ターミナル 特集: 98年7月30日の産経新聞に

ホーム > 作品情報 > 映画「ターミナル」 > 特集 > 98年7月30日の産経新聞に
メニュー

ターミナル

劇場公開日 2004年12月18日
2004年12月24日更新

フランスにいた、そして日本にもいた「空港男」

編集部

98年7月30日の産経新聞に掲載された記事成田にも空港男がいた! 98年7月30日の産経新聞に
掲載された記事成田にも空港男がいた!

■Case2 マイケル・オ・マミィン@成田空港

元祖「空港男」がフランス・シャルル・ド・ゴール空港で生活を始めてから10年ほど経ったころ、日本にも「空港男」が現れたことがあるという。調べてみたところ、この男性はカナダ国籍のナイジェリア人マイケル・オ・マミィンさん(38歳)で、98年の5月28日にカナダ・トロントからの片道航空券で成田空港の第1ターミナルに到着。その後、約90日間の滞在許可を得て、第1ターミナルの待合室で生活したそうだ。

そんなマイケルさんには元祖「空港男」のメーランさんとは違って、映画のような立派な理由があった。それは「友人を待っているから」というものだった。カナダから来た彼は「日本で同じ故郷のナイジェリア人の友人と待ち合わせて、その足で祖国のナイジェリアに帰ろうと思っていた」と語っていたが、友人とは連絡が取れず、何日も過ごすうちに所持金も尽き、食事もままなならない状況に追い込まれた。そんな彼に、空港の職員が弁当を差し入れたり、シャワーを特別に使用させてあげたりして便宜を図ったそうだ。

マイケルさんが住んでいたと思われる第1ターミナルのミーティングポイント マイケルさんが住んでいたと思われる
第1ターミナルのミーティングポイント

結局、マイケルさんの友人は現れず、5月28日から90日過ぎた98年8月27日に東京入国管理局の職員が彼を拘留、その後ナイジェリアではなくカナダへ強制送還されたそうだ。

成田空港でのこういったケースは、過去26年の歴史でマイケルさんのケースただ1回だけだという。

「ターミナル」の特集

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ホロリとさせられるマイノリティーによる人情噺
映画評論

空港の中に国境がある。地図の上の山や川ではなく、人が大勢行き来する場所にこそ、人間の思惑が渦巻く場所にこそ国境があるのだと、実感させられる映画だ。突然故国が消滅し、空港ターミナルから出られなくなったビクター・ナボルスキーが対峙するのも...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す