ベンジャミン・バトン 数奇な人生 インタビュー: ブラピ、ケイト、フィンチャーが語る「ベンジャミン・バトン」(2)

ホーム > 作品情報 > 映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 > インタビュー > ブラピ、ケイト、フィンチャーが語る「ベンジャミン・バトン」(2)
メニュー

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

劇場公開日 2009年2月7日
2009年2月6日更新

文字通り逆さまに人生を生きていくベンジャミン・バトンと運命的に出会い、彼の奇妙な人生をまるごと受け止めて生きていくデイジー。そんな複雑な役に挑んだオスカー女優ケイト・ブランシェットに、デイジー役へのアプローチの仕方や撮影の苦労などを聞いた。(取材・文:森山京子

ケイト・ブランシェット インタビュー
「人は愛すれば愛するほどより人生を生きるようになる」

若き日から86歳の老女になるまでのデイジーを1人で演じきった 若き日から86歳の老女になるまでのデイジーを1人で演じきった

──完成した作品はもうご覧になりましたか?

「実は夕べ初めて見たの。撮影からすごく時間が経っているから、その時の経験は忘れて、素直に観客の1人として見ることができた。そして自分がこの映画の一部であることを心から誇りに思ったわ。これはまさにテクノロジーが物語を語るために使われている映画よ。デビッド・フィンチャーは潜在的に不可能で空想的な物語を 、すごく現実味のあるものに仕上げてみせた。だからとても深い感情に溢れているのよ」

ケイト・ブランシェット(LAプレミアにて) ケイト・ブランシェット
(LAプレミアにて)
(C)Kaori Suzuki [拡大画像]

──デイジー役をオファーされた時、どう思いましたか?

「フィンチャー監督とブラッドが何かの企画について話したいと言ってきたら、そのミーティングに参加しないなんてあり得ないわ。エリック・ロスと脚本を練る作業もエキサイティングだったし、こんなに特別なこと──6歳から86歳まで演じられる役──は他にないと思ったわ。子供時代の声も私がやっているの。普通なら4、5人の俳優を使うところを1人で通してやるというのはかなりの挑戦よ」

──デイジーにはどんなふうにアプローチしたのですか?

「彼女を客観的に見るのは難しいわ。この映画の野心やハートは余りにも大きくて、K2(世界第2位の山。標高は8611メートル)にアタックするような経験になると感じていたの。一体どうやればそこに登れるのか、皆目見当がつかなかった。もちろん脚本を読めば、どんな作品になるか、デイジーがどんな人間でどう演じればいいか分かるわ。でもそれだけじゃこの映画の芸術性を大事にすることにならないのよ。脚本から離れて何か他のポイントを探す必要があると思ったの。でまず、自分の人生のすべての大きな出来事を再検証したわ。それを一旦放り出して、今度はデイジーの人生の出来事をチェックしたの。彼女の転機は交通事故が起きて体がダメになった時よね。私も20代の後半に似たような体験をしていて、その時の感覚、感情はとてもよく覚えているの。そういうことから、デイジーにアプローチして行ったのよ」

──その感覚というのは具体的にどんな状態なんですか?

睡魔や時間との戦いだったという本作の撮影 睡魔や時間との戦いだったという本作の撮影 [拡大画像]

「若い時は自分が永遠に生きるように感じているから、なんでも出来るし、傷つきにくいと思っている。でもそのフィーリングは今の私にはもうないの。デイジーも事故の後でそれを失うのよ。人は愛すれば愛するほどより人生を生きるようになるし、たくさんのものを失うという事実も知っていくのよ」

──演技面で最大のチャレンジは何でしたか?

「スタミナを保つことかしら。だって大がかりなメイクをする日は朝4時半入りなのよ。そして強烈に暴力的な韓国映画を見ながら椅子に座ったまま眠りに落ちる(笑)。目を覚ますともう11時で、特殊メイクが崩れないうちに撮らなきゃいけない。時間のプレッシャーも相当あったわね」

──老けメイクはいかがでしたか?

「特殊メイクの影で見落とされがちだけど、照明の効果も大変なものなのよ。監督は時に女優に不親切に照明を当てることがあるけど、そう言うとき、彼女は10歳は年老いるの。だからデビッドもそうしたわ(笑)」

>>デビッド・フィンチャー監督インタビュー

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

後戻りできない人生を歩む私たちの願いの結晶
映画評論

老人として生まれた子供が、成長するにつれ若返り、赤ん坊として死ぬ。そんなとんでもない主人公の設定はすでに映画を見る前から広く伝わっていると思う。だがこれはホラー映画ではないわけだから、そこから生まれるさまざまな人生の問題と物語を、私た...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全133件)
  • デイジーにヒナギクの花束を・・・  人生を逆回転すると精神的にはどうなるんだろう?とアカデミー賞に13部門もノミネートされた今作に興味津々。“いのち”をテーマにした映画が一挙に公開されるなかでも奇抜さという点で他とずいぶん違う。... ...続きを読む

    kossykossy kossykossyさん  2018年11月28日 05:00  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 哀しい 設定がさ 悲し過ぎるよ 生まれた時はおじいちゃんで、段々若返っていくなんて それでも得る小さな幸せはたくさんあったと思う でも、正直、やっぱつらいわ ...続きを読む

    おんぷ おんぷさん  2018年11月19日 00:17  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 名作 見終わった感想として、、、 凄い映画を観たなという感じ。 自分の中で処理し切れない感情が、まだ沢山残っています。 商業主義に毒されているアメリカ映画界もまだ捨てたもんじゃないかもしれない、、、。... ...続きを読む

    Fouji Foujiさん  2018年11月1日 12:34  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 来る 岡田准一&小松菜奈が初タッグ 中島哲也監督は怖い人?
  • インタビュー 斬、 池松壮亮&蒼井優“塚本晋也監督は真のインディペンデント作家”
  • インタビュー 鈴木家の嘘 「“家族”を改めて考えた」岸部一徳、野尻克己監督デビュー作で息子を亡くした父親を繊細に体現
インタビューの一覧を見る
Jobnavi