サスペリア・テルザ 最後の魔女

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
サスペリア・テルザ 最後の魔女
0%
12%
41%
47%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イタリアン・ホラー界の巨匠ダリオ・アルジェントが、77年の「サスペリア」、80年の「インフェルノ」に続けて放つ“魔女3部作”完結編。イタリア中部の古い墓地脇から、19世紀の棺と遺品入れが発掘された。ローマの古代美術館で働くサラは、副館長に誘われて遺品入れを調べるうちに、封印されていた邪悪な魔女“涙の母”を甦らせてしまい……。主演は「マリー・アントワネット」などハリウッドでも活躍する監督の実娘アーシア・アルジェント。

2007年製作/98分/イタリア・アメリカ合作
原題:La Terza Madre
配給:キングレコード、iae

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 発狂する唇
  • インスマスを覆う影
  • 乱歩 妖しき女たち
  • 爆裂魔神少女 バーストマシンガール
  • ハングマンズ・ノット
  • ファミリー☆ウォーズ
  • メランコリック
  • オー・マイ・ゼット!
  • トリハダ 劇場版
  • トリハダ 劇場版2
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1

(C) COPYRIGHT MEDUSA FILM S.p.A. 2007

映画レビュー

3.0芸風変わらず!

ユウコさん
2021年1月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

黒髪のスレンダー美女。悲鳴。お猿。血がどばー!内臓ぐじょー!どろどろの中に突き落とされ。
繋ぎが雑で唐突だったり、出てくる人がみんなイカレてたり。おっぱい出まくったり。さらに、なぞの日本人魔女も出てくる。
楽しみましょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ユウコ

2.0むかしなホラー

津次郎さん
2021年1月17日
PCから投稿

イタリアのホラーの代表格というとダリオアルジェントだが、ダリオアルジェントに、感心したことがない。

サスペリアをリアルタイムではないが、たしか小または中学校のタイミングで見ているが、幼いわたしですら、なんじゃこりゃみたいな印象をもった。記憶がある。

アルジェントといえば、人が、とんでもない方法で死ぬのが見せ場になっていて、血がドバー、目の球がビローン、みたいな描写が、わりと記憶にある。

つねに殺害シーンが凝ったつくりをしており、なんでそれを見せどころにしたいのかが、個人的にはけっこう、わからなかった。
醒めているから、ではなく、残酷耐性があるから、でもない。

基本的に映像作品のなかで人が死ぬばあい、派手にすると、派手になるだけであって、だからどうした感は拭えない。個人的見解だが、アルジェントは園子温に似ている。

ルカグァダニーノ監督がサスペリアを発表したとき、けっこうな人が「やっぱダリオアルジェントのほうが上ですね」みたいなことを言っていて、かなり、驚いた。

何をどう見ようと、人様の勝手だが、グァダニーノ版のサスペリアは、個人的には、アルジェント版とは比べものにならないほど、ブラッシュアップされた重厚な叙事だった。

けっこう著名なライターも、アルジェント版のほうが上とか言っていて、何言っちゃってるんだろう?で、ひとりで盛り上がっていた。

昔から、日本には、ダリオアルジェント好きが多いのでは──と思うことが多かった。
わたしの世代も、わたしの前後の世代も「決して一人で見ないで下さい」のキャッチコピーを知っているが、幼いわたしですらサスペリアがなぜ怖い映画なのか、分らなかった。わたしにとっては日本最初の釣りコピーと言っていい。

いまも、ダリオアルジェントを称揚する輩がけっこういる。人様が、なにをどう見ようとその人様の勝手である。ただ、個人的には、そこに円谷プロの特撮は素晴らしい──みたいな懐古趣味を感じない──ではない。

こんにちでは、恐怖表現が多様化しており、かつてのアルジェントは一定の様式があったにせよ、さいきんのダリオアルジェントには、様式もない。ましてホラーはもっとも進化が激しい前線である。

ちなみにわたしは、ダリオアルジェントが嫌いではない。バーヴァのようにざっくりした、細かいこと気にすんなみたいな山っ気な演出も、一拍遅れのアフレコの英語も、Profondo Rossoでクルリと一回転するダリアニコロディのタバコも好きだ。

ただアルジェントを美学だ美学だと騒いでるひとってのは、個人的には胡散臭く見える──という話。

この映画も、もはやアホらしいほどだが、魔女が地下に王国的なものを築き上げている点においてグァダニーノ版のサスペリアと近親性があった。その魑魅魍魎たちの地下から逃げ出し、マンホールから地上に出て、助かった喜びに唐突に笑って映画は終わる。

恐ろしい体験が笑いになればいいなといまつくづく思う。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

2.0魔女がいっぱい

kossyさん
2019年3月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 封印された何かが解き放たれ、ローマは邪悪に満ちて犯罪や自殺が急増する。サラを重要参考人として注目した警察と、助けを求めるサラの奇妙な逃亡劇。サラが関わった人間が次々と魔女に呪い殺され、サラの母親エリザが最後の魔女と戦った良い魔女だと知らされ、その能力を受け継いだサラに最後の魔女「涙の魔女」を倒す宿命を目覚めさせる・・・。

 『サスペリア』で最後の魔女を殺したスージーの名前も出てくるが、いったい魔女はどれだけいたんだか・・・終盤にはわけがわからなくなるほど支離滅裂な展開となり、眠気をもよおすのだが、ところどころで綺麗なヌードが登場するので目が覚めてしまう。

 空港に降り立ったヤンキー魔女の一団の中に日本人が1人いる。日本向けのサービスなのか日本語の会話も・・・(通じてないみたいですが)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

1.5タイトルなし

さん
2019年1月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

魔女というよりアブナイ女とアブナイ女達。時々おっぱい。たまにお母さん。

腸ビックリ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
豆
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「魔女3部作」シリーズ関連作品

他のユーザーは「サスペリア・テルザ 最後の魔女」以外にこんな作品をCheck-inしています。