ダーティハリー2

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ダーティハリー2
10%
47%
42%
0%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

自ら暴力を持って悪を制するハリー・キャラハン刑事が主人公の「ダーティハリー」シリーズ第2作目。製作はロバート・デイリー、監督は「続・猿の惑星」のテッド・ポスト、ジョン・ミリアスの原案をミリアス自身とマイケル・チミノが脚色、撮影はフランク・スタンレー、音楽はラロ・シフリン、編集はフェリス・ウェブスターが各々担当。出演はクリント・イーストウッド、ハル・ホルブルック、ミッチェル・ライアン、デイヴィッド・ソウル、フェルトン・ペリー、ロバート・ユーリック、キップ・ニーヴェン、ティム・マティソン、クリスティーヌ・ホワイト、リチャード・デヴォンなど。

1973年製作/124分/アメリカ
原題:Magnum Force
配給:ワーナー映画

ストーリー

ダーティハリーことハリー・キャラハン刑事(クリント・イーストウッド)は忙しかった。ハイジャック事件を片づけると次は4人組の武装警官による容疑者事件に取り組まなければならなくなった。数日後、今度は山の手の別荘地で殺人事件が起こった。殺されたのは法の盲点をついてのし上がってきた悪党だったが、家族、友人たちと一緒にプールで遊んでいた所を例の謎の警官が、マシンガンで皆殺しという残虐さである。さらに第3、第4の犠牲者が出た。売春組織と麻薬組織の大物だった。そしてパトロール中のハリーの友人チャーリー・マッコイ(ミッチェル・ライアン)も射殺された。親友マッコイの仇をを討つためにも、ハリーは捜査に全力をあげた。そしてとうとうその尻尾を掴んだ。犯人はベン・デービス(デイヴィッド・ソウル)、ジョン・グライムス(ロバート・ウィック)、フィル・スイート(ティム・マティソン)、レッド・アストラカン(キップ・ニーヴェン)の4人の新米警官だった。だが、彼らは何ら悪びれた所はなく、自分たちはナマぬるい法律にかわって悪を裁いただけだと主張し、逆にハリーを脅しにかかった。犯人たちはハリーの証拠固めを妨害し、彼のアパートに爆弾を仕掛けた。間一髪でハリーは助かったが、相棒の黒人警官アーリー・スミス(フェルトン・ペリー)は即死だった。怒り心頭に達したハリーは上司のブリッグス(ハル・ホルブルック)に全ての証拠が揃ったことを連絡した。早速やってきたブリッグスの車で本署に向かおうとしたが、意外にもブリッグスは若者グループのリーダーだった。拳銃を取り上げられたハリーの後からは死刑執行人たちがつけてくる。一瞬のスキに乗じたハリーはブリッグスを叩きのめしハンドルを奪った・シスコの急坂で猛烈な追撃戦が始まった。ハリーは造船所に廃棄されていた空母の中へ逃げ込んだ。彼は血みどろに傷つきながらもついに一味をやっつけた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0「ワイルド7な白バイ軍団とテレビ放送でカットされる見せ場のアクションとミソジニー感は誰?」

2021年3月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

映画の始まりからして何とも印象的な赤いバックにM29拳銃がアップで映しだされて、ラロ・シフリンのスリリングな旋律と女性コーラスにタイトルとクレジットが入り、取り敢えず観客に向かってマグナムを一発ブッ放す冒頭がサイコーな続編なのだが、今の社会情勢で見ると女性たちの扱いが結構スレスレかアウトな作品でもある。

公開当時は、「前作を超える15の見せ場を満載!」のコピーに偽りない刑事アクションで、イーストウッドのハリー刑事も2作目で更に板に付き、その仕草に惚れ惚れする。

個人的には、望月幹也の傑作劇画「ワイルド7」みたいな自警団白バイ警官達とハリー刑事の死闘を描く後半よりも、前半から中盤にあるバイオレントなガンアクションが最大の見せ場。

印象的なオープニングから白バイ警官がコルトパイソン357マグナムで悪人達の頭を粉砕する場面や特に飛行機内でハイジャック犯を壁越しに射殺するハリー刑事の見事な腕前は、別の形でその後に反復される。

この作品80年代から90年代に繰り返しテレビ放送されてので、そこで観た人も多いと思うが、中盤にハリーと相棒のアーリー刑事がスーパーマーケットに押し入った四人組の強盗を撃退する場面が、テレビ放送だとカットされている。本筋とは関係ないので仕方ないのだが、結構な見せ場で、見逃している人にはお勧めしたい場面である。
カットされた場面は、リアルかつサスペンスフルに描かれて、マジックミラーや遮蔽物を利用したオーソドックスなアクションで、活躍するハリー刑事たちの姿は、ハイジャック犯を壁越しに射殺するところの踏襲と反復をしている。

壁越しといえば、ヤクザの事務所にガサ入れき入ったときに、白バイ警官の一人がドア越しに射殺されているのは、上記した反復なのだろうか。

前作では、無かったハリー刑事の私生活も描かれて、キャラクターに親近感を増すところや、ハリー刑事がゲイや有色人種を偏見なく扱う姿もキチンと描写されているので、当時はあまり気にならなかったが、見直すと白バイ警官達や暗殺される悪党たちに巻き込まれる女性達への行き過ぎたミソジニーが多々見受けられる。
殺虫剤を飲まされて殺させる黒人娼婦や全裸の状態で銃弾を受けてビルから転落する女性など残虐な場面が多々あり女性憎悪を感じる。

原案脚本と初稿を担当したジョン・ミリアスのインタビューによると、黒人娼婦殺人は、新聞記事から引用したらしいが、ハリーと関係を持つアジア女性のところは、多分、マイケル・チミノが改稿した様子で、ここに出てくるミソジニー要素は、のちのマイケル・チミノ作品にも度々跨げている。

脚本と初監督作品の『サンダーボルト』でも全裸で誘惑してくる女性や友情を超えた男たちの愛情表現がユーモアも交えて描写されているが、押し入った家の全裸の娘に息荒く拳銃を突き付けたり、ジェフ・ブリジッスが女装したりレイプ紛いに暴行されるなどの場面やジョージ・ケネディ達のホモソーシャルな倒錯感も凄まじい。
それ以降の作品の『天国の門』『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』やウィリアム・ワイラーの名作リメイク『逃亡者』(脚本のクレジットなし)でもサディスティックな関係とレイプされる女性たちが度々登場する。
ただし自分はこれらのチミノ作品の刹那的な美しさや電光石火のバイオレンスに夢中になっていたし、映画としての傑作で面白さは抜群だと思う。

自警団として悪人をリンチする四人の白バイ警官も変質性でゲイ的に見られており、映画でカットされた場面で友人の白バイ警官チャーリーの葬式帰りにハリー刑事と自警団白バイ隊員のジョン・デイヴィスと駐車場で強盗を捕らえる場面がカットされている。
この場面でジョンのサイコパスな一面が見えてハリー刑事が、彼に疑いをかけるシチュエーションなのだが、スチール写真のみしか素材が残って無い様子。

演出は、ハードタッチの巨匠ドン・シーゲルから職人的な印象のあるデット・ポスト監督に代わっているが、見せ場の連続と静かなスリラー的演出でメリハリもありアクションとドラマを盛り上げている。
この監督は、割と不気味な雰囲気を出すのに長けている印象で、イーストウッドのイタリアからアメリカへの凱旋作なのにとても陰惨な印象の暗い西部劇『奴らを高く吊るせ』での絶えずリンチや襲撃されて瀕死の状態になる主人公やベトナム戦争映画の隠れた傑作『戦場』で、身ぐるみを剥がされ放置された兵士の姿や「この地を去れ」警告する不気味な老人などの理不尽な状況に喘ぐ人物が度々登場する。そういえば監督した『続・猿の惑星』のミュータントも子供頃に観てとても怖かった記憶があり。

と見所満載な本作だが、気になるのは、終盤の廃棄された空母艦内での攻防戦は、当時別の作品を掛け持ちしてデッド・ポスト監督が不在の時に、イーストウッド自身と、のちにイーストウッド作品を監督するバディ・バン・ホーンが演出したらしいが、撮影もカット割り含めて出来が悪くて正直この作品の欠点の部分だと思っている。

イーストウッドは、当時2本の監督作があり、初監督の『恐怖のメロディ』などは堂々たるサイコスリラーで注目されたが、2本目の『荒野のストレンジャー』は、のちの傑作「ペイルライダー』の習作に近い出来栄えで、湖畔のセット・ロケーションなどが面白い佳作だが、幼少の初見時は、マカロニウエスタンの爽快感などはなく戸惑っていた。
バディ・バン・ホーン監督に至っては、『ピンクキャデラック』などの振るわない作品を監督しており、公開当時これでイーストウッドのキャリアも下降線になると思われる出来事だった。(いま観るとどうなんだろう?)

最近のコンプライアンス的な部分を指摘してしまう作品だが、70年代ハードアクションの傑作の一つであり、昔放映されたテレビ版しか見ていないひとには、スーパーでの銃撃戦などのカットされた傑作な見せ場を堪能して欲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミラーズ

3.0A man’s got to know his limitations

Kjさん
2020年4月20日
iPhoneアプリから投稿

前作で私刑を描きながらもこちらでは私刑団が出てきて、真逆のメッセージ性を発する。ポリティカリーコレクトであるが、相手が少し極端かな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kj

4.0見せ場たっぷり!

2020年2月9日
スマートフォンから投稿

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
映画は生き甲斐

3.0安定のハリー

2018年10月26日
PCから投稿

安定で強いから、なんの心配もなく。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハワイアン映画道の弟子
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ダーティハリー」シリーズ関連作品