その男、凶暴につき

劇場公開日

その男、凶暴につき
22%
58%
15%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ヤクザに雇われた殺し屋と、それを執拗に追う刑事との争いを描く。脚本は「STAY GOLD ステイ・ゴールド」の野沢尚が執筆。監督はビートたけしこと北野武、撮影は「この胸のときめきを」の佐々木原保志がそれぞれ担当。挿入歌は、トレイシー(「ガール・ユー・ニード」)。

1989年製作/103分/日本
配給:松竹富士

ストーリー

一匹狼の刑事・我妻諒介は凶暴なるがゆえに署内から異端視されていた。ある晩、浮浪者を襲った少年の自宅へ押し入り、殴る蹴るの暴行を加えて無理矢理自白させた。暴力には暴力で対抗するのが彼のやり方だった。麻薬売人の柄本が惨殺された事件を追ううち、青年実業家・仁藤と殺し屋・清弘の存在にたどり着いたが、麻薬を横流ししていたのは、諒介の親友で防犯課係長の岩城だった。やがて岩城も口封じのため、自殺に見せかけて殺されてしまう。若い菊地は諒介と組むが、いつもハラハラのし通しだった。一方、清弘の仲間たちは知的障害の少女を諒介の妹と知らずシャブ漬けにして輪姦する。諒介は刑事を辞めて、岩城の復讐のために仁藤を撃ち殺した。さらに清弘もアジトで射殺するが、その死体にすがるのは変わり果てた妹・灯の姿だった。諒介は最愛の妹にも引き金をひいたのだった。その時、背後から忍び寄った仁藤の部下・新開が諒介を射殺、菊地に岩城の代わりをさせて麻薬の密売を引き継ぐことになったのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第13回 日本アカデミー賞(1990年)

ノミネート

主演男優賞 ビートたけし
話題賞 作品部門/俳優部門 ビートたけし
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0久々の再鑑賞。

刺繍屋さん
2020年10月17日
iPhoneアプリから投稿

当然の事ながら、皆さん、お若いですよね。
そして細い(笑)

粗はありますし、時代を感じますが、それでも面白いのは、脚本に加えて、ビートたけしさんの演技に依るところが大きいですよね。
初監督にして主演作ですし、急遽決まった事もあって、今観ると未熟な点も無いわけでは無いですが、感情を読ませない演技は秀逸ですね。
そのせいもあって、次にどのような行動を取るのか予測出来ないため、緊張感が有り、不安を煽っているように思います。

監督としての北野武さんは素晴らしい才能の持ち主だと思いますし、お笑い芸人としてのビートたけしさんもそのセンスを含めて好きですが、演者としてのビートたけしさんもまた佳いですね。
他の作品も観返してみたくなりましたし、TVドラマなど未視聴の物もあるので、こちらも観てみようと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
刺繍屋

5.0おもろい!

2020年9月22日
iPhoneアプリから投稿

久々に見直しましたが、面白かったです!ストーリーよりもピリピリの雰囲気とタンタンと進むバイオレンスを見る映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
もひょもひょ

4.0カッコいい

2020年9月5日
スマートフォンから投稿

楽しい

興奮

 ご存知北野武監督デビュー作で傑作としか言いようがないです。

 たけし演じる我妻刑事が未成年であることを利用しホームレスをなぶり殺しにした少年達に天誅を下す冒頭から痺れまくる展開が続きます。

 本当の〇〇ちゃんは良い子なんです(両親)的な、人の性善説などお構い無しにお前らが何をしたのか、を根拠に信じる道をラストまでひたすら突っ走るビートさん笑

 当初の監督だった深作欣二と意見の相違で自らがメガホンを取ることになったと言われてますが結果的に大正解でしたね。

 金獅子賞を取ったハナビも北野ブルーもなんだかなあ、と思いますがこの作品が唯一無二の北野武監督の最高傑作であるのは間違いありません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
シネシネ団

5.0傑作中の傑作です! 30年が過ぎ去っても未だに革新さは失われてはいません

あき240さん
2020年6月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

異常な緊張感が全編を支配しています
無駄が一切ありません
説明シーン、セリフ、演技
過剰なものが可能な限り削ぎ落とされています
それが緊張感を生み出していると思います

もともとは深作欣二の監督で製作を予定されていたとのこと
それを深作監督が受けなかった為に、話題性で急遽、主演のビートたけしが監督することになったといいます

もし深作欣二監督が本作を撮っていたとしたらどうなっていただろう
同じ脚本でも北野武監督と深作欣二監督では、全く違う映画になっていたでしょう
一言でいえば、昭和のままの刑事ものか、平成の時代の新しい刑事ものの映画の違いだと思います

それ程、北野武監督の映画は新しいのです
手垢にまみれていません
ピカピカに磨かれた真鍮のように光輝いています
新しい時代の映画になっています

主人公の我妻刑事と新米刑事がいく酒場なら、ガールズバーと居酒屋の違い
仁藤の店なら、波止場近くの洒落たレストランと料亭の違い
清弘の子分のチンピラが聴く音楽なら、レゲエと演歌の違いです

舞台は北品川、京浜新町
深作欣二監督監督なら同じ舞台であっても、仁藤のレストランはああならないでしょう
あの場所は波止場のバーで有名なスターダストのある辺りのようにみえます
昭和の感覚なら、新宿か五反田あたりになってしまっているとおもいます

新しい時代の映像感覚がそのような舞台設定だけでなく、音楽、撮影、衣装、セットに縦横に展開されています
正に革新であったと思います

撮影も美しい
照明の使い方、光と影の造る構図の絵画のような美しさ
とくに終盤の暗い倉庫内部での逆光、白い列柱に差し込む三角形の白い外光
ハッとする美しさです

お話は基本、ダーティーハリーの日本版です
ですがそれだけに終わっていないのです

基本、主人公は何時も静かに怒っています
表面的には何を考えているのかわからない無表情に見えますが、その心理的な仮面のガードの下に沸騰しかけの怒りが圧力をもって閉じ込められているのです

その怒りは、単なる悪への怒りとかの薄ペラいものではありません
官僚的な警察組織にでも、警察内部の腐敗でも、不良少年達でも、覚せい剤密売のヤクザ組織でもないのです

そんなことを総てひっくるめて、腹をたてているのです
精神病院の入退院を繰り返しているような妹の境遇のこともそうです
自分のパッとしない人生にもきっと腹をたてているのだと思います
世の中の何もかもが面白くないのです
ムシャムシャしているのです

だから、彼の瞬間切り替えスイッチのような怒りと暴力の発動は自然で一瞬なのです
そしてそれは私達の日常の不満、イライラ、不機嫌を代弁してくれているのです

だから本作の暴力にはカタルシスがあるのだと思うのです

もしも深作欣二監督が本作のオファーを受けていたなら、北野武監督の誕生はなく、その後の世界の北野武監督も無かったのです

傑作中の傑作です!
30年が過ぎ去っても未だに革新さは失われてはいません

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全28件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「その男、凶暴につき」以外にこんな作品をCheck-inしています。