難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PARTXVI 借金セミナー

劇場公開日

0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

おなじみミナミの高利貸し・萬田銀次郎が、悪徳霊感商法のトラブルを解決する金融ドラマの劇場版シリーズ通算第17作。監督は「難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PART XV 商工ローン―保証人の落とし穴」の萩庭貞明。天王寺大と郷力也による原作キャラクターを基に、「陰陽師」の江良至が脚本を執筆。撮影監督に「難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PART XV 商工ローン―保証人の落とし穴」の三好和宏があたっている。主演は同作の竹内力、ゲストスターとして「悪名」の山本昌平、渋谷天外が出演している。スーパー16ミリからのブローアップ。2001年1月20日より大阪・新世界東映にて先行上映。

2001年製作/87分/日本
配給:ケイエスエス

ストーリー

経営不振の老舗旅館を立て直したい一心で、ライフ・フロンティアが主催する自己啓発セミナーに参加した遠山は、講演を行っていた廣極寺の住職・前島廣心の勧めで水晶玉を購入。すると、時期を同じくして遠山に外資系のホテルから提携の話が持ち込まれた。このことがきっかけとなり、廣心の力に心酔した遠山は彼に言われるまま、開運の皿や壺を銀次郎に借金して次々に購入していくことに。ところが、それは全てライフ・フロンティアと廣心が仕組んだ霊感商法だったのだ。当然、ホテルからの提携話も嘘。借金だけが残ってしまった遠山は、思い詰めた末に自殺を図る。そんな遠山の姿を見た銀次郎は、宗教法人法第八十一条一項二号を武器に、見事、廣心らから金を取り戻し、遠山を救うことに成功するのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「難波金融伝」シリーズ関連作品