ブレックファスト・クラブ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ブレックファスト・クラブ
20%
58%
17%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

学校側から休日登校の間を言い渡された男女5人の高校生が、友情の絆に結ばれていく姿を描く。製作は「すてきな片想い」の監督を手掛けたジョン・ヒューズとネッド・タネン、監督・脚本もヒューズが担当。撮影はトーマス・デル・ルース、音楽はキース・フォースーが担当。出演はエミリオ・エステヴェス、ジャド・ネルソンなど。

1985年製作/アメリカ
原題:The Breakfast Club
配給:ユニヴァーサル=UIP

ストーリー

1984年3月24日、土曜日の早朝、イリノイ州シャーマー・ハイスクールの5人の生徒が、休日にもかかわらず登校してきた。彼らを学校に寄びつけたヴァーノン先生(ポール・グリーソン)は、図書室に5人を集め、<自分とは何か?>という題日でエッセイを書くよう命じた。午後4時までの約9時間の自習タイムが始まった。それまでの間、トイレに行く以外席を立ってはいけないとヴァーノン先生は言い残し、隣りの職員室へ引き上げた。彼らには、それぞれ、休日に登校しなければならない理由が解ってた。まず、学校中の嫌われ者ジョン(ジヤド・ネルソン)が、図書室のドアの止め金に細工をし、ドアが開けっぱなしにならないようにした。休日登校させられた訳を4人にしつこく問い正すジョンに、美人のクレア(モリー・リングウォルド)と、スポーツマンのアンドリュー(エミリオ・エステヴェス)は特に腹を立てた。やがて昼食の時間になり、思い思いに持参のランチを取り出し食べ始める。そんな時、ジョンはヴァーノン先生の目を盗み、マリファナの隠してある自分のロッカーに皆を誘った。彼の誘いに乗った4人ではあったが、図書室に帰る途中、部屋を出ていたヴァーノン先生の姿を見つける。先生の目を盗んで帰ろうとする5人だったが、どうしても図書室にたどりつけない。ジョンは自らオトリになり、奇声を発して先生の気を引いているうちに、4人を図書室へ帰した。1人別室にジョンは移されるが、排気口を通って図書室に戻ってきた。やがて5人はマリファナ・パーティを始める。心地良くトリップした5人は、次々に今日登校させられた理由を語り出した。レスリング部のアンドリューは仲間の選手に悪戯をしたため。ブライアン(アンソニー・マイケル・ホール)は工芸科目を落としてしまったから。アリソン(アリ・シーディ)は休日にもすることがないという理由で登校に加わり、クレアの場合はヤル気を起こさせようとの先生の考えからだった。そしてジョンは人一倍の反抗心故に。これまで顔は知っていても何一つ共通するものを持たなかった5人。だが、それぞれの悩みや疑問を語り合ううちに、いつのまにか心の秘密までをも隠すことなく吐露し、次第に強い絆で結ばれていく。エッセイは結局、ブライアンが5人を代表して書き上げ、彼らは校舎を出た。若さの傷みや優しさを、数時間一緒にいることで互いに知り合った5人は朝とはうって変わった晴れ晴れとした表情で、それぞれに別れの言葉を交わし家路についた。彼等の顔には以前のように暗く思い悩む影などはなかった。明日から又、学校で一緒に会えるという喜びで光り輝く5人の顔が眩しかった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0結晶みたいな時間

753さん
2020年5月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

あー嬉しい、胸が苦しい。
愛おしい、やっぱり胸が苦しい。

唐突だ。脈絡もない。そもそも意味なんかない。
あと先など考えもしない。少し先の未来も見えない。そもそも未来などない。
家族との時間が辛い。
家族との時間が辛すぎる。
本音で話したい。
本音が自分で分からない。
人の気持ちが分からない。
自分の気持ちが分からない。
セックスのことだけ考えていたい。
セックスのことが分からない。
とてつもなく不安で笑えてくる。
今はただ踊っていたい。

ゴム靴の立てるリズム。
環境と役割。それに基づくキャラクター。
典型的で、かつ完全に効果的な音楽。

歳を重ねるだけ、歩いていける距離は伸びる。電車にも乗れる。世界が広がる。
それでも行動範囲の中心にはいつだって家族がいて、そこを軸に波紋みたいに広がりながら回る同心円。
それぞれの人生。それぞれの地獄。

聞こえてくるサイレン、犬の吠える声。微かな環境音が彼らの生きる世界を物語る。

“若者が変わろうとしているとき
説教をしても何も効果はない
自分の変化はちゃんと分かっているから”

子供は変わる。どうしようもなく。
人生で一番大事な瞬間は青春時代に詰まってる。死ぬまで気付かない人もいるほどささやかに。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
753

4.5私的ベスト青春映画。大人に対する不満、誰しもこの年代感じるとおもい...

rrringo0さん
2020年4月28日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
rrringo0

2.5モヤモヤ

YURIさん
2020年3月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
YURI

4.0寄せては返す感情の波

mtmtさん
2020年3月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

名作なのでだいたいこんな話ってわかって見始めた。
何度かこれで打ち解けられると思えるシーンがあるが、また衝突してしまう。
人間の特に高校生くらいの感情は、そんなに簡単に繋ぎ留められるものではない表れか。
月曜の朝、この関係性は崩れてしまっているかもしれない。
それでもこの一時自分の内面をさらけ出せたことは、これから先もそれぞれの役割を演じながら生きていく彼らにとっては、確かな絆として残るだろう。
そんな素敵な1日のお話。見て良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mtmt
すべての映画レビューを見る(全18件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ブレックファスト・クラブ」以外にこんな作品をCheck-inしています。