その男、凶暴につき

劇場公開日

22%
58%
15%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ヤクザに雇われた殺し屋と、それを執拗に追う刑事との争いを描く。脚本は「STAY GOLD ステイ・ゴールド」の野沢尚が執筆。監督はビートたけしこと北野武、撮影は「この胸のときめきを」の佐々木原保志がそれぞれ担当。挿入歌は、トレイシー(「ガール・ユー・ニード」)。

1989年製作/103分/日本
配給:松竹富士

ストーリー

一匹狼の刑事・我妻諒介は凶暴なるがゆえに署内から異端視されていた。ある晩、浮浪者を襲った少年の自宅へ押し入り、殴る蹴るの暴行を加えて無理矢理自白させた。暴力には暴力で対抗するのが彼のやり方だった。麻薬売人の柄本が惨殺された事件を追ううち、青年実業家・仁藤と殺し屋・清弘の存在にたどり着いたが、麻薬を横流ししていたのは、諒介の親友で防犯課係長の岩城だった。やがて岩城も口封じのため、自殺に見せかけて殺されてしまう。若い菊地は諒介と組むが、いつもハラハラのし通しだった。一方、清弘の仲間たちは知的障害の少女を諒介の妹と知らずシャブ漬けにして輪姦する。諒介は刑事を辞めて、岩城の復讐のために仁藤を撃ち殺した。さらに清弘もアジトで射殺するが、その死体にすがるのは変わり果てた妹・灯の姿だった。諒介は最愛の妹にも引き金をひいたのだった。その時、背後から忍び寄った仁藤の部下・新開が諒介を射殺、菊地に岩城の代わりをさせて麻薬の密売を引き継ぐことになったのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第13回 日本アカデミー賞(1990年)

ノミネート

主演男優賞 ビートたけし
話題賞 作品部門/俳優部門 ビートたけし
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0原点にして頂点

Keitaさん
2021年9月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

北野武のバイオレンスが詰まりまくった映画。
ヒリヒリした空気感。当時劇場で観てなんとも言えない空気、大人の空気を感じた映画。
○十年ぶりに観たが面白かった。
そして、当たり前だがみんな若かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Keita

4.5北野武作品では一番おもしろい

2021年7月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

約30年前の映画だが全然おもしろい。
北野武監督の処女作。もともと監督する予定ではなかったが、予定外で監督となった作品。
北野映画のピュアな部分がすでに出ていて、北野作品では一番だと思う。
研ぎ澄まされて少ないセリフ。画面の切り替わり、静止画の間合い。特に表情の静止画。
映像で表現する北野作品の間合いが随所に出ている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
菜野 灯

5.0北野武

さん
2021年7月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Y

4.0傑作でした。 川上麻衣子の可愛さに驚きました。

tunaさん
2021年3月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

傑作でした。
川上麻衣子の可愛さに驚きました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tuna
すべての映画レビューを見る(全35件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る