アラビアのロレンス

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
アラビアのロレンス
20%
53%
24%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

T・E・ロレンス自伝『知恵の七柱』からロバート・ボルトが脚色し、「戦場にかける橋」のデイヴィッド・リーンが監督した七〇ミリスペクタクル。撮影はフレデリック・A・ヤング、音楽はモーリス・ジャール。出演者は舞台俳優のピーター・オトゥール、「戦艦デファイアント号の反乱」のアレック・ギネス、「バラバ」のアンソニー・クイン・「紳士同盟」のジャック・ホーキンス、「カサブランカ」のクロード・レインズ、ホセ・フェラー、アーサー・ケネディ、アンソニー・クェイルなど。製作はサム・スピーゲル。テクニカラー・スーパーパナピジョン七〇ミリ。

1962年製作/227分/イギリス
原題:Lawrence of Arabia
配給:コロムビア

オフィシャルサイト

ストーリー

一九一六年、英国陸軍カイロ司令部に勤務中のロレンス少尉(ピーター・オトゥール)は、三ヵ月の欠勤許可をもらった。理由は、現在トルコに対して反乱を起しつつあるアラブ民族の情勢を確かめることにあった。早速ロレンスは灼熱の砂漠の中を反乱軍の指揮者フェイサル王子(アレック・ギネス)の陣営に旅立ったが、途中、同じ民族が血を流しあうのを見て愛想をつかし、ハリス族首長アリの案内申し出を断った。陣営近くで英軍の連絡将校ブライトン大佐(アンソニー・クェイル)に逢ったが、陣営につくや突如トルコ空軍の爆撃を受けた。そこでロレンスは近代武力の前に暴露されたアラブ反乱軍の無力さをまざまざと見せつけられた。ブライトン大佐は彼らに英軍の武器による指導と訓練を提案したが、ロレンスはゲリラ戦を主張した。つまり、トルコ軍の重要地点アカバの反対側にいるアウダ(アンソニー・クイン)を首長とするホウエイタット族と手を結び、背後から敵連絡網などを叩いて撹乱させるという作戦だった。日が経つにつれて、ロレンスの部隊は全く疲労し、ラクダも人も次々と砂の上に倒れて行った。ある夜、部隊全員がアウダの陣営に招待された。ロレンスとアリはアラブ民族の団結を説いたが、アウダは一笑に付すだけだった。が、アカバに秘宝があるという話を聞くと、彼はロレンスに助力を約した。補強された部隊が進撃中、ガシムがアウダの部下と争い相手を殺してしまった。“眼には眼を”という砂漠の掟により、ガシムを殺さねばならなかった。死を賭してまで救ったガシムだったが、ロレンスは引金を引いた。アカバでの戦いは苛烈をきわめた。燃えるものは全て焼き尽され、ロレンスが意識を回復したときにはトルコ兵の姿はなく、アウダが役にも立たない秘宝の箱を抱えているだけだった。ロレンスはアカバ攻略を告げるためカイロに向った。カイロに着くと司令官が変りアレンビー将軍(ジャック・ホーキンス)になっていた。ロレンスは、新たな任務を与えられた。ゲリラ戦の指導者である。何回目かの鉄道爆破のとき、部下のファラジが重傷を負った。ロレンスは秘密のもれるのを恐れ、その場で射殺した。エルサレムに行ったロレンスは、すでに英仏両国間にアラブとトルコの土地を二等分するというサイクス=ピコット条約が結ばれているのを知り愕然とした。が、ロレンスのゲリラ部隊は再編成され、アリもアウダも参加していた。部隊がロレンス支持者の集落へ来たとき、すでに集落はトルコ軍の襲撃を受け燃え上り眼前に悲惨な光景が待っていた。怒ったロレンスはトルコ兵を最後の一人までも追って殺害した。種族間の争いが起り、アウダは部下を連れ砂漠へ帰り、アリは政治の勉強のためダマスカスに残ると言った。その時ロレンスはトルコの病院に忘れられている二百人の重傷者のことに心がおよんだ。彼はアラビア人の服をまとうと病院へ向った。だが、服装で誤解した英国の軍医に、彼こそこの惨状を引き起したアラビア人の張本人だと平手打ちを食わされた。アレンビー将軍の司令部でも、やがてシリアの王となるフェイサルにとっても、ロレンスは無用の者となりつつあった。彼は態のいい追放を受けた。その時はじめて彼の心に孤独感がしみわたった。大佐への進級と、英国への帰還船に個室が用意されたことだけが、ロレンスの砂漠での功績に対する感謝の印だった。軍用乗用車でダマスカスを発ったロレンスは、窓外に顔なじみを探したが、誰一人として彼に気づく者はいなかった。ロレンスを覚えているのは荒漠たる砂漠の広がりだけかも知れなかった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第35回 アカデミー賞(1963年)

受賞

作品賞  
監督賞 デビッド・リーン
撮影賞(カラー) フレディ・ヤング
編集賞 アン・V・コーツ
作曲賞 モーリス・ジャール
美術賞(カラー)  
音響賞  

第20回 ゴールデングローブ賞(1963年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演男優賞 オマー・シャリフ
最優秀監督賞 デビッド・リーン

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) ピーター・オトゥール
最優秀主演男優賞(ドラマ) アンソニー・クイン
最優秀作曲賞 モーリス・ジャール
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

3.0ラクダは従順で強し!

2020年5月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

評価の高い名画と知り、DVDを入手して視聴しました。1962年、ワタクシが2歳の時の映画で、ここまで壮大に作り上げたことには驚嘆しつつ、いっぽうで英国人のかたくなな紳士ぶりに違和感を覚えたのも事実です。砂漠における主人公は、持久力に優れたラクダであるということですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
赤羽のプリンスおやじ(1960年生まれ)

4.0四時間が短く、映画を見たなあ

2020年1月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

という感じ。

ホームシアターで二度ほど見たが、やっぱり劇場スクリーンは素晴らしかつた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
昔から映画好き

5.0アントキのロレンス

2019年11月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

知的

『叔母からもらったパンフレット』

手元にある本作の、昭和48年リバイバル時のパンフレット、表紙右下に「スーパー・シネラマ方式上映/梅田OS劇場」とあり、シビれる場面が、ページのど真ん中にある。アリの肩越しに砂漠を指差すロレンスの写真、横に書かれた台詞「ロレンス大佐、あなたを砂漠にひきつけているのは、何です?」、「…清潔だからだ」😍

かなり昔、映画好きだと言ったら、難波に住む叔母が20冊程くれた。へストンファンの叔母だったので、ほぼチャールトン・へストンの作品で、しかも史劇ばっかり😥「ベン・ハー」「十戒」「偉大な生涯の物語」「ジュリアス・シーザー」「アントニーとクレオパトラ」「華麗なる激情」「ダンディー少佐」…でも、私が一番喜んだのが「大脱走」の初公開版、ページ開くと独房の鉄格子状に紙が切られ、マックイーンの目のあたりが見え、開くとカラーの顔のアップ。他、「バラバ」や「天地創造」「ドクトル・ジハコ」とかもあった。ロレンスも…数年後に殆ど観るが…良いテキストになりました。亡き叔母に感謝🙏

『西梅田/大毎地下劇場』

1976年の秋、受験ストレス解消に、父は映画に連れて行かせてくれました。今や無くなった、西梅田の堂島辺りにあった、二本立て専門館、ビルのB1にある大毎地下に行きました。小さい劇場で観たのに、サイズ感が気にならない程、引きずり込まれ、砂漠を旅している様な気持ちに、何度も手で顔を触り、砂が着いてる錯覚すらありました… 感動の熱砂塵⛅

『岸田森』

水野晴郎の水曜ロードショーで、1978年4月、2週に分け放送。吹替=ピーター・オトゥール: 岸田森/アレック・ギネス:内田稔/ アンソニー・クイン:北村和夫/オマー・シャリフ:新克利/ジャック・ホーキンス:佐野浅夫/アーサー・ケネディ:穂積隆信/アンソニー・クエイル: 宮川洋一/ホセ・フェラー:森山周一郎/クロード・レインズ:神田隆…という、映画並の贅沢さ。この吹替が再放送も、DVDに入る事も無い理由は…Wikipediaによると「放送素材の状態が悪く音声が一部途切れており使用できない」らしいです。…岸田森サンの震える繊細な声が、ロレンスにぴったりだった記憶があるので…非常に残念です😥

『アンソニー・クイーン』

父はアンソニクイーン、クイーンって言うのですが、私もクイーンだと…あんないかつい顔で女王(笑)って…ロレンス観た、後か先か忘れましたが、これまた無くなった、神戸本山の甲南アサヒに、父と「ナバロンの要塞」を観に行きました。ロレンスにも出演してた2人のアンソニーさん。で、帰って映画名鑑見たら、QUEENじゃなく「QUINN」…親子で教養の無さバレ😥恥ずかしいっす🙇…それでも、古今東西の名作、駄作観せてくれた、亡き父に感謝🙏

*鞭で打たれるシーン、打ってる悪役は、ジュリアーノ・ジェンマのマカロニウェスタン等に出てる「フェルナンド・サンチョ」って人でした。そこでも悪役。

その後、ビデオ~DVD購入すれど、劇場で観る機会を逃し今に至ります。

来年の「午前十時の映画祭」は是非、行きたい…本作に巡り合わせてくれた、亡き父や叔母と一緒に鑑賞する気持ちでね🙏

1976年秋/大毎地下劇場にて鑑賞。

…追記:2020年1月19日「午前十時の映画祭-10・FINAL-」で上映の「完全版」をTOHOシネマズ西宮OSにて鑑賞☺…

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 7 件)
観賞菩薩

5.0何度見ても最高だね。

screenさん
2019年4月14日
PCから投稿

知的

難しい

幸せ

今はないシネラマで、リバイバルを見た。
その後10回ぐらい見た。
こんな映画は見たことがない。哲学がふんだんに入ってる。しかも、美しい。もう作れない時代になった。
デビットリーンは映像が美しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
screen
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「アラビアのロレンス」シリーズ関連作品