K-20 怪人二十面相・伝

劇場公開日

19%
43%
29%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

北村想の「怪人二十面相・伝」を金城武主演で映画化。監督は「アンフェア the movie」などの脚本家・佐藤嗣麻子。1949年、一部の特権階級が富を独占している日本の都市・帝都に、金持ちだけを狙って盗みを働く“K-20(怪人二十面相)”が出没。謎の男にだまされてK-20に仕立て上げられ、世間から追われる身となったサーカス団の曲芸師・遠藤平吉は、富豪の令嬢・羽柴葉子や名探偵・明智小五郎らを巻き込み、K-20に戦いを挑むことを決意する。

2008年製作/137分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

監督
原作
北村想
脚本
佐藤嗣麻子
エグゼクティブプロデューサー
阿部秀司
奥田誠治
プロデューサー
安藤親広
倉田貴也
石田和義
ラインプロデューサー
竹内勝一
アソシエイトプロデューサー
小出真佐樹
撮影
柴崎幸三
照明
水野研一
録音
鶴巻仁
美術
上條安里
装飾
龍田哲児
VFXディレクター
渋谷紀世子
編集
宮島竜治
音楽
佐藤直紀
音響効果
柴崎憲治
助監督
川村直紀
制作担当
阿部豪
キャスティング
小畑智子
脚本協力
山崎貴
VFX協力
山崎貴
全てのスタッフ・キャストを見る

特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19

(C)2008「K-20」製作委員会

映画レビュー

3.0パルクール

としさん
2021年12月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

2021年12月31日
映画 #K20 #怪人二十面相・伝 (2008年)鑑賞

最近すっかり見なくなった #金城武 の #レッドクリフ と同じ時期ぐらいの作品。日本映画はこれ以降見てないな

アクション俳優ではない金城武にアクションをさせたのがもったいなかったなと思います

苦悩する役が似合う俳優だと思います

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

3.0「怪人二十面相・伝」を金城武主演で映画化。

2019年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「怪人二十面相・伝」を金城武主演で映画化。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

4.0ロケは北九州が中心?こ、こ、小倉は少年探偵団・・・

kossyさん
2019年6月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 小学6年生のときだったか、江戸川乱歩の少年探偵団シリーズを読み漁っていたおかげでクラスの読書冊数競争で1位をとってしまったことを思い出します。しかも、その実績を称えられ、実力が伴わないのに国語の通知簿が1点上がってたような記憶も・・・。それほど好きだった少年探偵団シリーズ。アニメも好きだったし、夏木陽介主演の『明智探偵事務所』も大好きだったのに、天地茂が明智小五郎役をやるようになってから興味が失せてしまいました・・・

 明智探偵や小林少年の人気とともに、ライバルの怪人二十面相も人気があった。変装が上手く、現金よりは美術品ばかりを盗み、殺人を犯さないというのが主な特徴。ただ、「大暗室」という作品では人を殺していると記憶しているのですが、誰も信じてくれなかった。そんな乱歩ワールドの世界観を利用したファンタジー、冒険活劇に期待度は増すばかり。

 今回の映画では、大戦を回避した、いわばパラレルワールドの日本。町は破壊されてないけれども軍が力を持っている様子で、軍警が幅を利かせている。戦火によって荒廃はしていないはずなのに、極端な格差社会によって路頭に迷う子供たちであふれている帝都。ある意味では社会派のような側面を持つ設定だ。原作の持つおどろおどろしい雰囲気を醸し出すためには理解しやすい大胆な設定変更も仕方のないことだったのかもしれません。

 サーカスの曲芸師である遠藤平吉(金城武)が二十面相(最初は鹿賀丈史)によってハメられ二十面相として捕えられるという展開なのですが、原作でも二十面相の正体がグランドサーカスの遠藤平吉だと明かす巻もある。それくらい原作とは交錯した部分もありながら、プロット上の仕掛けがあるものだから、明智の妻となるはずの文代が登場しないし、少年探偵団もさほど活躍しない。

 VFX協力に山崎貴の名があることもあって、映像表現は見事なもの。空中を自由に飛び回るシーンはまるで『スパイダーマン』のパクリのようで気に入らないのですが、松たか子が操縦するヘリコプターのおかげでかなりワクワクドキドキさせられました。彼女の存在は金城、仲村の演技の不安要素を払拭しておつりがくるほどの演技。序盤の笑えるシーンが間の悪さですべっていたのに、なぜか松たか子が笑わせてくれるのです。

 そんなこんなでかなり満足。続編の話題も飛び交ってるのも理解できます。金城演ずる遠藤平吉が本当の二十面相となって活躍する世界も楽しみだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5傑作とまではいかないが面白い

2018年10月14日
iPhoneアプリから投稿

松たか子って存在感あると改めて感じた。もっと映画出演してほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@
すべての映画レビューを見る(全52件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る