炎628

劇場公開日

炎628
50%
39%
8%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第2次大戦を背景に白ロシアのハトィニ村の人々の悲惨な運命を描く。監督・脚本は「ロマノフ王朝の最期」のエレム・クリモフ、共同執筆はアレクサンダー・アダモーヴィチ、撮影はアレクセイ・ロジオーノフ、音楽はオレーグ・ヤンチェンコ、美術はヴィクトル・ペトロフが担当。出演はアリョーシャ・クラフチェンコ、オリガ・ミローノワほか。

1985年製作/ソ連
原題:Come and See
配給:松竹富士クラシック=松竹富士

ストーリー

1943年、ドイツ軍に占領されていた小さな村。村の少年たちが砂山を掘り返していた。その少年の一人フリョーラ(アリョーシャ・クラフチェンコ)は、パルチザン部隊に加わった。ひとたびパルチザンに入ると、二度と家族には会えない。パルチザンのキャンプのある深い森。そこでの生活は少年には苛酷だった。人間的な感情は押し殺さなくては生きていけない。そんな時、彼の前に、隊長に思いを寄せる金髪の娘グラーシャ(オリガ・ミローノフ)が現われる。グラーシャは、フリョーラに対して、時には歳上のように、母のように、時には無邪気な少女のようにふるまった。本隊が作戦に出発した後、キャンプには病人と新人であるフリョーラとグラーシャだけが残された。そこに突然ファシスト降下部隊が姿を現わし、2人は森の中で身を寄せあって身を潜めた。母や妹たちのいる家にグラーシャをつれて行こうと彼女を引っぱって行ったフリョーラは、美しい村が、無惨な屍の山と化しているのを見て茫然とした。母も妹たちもみな……、ただ一人生き残った村長のユスチン(カジミール・ラベッキー)から、子供がパルチザンに加わったことから皆殺しにあったと聞かされフリョーラはけいれんした。やがて、ドイツ軍を乗せたトラックが進撃してきた。彼らは周囲を遮断してペルホード村にいる女や子供を一ヵ所に集め、大きな納屋に押し込めてガソリンをまき火を放ったのだ。奇跡的に死を免れたフリョーラは、その光景を目のあたりにして老人のように深いシワを顔にきざんだ。ドイツ軍の後を追うフリョーラ。パルチザン部隊がファシストを待ちぶせ、虐殺した張本人たちを捕えた。フリョーラはその前に歩み寄り銃をかまえるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5凄まじい作品でした。

刺繍屋さん
2022年2月17日
iPhoneアプリから投稿

配信サービスは勿論、レンタルでも見かけた事の無い作品なので、購入しようかずっと迷っていた作品なのですが、これは購入して正解な作品でした。

ドキュメンタリーではないかと思える程、真に迫った映像と演技…。
登場人物の表情を正面からアップでじっくりと映す独特な映像と時々入る動物たちの画と鳴き声(主に鳥でしたが)、そして不穏な音の使い方がとても印象的でした。
特にあの牛の眼と鳴き声は強烈でしたね。

パルチザンに憧れる少年が一挺のライフル銃を掘りおこした事から、戦争の渦中に立たされ、その中で少しずつ変貌していく姿を綴った作品ですが、アリョーシャ・クラフチェンコさん演じる主人公フリョーラの顔つきが徐々に変わっていくのが、演技とは思えないくらいリアルでした。
フリョーラだけでなく、ナチスドイツのアインザッツグルッペンの兵士からパルチザン、村人に至るまで、全ての演者さんたちのその表情…どのようにしたらあそこまでリアルな演技が出来るのか不思議なくらいでしたし、動物に対する行いも含め、どのようにして撮ったのかも気になりますね。
エキストラの人数もかなりのものですし、本当に家を燃やしたり、戦車やオートバイ、火炎放射器なんかも本物でしょうし、かなり大掛かりですね。
これを作品として纏めた監督の手腕にも脱帽です。

ただ、フリョーラとグラーシャが初めてきちんと話をするシーン、あそこだけは少し意味が分からなかったです。
終盤のあのシーンへのフラグなんでしょうが、何故突然あのような言動をしたのかが理解出来なかったです。

全てが心に刺さる作品でしたが、あの終わり方も心が痛くなりますね。

この作品では白ロシアでのナチスの悪虐非道ぶりを描いていますが、戦後、一応同じ国であるソビエト赤軍の兵士たちもレイプ・イン・ベルリンなどのナチスドイツに負けないくらいの行いをしていますし、WWⅡ前にはスターリンによって即決裁判で68万人もの人が処刑され、63万人もの人々が強制収容所や刑務所に送られたりしているんですよね。

ナチスの行いは決して許されるべきではありませんが、戦争そのものがあってはならない事を痛感させられる作品でした。

戦争や独裁者、先制政治によって犠牲になるのは常に民衆で、どちらも本当に必要無いものですよね。

白ロシア、現在のベラルーシが欧州最後の独裁国家になっているのが、僕には皮肉に感じされました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
刺繍屋

4.5地獄には入口も出口もない

因果さん
2021年12月21日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
因果

5.0すごい!

2016年11月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

ものすごいものを観た。

ラスト、主人公が明日のジョーのホセ・メンドーサ状態になるところが、この映画を象徴していると思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
うんこたれぞう

4.0「憎しみが憎しみを生む」のリアル

hhelibeさん
2016年4月14日
Androidアプリから投稿

悲しい

怖い

知的

「サウルの息子」を観た後、同じように戦争を追体験できる映画を探していてこの映画を知り、「とにかく怖い」「トラウマになる」との情報をたっぷり仕入れて、相当の覚悟で観ました。
観終わった今、頭がズキズキして、フラフラしています。

サウル〜との共通点は多いです。
・ストーリーが主人公目線なので、主人公の知らない情報は一切語られない。
・主人公のアップが非常に多い。
・清算な場面や死体は極力見せず、見せるとしてもとてもさりげない。
・音がとてもリアルで恐ろしく、耳にこびりついて離れない。

ただ、サウル〜は最初からアウシュビッツという地獄の中ですが、この映画の主人公の少年は、最初はある程度平和な環境です。
たった数日のうちにナチス親衛隊により全てを失い、この世の地獄をこれでもかと見せられます。

戦争ごっこをして遊んでいる冒頭と、あらゆる地獄を経て完全に別人になってしまうラスト。
人の心が恐怖と憎しみでいっぱいになる過程が、少年の顔だけで分かります。

上にも書いたように、音がとにかく恐ろしいです。
主人公の少年と少女が爆撃を受けるという、この映画で初めて戦争が直接的に感じられるシーン。
ここで2人は耳をやられて、音がおかしくなります。
近くにいる人の声が聴こえない。
そして不穏な耳鳴りが止まらない。
この不穏な耳鳴りの音が、2人が笑い合っているような何気ないシーンにも暗い影を落とし、この先の恐ろしい出来事を予感させます。

強烈なラストシーンは、ナチスだけでなく、今世界中で起こっている内紛やテロ組織を思わずにはいられません。
「憎しみが憎しみを生む」なんて簡単に言うけど、それがいかにリアルな実態を伴わない言葉か痛感させられました。

床に並べられた人形、牛の目、空を漂う戦闘機、そして人々の叫び声……
きっと時々記憶の中から現れては、この世で実際に起こった絶対に忘れてはいけない蛮行を私に思い出させてくれることと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
hhelibe
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る