ロッカーズ ROCKERS(2003)

劇場公開日

ロッカーズ ROCKERS(2003)
11%
42%
39%
3%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

博多を舞台にロックに青春をかける若者たちの姿を描く青春映画。ストーリーは、これが長編デビュー作となる陣内孝則監督の実体験に基づいている。

2003年製作/日本
配給:ギャガ・コミュニケーションズ

ストーリー

「ロッカーズ」のVo.ジン(中村俊介)は、材木業を営む両親からバンド活動を反対されている。今日も父親と一悶着の末、実家を飛び出してしまう。ジンが率いるロッカーズのメンバーは、筋肉マニアで女に惚れっぽいDrs.モモちゃん(岡田義徳)。合法ドラッグにハマッっていつもヨレヨレ状態のB.ガクちゃん(佐藤隆太)。女系家族で育ち内股で占いマニアのG.コーちゃん(塚本高史)の腐れ縁4人組。4人で奏でるロックン・ロールに限界を感じたジンは、新メンバーを募集する。早速オーディションを開始したまでは良かったが、いまいちピンとくる人材に出会えず失望する。そこに登場したのが、謎のサングラスの男だった。抜群のテクニックをもつG.タニ(玉木宏)の加入をきっかけに、真剣にプロを目指し始めたロッカーズのメンバーたち。「時間がないんだ!」。いつも冷静なタニだったが、時として信じられないほどの焦りを見せる。失明するかもしれないという目の病を抱えているタニには、時間が残されていなかったのだ。だがそれを決して他のメンバーたちに告げることなく、タニはひとり練習に打ち込む。そんなタニに触発され、馬鹿騒ぎの日々に終止符を打ち、ひたむきに自分たちのロックを追及するロッカーズ。練習に練習を重ね、着実に人気・実力を身に付けてゆき、プロへの登竜門『ビート・ビッグバン!』コンテスト出場が決定する。そんな彼らの一番のライバルは、ビジュアル系バンド「リップオフ」だ。多くの女性ファンを持つVo.桜井(玉山鉄二)率いるリップオフは、常にロッカーズの一歩先を行き、事あるごとにロッカーズをバカにしてきた。「あいつだけには絶対負けない」。固く心に誓うメンバーだったが、大切な日を目前にしてタニの病状は悪化する……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

3.5陣内孝則の青春映画

2017年3月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

ロッカーズとか爆裂都市を知っている者としては陣内孝則の青春物語だと期待していたのだが、単なる陣内孝則が撮った青春映画だった。

これが今やメジャーになった陣内孝則の現在の形なんだろうなぁ…(o´_`o)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アリの人

0.5先の読める展開…

ちぃさん
2016年12月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

ハラハラドキドキなにもない。ノリをよくしてるつもりだろうけど、ネタはないからつまらない。俳優さんたちをもったいない使い方をしている。
陣内孝則のオナニー映画だな…(-_-)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちぃ

5.0邦画史上最高のでき

渡邉さん
2016年2月17日
iPhoneアプリから投稿

必ず見るべきこれで盛り上がらないやつはネクラ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
渡邉

4.0縦ノリロックに青春を捧げた男達

2015年8月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

興奮

博多めんたいロックと呼ばれ、人気を博したバンド、
ザ・ロッカーズのサクセスストーリー。
とは言え、冷静に考えるとザ・モッズ、ルースターズ
らと違い、プロとしての活動期間は彼らの曲の
演奏時間と同じく非常に短かった。
九州でリアルな時を過ごした自分にとって
懐かしさと青春時代がオーバーラップする
忘れられない作品でした。
バンドメンバーの谷さんが交通事故で亡くなり
ご存知、陣内孝則がその思い出を風化させないために
作り上げたこの映画はまさしく彼等の青春そのもの。
博多を舞台に繰り広げられる馬鹿馬鹿しい
バンドマン達のロックンロールが繰り広げられる。
陣内孝則が監督しただけあって博多湾も
全員違和感なく聴けたし、映像も良かった。
劇中の音楽はもちろんロッカーズのものだが
短いので有名な彼等の曲が妙に映像とマッチしていて
心をくすぐります。
出演者達も演技力に定評がある面々が
メンバーを演じていて、特に玉木宏のギターは
吹き替えか本人か解らないが素晴らしい。
友情出演者も多数、特にライブハウスの
オーナ役の小泉今日子はボンデージ衣装に
口ピアスです、陣内監督やるなあ。
他にも監督の交際範囲が伺える蒼々たる面々。
もちろん、出たがりの監督自らもちょい役で
出てますよ。

二時間程度の間にバンドの誕生から、
日常、さらにサクセスストーリー、
終焉まで盛り込んだのは大変だ、
だけども、ダレずに最後まで全力疾走。
そんな彼等の生きざまを見落とすな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
としぱぱ
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ロッカーズ ROCKERS(2003)」以外にこんな作品をCheck-inしています。