ターミナル

ALLTIME BEST

劇場公開日

22%
58%
16%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

スピルバーグ監督とトム・ハンクスが「プライベート・ライアン」「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」に続き3度目の顔合わせを果たした感動ドラマ。東ヨーロッパの小国からニューヨークの空港に着いたナボルスキーは、祖国で起きたクーデターのためパスポートが無効になり入国を拒否される。だが、彼にはどうしてもニューヨークで果たさなければならないある誓いがあった。彼は入国を目指して空港内に住み着き、さまざまな人々と出会っていく。

2004年製作/129分/アメリカ
原題:The Terminal
配給:UIP

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

TM & (C) 2004 DREAMWORKS LLC

映画レビュー

3.5面白いけど何かが足りない感がある

2021年9月10日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

その完璧なハッピーエンドとはいかないところなのか、各登場人物の本当の幸せを追い求めた?感じに僕は感じたが、そのせいでストーリー的になんか足りないという印象を受けた。
それでもこういったハッピーな映画は見て悪い気にはならない。面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
get yourself

3.5ギャグ映画、主人公の純粋さに心が洗われる

ykさん
2021年9月9日
Androidアプリから投稿

アメリカに訪れた主人公の母国がクーデターにあい、パスポートの権利が消滅し、空港が出られなくなり、空港に住みつく。
主人公の純粋な心にひかれ、気づけばまわりには主人公を応援する人々。
いろいろハプニングありますが、ギャグ映画で笑えてきます。よく転びます。38さい美少がでます、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yk

4.5ほっこり

のんさん
2021年8月23日
iPhoneアプリから投稿

友達もできて、英語も習得して、稼いで
なんだかんだやたら充実してる。

ラストのホーム感すごい。
インドムービーならもう踊り出してる。

ほっこりしました。

ヒロインはかわいいけど、
まーブレブレ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
のん

5.0クラミジアと読み違えてしまった・・・

kossyさん
2021年8月4日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会、映画館

 スピルバーグとハンクスが三度コンビを組んで届けてくれた、今度はハートウォーミング・ストーリー。監督と俳優がご近所さんだから、阿吽の呼吸で作り上げることのできた映画だ。

 知らない外国語の意思疎通、公権力による厄介者払い、そして人々の純粋さというテーマを巨大なJFK空港のセットの中に繰り広げられる人間模様。中心になるのは、戸田奈津子さんの言う「いい人」そのものズバリのトム・ハンクス!彼だからこそ、周りの人たちを幸せにできる男といった役を演じきれるのだろう。また、人間の本質は“善”であるという性善説の考えのスピルバーグならではのキャラクター設定が心を温めてくれました。

 映画の本線は単純なプロットであるため、様々に絡み合う伏線が面白かった。その中で一番は、空港内で仲良くなった友達エンリケ(ディエゴ・ルナ)がトーレス(ゾーイ・サルダナ)に恋しているが、その愛のキューピッド役を全てビクターに頼むというサブストーリーであろう。また、ビクターが恋するアメリアと共通の話題となるナポレオンとジョセフィーヌの件、これがまた見事だ。ハンクスが右手を懐に入れるなんてシーンが洒落ていて、思わずため息が出たくらいだ。極めつけがジャズにまつわる話・・・ベニー・ゴルソン本人が登場する・・・その他のミュージシャンは過去の人になっているのかもしれないが、その出会いが最も感動する場面だ。その他にも「火曜日が嫌い」などといった曜日ネタにも注目です。

 元々はロビン・ウィリアムズと同様にコメディアンであったトム・ハンクスの演技は当然のことながら最高で、キャサリン・ゼタ=ジョーンズがまるで添え物であるかのようにも思えた。脇では、ディエゴ・ルナとゾーイ・サルダナの若手俳優が光り、今後の活躍に期待できるでしょう。「アポは?」が口癖のインド人グプタ(クマール・パラーナ)が渋いです。

【2004年12月映画館にて】当時のレビューまんま

コメントする (コメント数 9 件)
共感した! (共感した人 8 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全103件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る