狼よさらば

劇場公開日

7%
49%
41%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

犯罪の温床ニューヨークを舞台に、妻子を殺されたビジネスマンの復讐を描く。製作総指揮はディノ・デ・ラウレンティス、製作はハル・ランダースとボビー・ロバーツ、監督は「シンジケート」のマイケル・ウィナー、脚本はウェンデル・メイス、原作はブライアン・ガーフィールド、撮影はアーサー・J・オーニッツ、音楽はハービー・ハンコックが各々担当。出演はチャールズ・ブロンソン、ホープ・ラング、ヴィンセント・ガーディニア、スティーヴン・キーツ、ウィリアム・レッドフィールド、キャサリン・トーラン、、スチュアート・マーゴリン、ジェフ・ゴールドブラム、グレゴリー・ロザキス、クリストファー・ローガンなど。

1974年製作/アメリカ
原題:Death Wish
配給:コロムビア映画

ストーリー

ポール・カージー(チャールズ・ブロンソン)は、受話器の向こうから聞こえてくる声に、一瞬身を固くした。“義母さんとキャロルが入院したと、警察から連絡がありました”。電話は娘キャロルの夫ジャクソン(スティーヴン・キーツ)からだった。とるものもとりあえず救急病院に駆けつけたポールは、妻のジョアンナが何者かに襲われて殺されたこと、キャロルが暴行されたことを聞かされ、怒りのために身体の震えをとめることができなかった。彼はブルーリッジ開発の有能な技師で、ハドソン河を見おろすアパートに住んでいた。ニューヨークの典型的な中産階級であり、平凡だが幸わせな生活だった。その生活が、今何者かの手によって根底から破壊されたのだ。ポールは仕事に戻った。黙々と仕事をする以外、この悲しみを消す術はない。見るに見かねた社長が、彼にテキサス州ツーソンへの出張を命じた。新しい開発計画について検討するのが仕事だった。ツーソンでは現地の開発会社のエームズ・ジェインチル(スチュアート・マーゴリン)が出迎えてくれた。ここでもポールは、自分自身を痛めつけるように働くが、ある夜、エームズは息抜きにと自宅の射撃場へ案内した。銃を手にしながら、ポールは過去を語った。父が狩猟家で、鹿と間違われて仲間に射殺されたこと、彼自身は朝鮮戦争に従軍したが、良心的参戦者として銃はとらなかったこと‥‥。彼のにぎる1890年製レボルガーが標的めがけよどみなく弾丸を吐きだした。彼の体の中で父の血が甦ったようだった。エームズに銃を贈られ、ニューヨークに帰ってきたポールは、ジャクソンから絶望的な知らせをうけた。キャロルは事件以来、植物と同じだというのだ。やり場のない怒りと共に、消そうとしても消せない欲望が湧き上がるのを感じた。闇に閉ざされたリバーサイド公園で、ポールは自分をうかがっている眼を感じた。チンピラ風の若者が拳銃を構えて迫ってくる。“金を出せ、いう通りにしないとぶっ殺すぞ”、ポールの右手はその瞬間、ポケットの拳銃を掴んでいた。引き金を引いたとき、若者の身体がはじき飛んだ。ポールは小走りにその場を去ると部屋に駆け込んだ。翌日、心のわだかまりが吹きとんだような気分を味わった。彼はその日から、チンピラを殺すために夜の街を彷徨するようになった。獲物にはこと欠かない。アパートのそばの路地で3人、地下鉄の車内で2人。マスコミも、この正体不明の殺人者をむしろ歓迎する風で、“私立警察”のニック・ネームが示すようにポールは全米の期待を一身に集める現代のヒーローとなった。もちろん犯罪は犯罪であり、警察も捜査に本腰を入れた。特に地下鉄の中に落ちていたマーケットの紙袋は有力な手がかりとなり、加えて第4の犯罪の現場には犯人のものらしい血痕が残されていた。捜査の指揮をとるのはオコア警部(ヴィンセント・ガーディニア)だった。4つの現場とスーパーに近い地域に住み、家族がチンピラの被害を受け、戦争体験のある男、警部はポールの犯行と断定した。だがなぜか捕える気になれなかった。1人の市民が自分たちに代ってやりとげていることを罪とはいいきれないからである。やがて第5の犯罪が起き、ポール自身も傷ついた。彼を尾行した警部は待っていたときが来たことを感じた。ポールを病院に見舞った警部は現場で拾った1890年型の拳銃を見せながらいった。“君がどこかの支店に転勤すればこいつを河へ捨てるがね”。ポールの罪を不問にするには、こうするのが1番いいと思ったからだ。数週間後、シカゴの空港にポールがついた。足こそ不自由だったが、その顔にはかつての暗い翳はない。そして、ニューヨーク市民は今でも“私立警察”が、暗闇からチンピラどもににらみをきかせていると信じている。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

写真提供:アマナイメージズ

映画レビュー

3.0全5作邦題がバラバラ

としさん
2021年11月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2021年11月16日
映画 #狼よさらば (1974年)鑑賞

名前だけは知っていたけど見たことがなかった作品
#チャールズ・ブロンソン はてっきり元軍人等の設定と思いきや建築家
ブロンソン本人が、#ダスティン・ホフマン とかが適役と言ったそうだが、そのとおりと思った
でもシリーズ化されてるからね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

3.0ポール・カージー

myzkkさん
2021年10月15日
iPhoneアプリから投稿

ポール・カージーって有名なのか。
death wish という本の映画化
この映画のほかにも映画化されているようだ。
ブロンソンが、初めは平和主義者
戦争でも医療班について、銃を持たないようだ。
これには過去の事件?事故が関わっている。
しかしシカゴに移っても変わらないのでは。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
myzkk

3.5自警団

JYARIさん
2021年6月9日
iPhoneアプリから投稿

ジョーカー繋がりで鑑賞。

狼よさらば、このセリフだけでもかっこいい。

それから対面する刑事との関係性や、
ラストシーンにいたるまで、素晴らしい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI

3.5アメリカの歪みが生み出した狼

柴左近さん
2021年5月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

興奮

経済が発展するにつれて、開拓精神、自衛本能を失っていったアメリカ人。
犯罪は横行し、それを取り締まる警察や司法はパンク状態。悪漢に愛する者を奪われた者たちの傷は、癒えることなく深くなる一方だ。

しかしそこは我らがマンダム、ブロンソン。やられっぱなしじゃいられねぇ!銃を手にした彼は、街に巣食う悪漢共を片っ端から粛清していく。
それは単なる復讐心からだったかもしれないが、段々と私情を離れ私刑という行為自体にのめり込んでいく。
正義のヒーローとは言えない主人公像だが、これが当時大衆に受けたのは納得。

展開は、めちゃくちゃわかりやすい。
登場人物の台詞も説明臭く、社会への不満が溢れている。少々くどくてB級感半端ないが、ブロンソン演じるポール・カージーのバックボーンがしっかり描写されていたり、時代がしっかり反映された内容、ハービー・ハンコックの音楽のお陰で他の70年代のB級アクションとは一線を画す。

なんといってもいぶし銀のブロンソンが絵になる。全く説得力のない不動産屋という設定も全然気にならない。とにかくカッコいい。
言い方が悪いが、スター俳優はB級映画と相性が良い気がする。脚本が優れているに越したことがないのは確かだが、多少安っぽいストーリーでも分かりやすくカッコよくスターを活躍させてくれた方がファンは喜ぶし、なんせスターは脚本の穴を埋める力があるからだ。
ブロンソンは正にそんなスターの一人だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
柴左近
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「デス・ウィッシュ」シリーズ関連作品