その男、凶暴につき

劇場公開日:

解説

ヤクザに雇われた殺し屋と、それを執拗に追う刑事との争いを描く。脚本は「STAY GOLD ステイ・ゴールド」の野沢尚が執筆。監督はビートたけしこと北野武、撮影は「この胸のときめきを」の佐々木原保志がそれぞれ担当。挿入歌は、トレイシー(「ガール・ユー・ニード」)。

1989年製作/103分/日本
配給:松竹富士

ストーリー

一匹狼の刑事・我妻諒介は凶暴なるがゆえに署内から異端視されていた。ある晩、浮浪者を襲った少年の自宅へ押し入り、殴る蹴るの暴行を加えて無理矢理自白させた。暴力には暴力で対抗するのが彼のやり方だった。麻薬売人の柄本が惨殺された事件を追ううち、青年実業家・仁藤と殺し屋・清弘の存在にたどり着いたが、麻薬を横流ししていたのは、諒介の親友で防犯課係長の岩城だった。やがて岩城も口封じのため、自殺に見せかけて殺されてしまう。若い菊地は諒介と組むが、いつもハラハラのし通しだった。一方、清弘の仲間たちは知的障害の少女を諒介の妹と知らずシャブ漬けにして輪姦する。諒介は刑事を辞めて、岩城の復讐のために仁藤を撃ち殺した。さらに清弘もアジトで射殺するが、その死体にすがるのは変わり果てた妹・灯の姿だった。諒介は最愛の妹にも引き金をひいたのだった。その時、背後から忍び寄った仁藤の部下・新開が諒介を射殺、菊地に岩城の代わりをさせて麻薬の密売を引き継ぐことになったのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第13回 日本アカデミー賞(1990年)

ノミネート

主演男優賞 ビートたけし
話題賞 作品部門/俳優部門 ビートたけし
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5やっと観た。

2022年12月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

北野映画は『アウトレイジ』シリーズ3部作と『BROTHER』しか観てません。

邦画ギライですが、北野映画は全作制覇したいと思っております。

北野映画の、こだわりなんでしょう、サブスクないのでレンタル行きました。

記念すべき監督1作目ですが、

刑事役です。

個人的には、まあまあ。

『アウトレイジ』の方が好きです♪

コメントする (0件)
共感した! 0件)
RAIN DOG

4.5死に最も近い男

2022年11月29日
iPhoneアプリから投稿

北野武の演技は徹底的なまでにシステマチックだ。たとえば冒頭でホームレス狩りの悪ガキの家に土足で上がり込んで顔を思い切り殴りつけるシーン。これが普通の刑事ドラマなら「お前には人間の心がないのか!」と喝を入れるか、そうでなくてもせめて怒りと無念に引き裂かれた苦渋の表情の一つでも浮かべてみせるところだが、北野演じる刑事は一切の言葉も発さず、一切の表情も浮かべない。

それでは彼はいったい何に従って動いているのか?受け売りの正義感でも幼稚なサディズムでもない、言うなればシステムのプログラム。「悪は断たれるべき」と、誰かがそういうコードを記述した。そして彼は現象という変数に従ってそれを実行するシミュレーターだ。同僚をヤクザに殺されたり妹をヤク漬けにされたり、いかにも人間の激情を誘うようなできごとが立て続けに起こるが、彼の暴力はただ暴力として発露されるばかりでそこに情緒の色彩はない。こいつは果たして機械なのか人間なのか?不気味の谷現象にも似た居心地の悪さが作品に張り詰めたホラーと緊張を与えている。しかし謎は最後まで明かされず、彼の劇的な死とともに映画は幕を閉じる。

しかし考えてみれば、理由律を失ったままロボットのように生きている人間というのは案外多いんじゃないか。それが単に暴力的発露に結びついていないというだけで、あらゆるできごとを感情なくシステマチックにやり過ごしている人間というのはどこにでもいるんじゃないか。ひょっとしたらあなたも私も、自由意志に従っているようで、実のところ出所の知れない定言命法に従っているだけなのかもしれない。しかしそういうシステム人間が向かう先は、本作や『ソナチネ』が示すように、悟りにも似た死の世界だ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
因果

4.0「凶暴」の前後にある「静穏」

2022年8月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
すっかん

4.0原点にして頂点

2021年9月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

北野武のバイオレンスが詰まりまくった映画。
ヒリヒリした空気感。当時劇場で観てなんとも言えない空気、大人の空気を感じた映画。
○十年ぶりに観たが面白かった。
そして、当たり前だがみんな若かった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Keita
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る