メカニック(1972)

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

“メカニック”と呼ばれる熟練の殺し屋の孤独な世界を描く。製作はロバート・チャートフ、アーウィン・ウィンクラー、ルイス・ジョン・カルリーノ、監督は「妖精たちの森」のマイケル・ウィナー、脚本はルイス・ジョン・カルリーノ、撮影はリチャード・H・クライン、音楽はジェリー・フィールディング、編集はフレデリック・ウィルソンが各々担当。出演はチャールズ・ブロンソン、キーナン・ウィン、ジャン=マイケル・ヴィンセント、ジル・アイアランド、リンダ・リッジウェイ、フランク・デ・コヴァ、ケヴィン・オニールなど。

1972年製作/100分/アメリカ
原題:The Mechanic
配給:ユナイト映画

ストーリー

ロサンゼルスのある安ホテルの1室で、向かいのアパートを凝視する男があった。やがて夜が白々と明ける頃、そのアパートは大爆発を起こした。男はアーサー・ビショップ(チャールズ・ブロンソン)、ある組織に雇われている殺し屋なのだ。殺しを科学と心得、危険で難解なものへのあくなき探究と、なしとげた時の満足感。素早く、完璧に芸術的な情熱をもって行なう正確無比な天職。彼はメカニックと呼ばれていた。翌日、家には次の指令が届いていた。分厚い封筒の中には犠牲者の完全な資料が入っていた。その犠牲者は、死んだ父の友人で、組織の1員でもあるハリー・マッケンナ(キーナン・ウィン)だった。ハリーは事故死と処理され、その葬式でアーサーは彼の息子スティーヴ(ジャン=マイケル・ヴィンセント)と会った。職業上、アーサーは決して人を近づけなかったが、若くて向こうみずなこの青年に不思議な親近感を覚えた。その頃アーサーは時々めまいに襲われるようになり、医者から極度の緊張が原因だといわれていたため、スティーヴを助手として使おうと考えた。射撃、ハンドボール、曲乗り飛行、スティーヴは着々と殺し屋に変貌していった。やがて次の殺人指令が届いた。麻薬密売の3人の若者を殺害せよ、という。この殺しにアーサーは無断でスティーヴに手伝わせたため、激しく叱責された。次の命令が下り、アーサーはコールガール(ジル・アイアランド)のもとで一瞬の休息をむさぼった。今度はイタリアでの暗殺だった。なぜかアーサーは気が進まなかったが、スティーヴに連絡しようと彼の邸を訪れた。そして彼の机の中に、アーサー・ビッショップの暗殺指令を発見した。今や彼自身が犠牲者の立場に立ったのだ。スティーヴがどうでるか、死という名のゲームが開始された。夜明け前、アーサーとスティーヴは岬に停泊するヨットへアクアラングで泳ぎつき獲物を求めた。が、船の中には敵の姿は無かった。とっさにアーサーは事態が読めた。暗殺指令自体が罠だったのだ。2人は時限爆弾を仕掛けて車を飛び降りた。窮地を切り抜け、もはやナポリに用はない。ホテルを引き払う時スティーヴが陽気に声をかけアーサーの愛飲するワインで2人は乾杯した。グラスをあけながらアーサーは、スティーヴがもはや1人前の殺し屋に成長したと感じた。が、その瞬間、アーサーは倒れた。スティーヴが組織から命令されたアーサー暗殺計画を遂行するために、グラスに毒を塗っておいたのだ。アーサーの意識は次第に遠のいていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0変な映画

2017年5月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

だなぁ〜、と思って見てました。
メカニックと呼ばれるほど精密な殺しをしているわけでもなく、綿密な作戦を立ててる感じもせず、結構、自分のスキルと運に頼っているような気が…

って、45年も前の映画なので、当時としては良かったのでしょうね。

道具が色々と面白かった。双眼鏡カメラは最高だね!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サケビオース

3.0正統派犯罪映画

colt45SAAさん
2014年2月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

興奮

確か中学生くらいに「月曜ロードショー」で観た記憶がある。
ジャン・マイケル・ビンセント人気があったなぁー。
去年❓リメイク作を観た。
「こんな映画だっけ?」てな印象。
とにかく非情な男達の話である。依頼されれば仕事に忠実で多分親でも殺す殺し屋「メカニック」の話です…
その緻密さ、万能さには目を見張るものがあある。
やはりブロンソンの存在は大。
40年前の映画だけど古さが気にならない。
エヴァーグリーンって事ですか、これが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
colt45SAA
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る