マイケル・ウィナー

マイケル・ウィナー
英語表記
Michael Winner
誕生日
1935年10月30日
没日
2013年1月21日
出身
イギリス/ロンドン

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

BBCに勤めた後、自ら脚本を書いた「Shoot to Kill(原題)」(60)で長編映画監督デビュー。その後、オリバー・リード主演の「ジョーカー野郎」(67)や「脱走山脈」(69)のメガホンをとり、71年にアメリカに渡って「追跡者」を監督。「メカニック」(72)、「シンジケート」(73)でタッグを組んできたチャールズ・ブロンソンを主演に迎えた「狼よさらば」(74)が大ヒットし、続編の「ロサンゼルス」(82)、「スーパー・マグナム」(85)でもメガホンをとった。美食家としても知られ、晩年は英サンデー・タイムズ紙にレストランのレビューコラムを連載。英国内では、保険会社のCMでもお馴染みだった。11年に元ダンサーのジェラルディーン・リントン=エドワーズと結婚。13年1月21日、肝臓疾患のため77歳で死去。「Parting Shots(原題)」(98)が最後の監督作となった。

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

狼よさらば (字幕版)妖精たちの森

Powered by Amazon

関連作品(映画)

マイケル・ウィナーの関連作品(映画)をもっと見る

関連記事

マイケル・ウィナーの関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「マイケル・ウィナー」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る