ミーシャ・バートンの全裸シーンが、08年映画ヌードトップ20の第1位に

2009年1月14日 12:00

ペネロペ・クルスは「芸術品のようなおっぱい」
ペネロペ・クルスは「芸術品のようなおっぱい」

[映画.com ニュース] 米ヌード検索サイトMr. Skinが“08年映画ヌードトップ20”を発表した。

07年では「その土曜日、7時58分」のマリサ・トメイ、短編「ホテル・シュバリエ」のナタリー・ポートマン、「ブラック・スネーク・モーン」のクリスティーナ・リッチがトップ20の上位に並んだ08年の第1位は、「The OC」のスターとして知られるミーシャ・バートンが、恋愛ドラマ「あの日の指輪を待つきみへ」(リチャード・アッテンボロー監督)の中で見せた全裸ヌードだった。シャーリー・マクレーン演じるエセルの若き日を演じた彼女について、Mr. Skinは「第2次大戦時を描く作品で26分間もトップレスになるばかりか、映画が始まって34分目には見事な全裸ストリップショーを披露する。ミーシャのヌードシーンは官能的で、輝くばかりだ」と高く評価している。

第2位は、ウィノナ・ライダーのベッドシーンが話題になった「セックス・カウントダウン」(劇場未公開、ダニエル・ウォーターズ監督)でオーストラリア人女優・モデルのソフィー・モンクが見せた全裸ベッドシーン。第3位は、巨乳で知られるヘザー・グラハムがニューヨークを舞台にした群像劇「Adrift in Manhattan」(アルフレド・デ・ビラ監督)で見せた全裸ヌードだった。

なお、Mr. Skinが選んだオールタイムの映画ヌード第1位は、「初体験/リッジモント・ハイ」のスイミングプールのシーンでフィービー・ケイツが見せたヌードだそうだ。

トップ20のリストには、残念ながら日本では直接DVDスルーされた作品やソフト化のめども立っていない未公開作品が多いが、日本の劇場で見られるのは、キーファー・サザーランド主演のホラー「ミラーズ」(公開中)でのエイミー・スマート、イサベル・コイシェ監督の官能ドラマ「エレジー」(1月24日公開)でのペネロペ・クルスのヌードだ。特にクルスのトップレスシーンは、ベン・キングズレー演じる老教授から「完璧な乳房」と絶賛されるほどで、年の差カップルの愛の強力な伏線となるヌードだけに注視してほしい。

08年Mr. Skinが選ぶ映画ヌードトップ20は以下の通り。

1.ミーシャ・バートン、「あの日の指輪を待つきみへ
2.ソフィー・モンク、「セックス・カウントダウン」
3.ヘザー・グラハム、「Adrift in Manhattan」
4.アーシア・アルジェント、「最後の愛人
5.ネーブ・キャンベル、「I Really Hate My Job」
6.アンナ・ファリス、「The House Bunny」
7.エイミー・スマート、「ミラーズ
8.ミーナ・スバーリ、「Stuck」
9.ローラ・ラムゼイ、「The Ruins」
10.アンジェリーナ・ジョリー、「ウォンテッド
11.ペネロペ・クルス、「エレジー
12.ジェシカ・モリス、「Role Models」
13.ウィラ・フォード、「秘められた遊戯
14.カーリー・ポープ、「ファック・アンド・ザ・シティ」
15.ジェナ・ジェイムソン、「ゾンビ・ストリッパーズ
16.ジェス・ウェイクスラー、「Teeth」
17.モラン・アティアス、「サスペリア・テルザ 最後の魔女
18.ベラ・ファミーガ、「Never Forever」
19.マリア・ベロ、「Downloading Nancy」
20.エイミー・アダムス、「Miss Pettigrew Lives for a Day」

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • デッド or キル
  • シャドウ・チェイサー
  • フィアー・インク
  • デザート・ストーム
  • デッド・ハンティング
  • 寄性獣医・鈴音 GENESIS
  • ザ・ブラック・ベア
  • ヒューマン・レース
  • スペイン一家監禁事件
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
OSOREZONE

Powered by 映画.com