるシーン。-

 7.フランソワが決勝戦のチケットを家政婦の黒人女性の分も渡すシーン。それまで、ディーバに否定的な態度を取っていた父の優し気な表情。

 8.決勝戦の開始前、マンデラが”スプリングホグス”の選手たちの名前を呼びながら一人ひとりと握手した後、オールブラックスの選手たち一人ひとりにも声を掛け、握手するシーン。特に、最も警戒すべき選手にユーモアを込めて声を掛けるシーン。

<30年もの間、政治犯として獄中に繋がれていたネルソン・マンデラの”負けざる魂”を表現するシーンの数々。そして、”負けてはいけないプレッシャー”に見事打ち勝ち、”奇跡の”ラグビーワールドカップ優勝を勝ち取った男を描き出した見事な映画。
 だが、矢張り圧倒的な演技を見せたネルソン・マンデラを演じたモーガン・フリーマンの姿に脱帽せざるを得ない作品である。
 勿論、ネルソン・マンデラご本人に対しても・・・。>

<様々な媒体で、数回鑑賞。何度観ても、勇気を貰う作品である。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

2.0愛国者

2020年2月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

幸せ

ネルソン・マンデラのラグビーを通じた政を描く映画。
アパルトヘイトによる厳しい人種差別の中、黒人、白人の分け隔てなく、国のために一体となるべく、ラグビーを通じた挙国一致を目指した。暗殺の恐れもあったであろう中でも、人前にでる勇気には感心させられました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マルコ・ヨドガワ

2.5可もなく不可もなく

2019年11月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ラグビーブームもあり、評判が良かったので観たが、スポーツ映画ではなく、ネルソン・マンデラの映画・・・にしても薄かったかな~。(ネルソン・マンデラは尊敬しています)
クリント・イーストウッドはヒーローの心温まる映画を作りたがりすぎ かな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ユキヒメ
すべての映画レビューを見る(全103件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「インビクタス 負けざる者たち」以外にこんな作品をCheck-inしています。