ベンジャミン・バトン 数奇な人生
ホーム > 作品情報 > 映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
メニュー

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

劇場公開日

解説

「セブン」「ファイト・クラブ」のデビッド・フィンチャーとブラッド・ピットが、F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を映画化。80代の年老いた姿で生まれ、歳をとるごとに若返っていき、0歳で生涯を終えたベンジャミン・バトンの奇妙な人生を、数々の出会いと別れを通して描く。共演にケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン。08年度アカデミー賞では最多13部門にノミネート。

作品データ

原題 The Curious Case of Benjamin Button
製作年 2008年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 167分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第81回 アカデミー賞(2009年)

受賞
美術賞  
視覚効果賞  
メイクアップ賞  

第66回 ゴールデングローブ賞(2009年)

ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) ブラッド・ピット
最優秀監督賞 デビッド・フィンチャー
最優秀脚本賞 エリック・ロス
最優秀作曲賞 アレクサンドル・デプラ

インタビュー

ブラピ、ケイト、フィンチャーが語る「ベンジャミン・バトン」
インタビュー

80代の老人として生まれ、成長するにつれ若返り、最後は赤ん坊として死んだ1人の男の数奇な人生を悠々と綴った愛の物語「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」。08年度のアカデミー賞で、作品賞、監督賞、主演男優賞を含む最多13部門のノミネート...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

後戻りできない人生を歩む私たちの願いの結晶
ベンジャミン・バトン 数奇な人生の映画評論・批評

老人として生まれた子供が、成長するにつれ若返り、赤ん坊として死ぬ。そんなとんでもない主人公の設定はすでに映画を見る前から広く伝わっていると思う。だがこれはホラー映画ではないわけだから、そこから生まれるさまざまな人生の問題と物語を、私た...ベンジャミン・バトン 数奇な人生の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全133件)
  • 哀しい 設定がさ 悲し過ぎるよ 生まれた時はおじいちゃんで、段々若返っていくなんて それでも得る小さな幸せはたくさんあったと思う でも、正直、やっぱつらいわ ...続きを読む

    おんぷ おんぷさん  2018年11月19日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 名作 見終わった感想として、、、 凄い映画を観たなという感じ。 自分の中で処理し切れない感情が、まだ沢山残っています。 商業主義に毒されているアメリカ映画界もまだ捨てたもんじゃないかもしれない、、、。... ...続きを読む

    Fouji Foujiさん  2018年11月1日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 長編小説であり、文学的 2008年公開とあり、今思うと10年前の作品だということで技術力の高さに感嘆した。 所々に散りばめられる詩的表現が、難しくも文学的だと感じた。 男女と、若さと年。相反するものがそれぞれの人生を通... ...続きを読む

    DK DKさん  2018年10月20日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

オーシャンズ 8 デッドプール2 ムーンライト シンデレラ
オーシャンズ 8 (字幕版) デッドプール2 (字幕版) ムーンライト (字幕版) シンデレラ (字幕版)
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi