サスペリア(1977)

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

イタリアの鬼才ダリオ・アルジェントが1977年に発表したゴシックホラーの金字塔。後に製作された「インフェルノ」(80)、「サスペリア・テルザ 最後の魔女」(2007)とあわせた「魔女3部作」の1作目とされる。バレリーナを目指すスージーはアメリカからドイツのバレエ学校に留学するが、到着早々、奇妙な出来事が次々と起こる。さらに、天井から大量のうじ虫が落ちてきたり、盲目のピアニストが盲導犬に噛み殺されたりと不可解な事件が続発。やがて、この学校に隠された恐ろしい秘密が明らかになり……。主演は「ファントム・オブ・パラダイス」のジェシカ・ハーパー。17年に製作40周年を記念し、本国イタリアで35ミリオリジナルネガからの4Kデジタルレストア版を制作。日本では19年6月に4Kレストア版を上映。

1977年製作/99分/R15+/イタリア
原題:Suspiria
配給:是空、ハピネット
日本初公開:1977年6月25日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)VIDEA S.P.A.

映画レビュー

4.0シュールでムチャクチャだけど美しいのだからしょうがない。

2020年8月20日
PCから投稿

何千回と観ている大ファンやマニアの方々が大勢いるのに、数回しか観てない自分が言うのもなんだが、何度観てもムチャクチャな映画で、笑いつつも魅入られてしまう。筋書きを追おうとしても、理解できない穴に何度も落ちてつまずくし、殺戮が問答無用で迫ってくる乱暴さと襲われる側の無力さは、なんなら初期の「呪怨」に近い(『サスペリア』の方が遥かに先だが)。ただ、映像がとにかく強烈で、不穏で、耽美でもある。冒頭の空港について風雨の中タクシーが拾えない描写の時点で、もうただごとでないことが始まってます!というテンションが伝わってくる。結局、何を見さされているんだかわからないけど、とにかく圧巻。なんだか観客側まで映画にひき逃げされたような気さえする。その点ルカ・グァダニーノのリメイクはすごく考え抜かれた知性が感じられて、もっと俺をムチャクチャにしてくれよ!と物足りなく思ってしまうくらい、凄いオリジナルなのである。

コメントする (0件)
共感した! 4件)
村山章

1.0学校の秘密

2022年11月23日
Androidアプリから投稿

ゴシックホラーってこういうものなの?

赤を中心とした色彩かな映像と演出が印象的だったけど
正直全く怖くなかった。不気味なだけ。

いつ怖いのがくるかなってワクワクしてたけど、特に盛り上がることも、ビックリすることもなく低空飛行。
なんていうか、起承転結のバランスがめっちゃ悪く感じるし、不明な点を多数残したまま終わったのも凄く不完全燃焼。

この映像美だけの中身スカスカな感じ
藤原竜也主演の『Dinerダイナー』っぽい。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
カミムラ

3.0ひとりで観られた!

2022年8月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

中学生の頃、水曜だか金曜ロードショーでひとりで観てたのですが、どうしても怖くなって、最後まで観られなかったことがありました(涙)。以来、「サスペリア」と聞くと恐怖の記憶が蘇り、なかなか再チャレンジする勇気がなかったのですが、約40年ぶりにようやく観ることができました。主人公スージー(ジェシカ・ハーパー)の友人サラ(ステファニア・カッシーニ)が逃げようとして細い針金にぐるぐる巻になるシーン、確かここでテレビを消したんだなと思い出しました。今、観たらそこまで怖くはないのですが、やっぱりあの音楽がいけませんね。あの音楽を聴いていると、やっぱり気味が悪いです…(汗;)。

コメントする 3件)
共感した! 1件)
赤ヒゲ

3.5古典的サスペンス

2022年7月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
猿田猿太郎
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「魔女3部作」シリーズ関連作品

他のユーザーは「サスペリア(1977)」以外にこんな作品をCheck-inしています。