完全なる飼育

劇場公開日

19%
38%
31%
6%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「心と体が結ばれた完全なるセックス」を求める中年男と、そんな彼に誘拐監禁された女子高生の危ない純愛を描いたコメディ。監督は「ハリマオ」の和田勉。松田美智子によるノンフィクション小説「女子高校生誘拐飼育事件」を基に、「おもちゃ」の新藤兼人が脚色。撮影を「F[エフ]」の佐々木原保志が担当している。主演は、「のど自慢」の竹中直人と「一生、遊んで暮らしたい」の小島聖。

1999年製作/96分/R15+/日本
配給:東京テアトル=セディックインターナショナル

ストーリー

ジョギング中に誘拐された女子高校生の樺島邦子が目を覚ましたのは、犯人・岩園貞義が住む安アパートの部屋だった。全裸にされ、手足を縛られていた彼女は、レイプされることを覚悟するが、意外にも岩園は彼女に優しく接してくれた。岩園が邦子を誘拐した理由は、女性「完全なる愛」が欲しかったからだ。絡みで心に深い傷を負った経験を持つ岩園は、心と体が結ばれた完全なセックスを求めて、邦子を監禁飼育すると言う。初めはそんな岩園を罵倒する邦子だったが、次第に岩園の優しさに心を開いていくようになる。ある日、岩園は邦子を連れて温泉に旅行に出かけた。今やふたりの気持ちはすっかり打ち解け合い、宿の従業員にも父娘で通した。ところが、邦子が手錠ごっこと言って岩園の手首に手錠をしたまま、宿を出ていってしまう。「ああ、邦子が心を許してくれたと思っていたのは、実は逃げる機会を窺っていただけだったのか」愕然となる岩園。しかし、邦子は電車には乗らず、宿に戻って来る。アパートに戻ったふたりは、今度は他の住人に対し、自分たちは叔父と姪だといって通した。そして、その頃からふたりは「心と体が結ばれた完全なるセックス」で結ばれるようになっていく。仕事や食事もそこそこに、セックスに溺れていくふたり。斯くして、岩園の飼育は成功したのである。だが、そんな生活も長くは続かなかった。やがて、邦子の両親が公開捜査に乗り出すに至り、邦子は捜査中の刑事によって保護され、岩園も未成年者誘拐の罪などで逮捕されてしまう。警察の取り調べに対し、岩園は罪を素直に認め、自分を死刑か無期懲役にして欲しいと弁護士に頼んだ。しかし、邦子は「あれは誘拐監禁ではなく、楽しい同棲生活だった」と証言するのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

0.5勘違いするなよ

2019年9月13日
PCから投稿

これ観て真似するなよ、現実とまるで違うから。
最低な映画です。
品質も最低です、全ての意味で。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

1.5小説「女子高校生誘拐飼育事件」

散歩男さん
2019年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

松田美智子によるノンフィクション小説を元にしたこのタイトル。この後も次々と同様な映画が作られている。
それはひとえに「殿方のスケベ心を刺激し、女性の裸が出て、集客が見込める」からだ。テーマが高尚であったとしても、製作者の志が高かろうとも、根元はそこ。別に悪いと言っている訳ではなく、映画とは興行なのでエロで見せるのは普通の事。

で、この内容。思っていたのと違い、陰惨さや暴力性が薄い。そういう事件だったのだ。そこは知らなかった。小島聖のふくよかな肉体も暗さを吹き飛ばすのに一役かっていたように思う。
だが、近隣住人との付き合いやコメディタッチな描写は必要・・・? 監禁犯罪はやはり密室的な行為であり、そこにリアリティがなければ二人に愛情が芽生える過程にも説得力はなかったように思えた。
他の映画はどんなタッチで描いているのか?そんな事を思ったりした。(つまりこの映画にノレなかった)

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
散歩男

3.0ストツクホッルム症候群?

2019年5月28日
PCから投稿

何故か、嫌悪感が無い。
レイプしてない、愛してる。
関係無いけど、竹中直人は浮気はしない、愛して無いとしない。
感覚的にはそうだけど、現実にあれば、本当に恐ろしい事。
でも、救われるのは、犯人は彼女の尊厳は大切にして、心の交流に尽くした事。
もし、彼女の生い立ちが、恐ろしいものであれば、違う考え方も有るのかもしれない。
竹中直人に性的なゲスな感情を感じないために、何か、心の溝を埋めるような取り組みについて、展開すると期待したのかもしれない。
あるいは展開したのかもしれない。
ジョギングの途中で立ち止まるのは症候群から目覚めたのか、自分の事を振り返り、新たな決断をしたのか。
どのみち、誘拐が卑劣で残忍で有ることは明白なのだが。
これはメタファーだと考えて、救いを求めるしか無いのだろう。
何れにしても、愛を成就させるには、相手の気持ちを考えてという事が最優先。
当たり前のようで、なかなか出来ない事です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

3.0脚本が新藤兼人

kossyさん
2019年5月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 不自然な点はいっぱいある。実際にあった事件をモチーフにしているようだが、どのくらいの脚色があったのだろうか・・・謎だ。脚本にしても、前半は良かったけど、温泉に行った辺りからおかしくなってるかも。結局は濡れ場中心になったエロ映画となってしまったかな。もうちょっとクニコの心の変化が見たかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「完全なる飼育」シリーズ関連作品

他のユーザーは「完全なる飼育」以外にこんな作品をCheck-inしています。