あした

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

死者からのメッセージを受け取った、残された家族や恋人たちの別れと“あした”への旅立ちを描いた人間ドラマ。「ふたり」に続き赤川次郎の『午前0時の忘れもの』を原作に、冬の尾道の海を舞台に描かれる大林宣彦の新・尾道三部作の第二作。尾道三部作(「転校生」「時をかける少女(1983)」「さびしんぼう」)は少年・少女の甘酸っぱい青春を描いたものだったが、「ふたり」に始まる新・尾道三部作は“家族”がテーマの基調となっている。出演は「今日から俺は!!」の高橋かおり、「青春デンデケデケデケ」の林泰文、「人造人間ハカイダー」の宝生舞など。

あらすじ

小型客船・呼子丸が嵐のなか尾道沖で遭難し、乗客9名全員の絶望が伝えられてから三ケ月。残された恋人、夫、妻、家族のもとに、「今夜午前0時、呼子浜で待っている」という不可解なメッセージが次々と届く。女子高生・朝倉恵(宝生舞)は、授業中見ていたスライドのスクリーン上に恋人・高柳淳(柏原収史)からのメッセージを見つけた。恵は淳と交わした「ずっと一緒にいよう」という約束を思い出す。本当に会えるかもしれないという期待と不安を胸に、恵は呼子浜へ急ぐのだった。ヤクザの親分・金澤弥一郎(植木等)のもとには、孫からの手紙が届いていた。長年に渡って一家の長としてのつとめを果たしてきた金澤は、跡目を若い衆に譲って静かな余生を送りたいと考えていた。彼は組の若いものを引き連れて呼子浜へと出かけて行く。造船設計技師・永尾要治(峰岸徹)は、携帯パソコンに映し出された妻と娘からのメッセージを読んでいた。残酷ないたずらだと、堪えられない気持ちを部下の直子に訴えるが、永尾に思いを寄せる直子は、信じて会いに行くように促すのだった。永尾は直子の運転する車で呼子浜を目指した。水泳部員の安田沙由利(椎名ルミ)は、会社の伝言板に唐木コーチからのメモを見つけた。伝えられなかった唐木への思いを伝えたい一心で、沙由利は呼子浜へ行くことを決意する。しかし、同僚でマネージャーの小沢小百合(洞口依子)も同じメモを見ていたのだった。森下美津子(多岐川裕美)は、夢の中で夫の声を聞いた。美津子はそれを、夫の社長秘書として仕えていた布子(根岸季衣)に楽しそうに話す。布子は固い表情をしたまま、その話を聞く。会社のボートで二人は夕日の尾道水道を進んでいく。女子大生・原田法子(高橋かおり)は、友人の綿貫ルミと温泉旅行に来ていたのだが、法子の勘違いで最終便の船に間に合わなくなり、この夜を呼子浜の待合所で過ごすことになってしまった。待合所で早々と寝入ってしまった法子とルミのもとに、金澤たちの一行が到着した。供をして来た子分のなかに、小学校の時に離れ離れになってしまった大木貢(林泰文)がいるのを見て、法子は驚く。法子はあの時にもらった貢からの手紙に書いてあった“約束”をまだ覚えていたのだった。貢は複雑な家の事情で、金澤に拾われヤクザの見習いをやっていた。そこへ、朝倉恵が自転車で駆けつけて来る。続いて、死者たちとの“約束”を信じて、ひとり、またひとりと桟橋の待合所には人が集まって来た。それぞれの想いと思惑が交錯するなか、“約束”の時間は近づいていた。午前0時になり、波がにわかに騒ぎ始めると、暗い海の中から真っ白な呼子丸が姿を現わし、桟橋に停止した。その瞬間、目の前に現れたのは死んだはずのあの人たちだった。“約束”とは最愛の人に言えなかった“さようなら”を言うことなのだ。つかの間の再会を終えた死者たちは、再び船に乗り込んでいく。しかし、金澤だけは自分の命と引き換えに、孫の身代わりとなって船に乗るのだった。彼らを乗せた呼子丸は、暗い尾道の海に消えていった。

1995年製作/141分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0生きるってことをかなり強調した映画。

kossyさん
2018年10月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 序盤で椎名ルミ、高橋かおりの初々しいヌード。2人とも胸は小さい。美少女を脱がせる大林マジックを感じた。

 とにかく大林監督の下に集まる常連の俳優さんたちがいい。演技力もわざとらしいほど下手に演じさせるのか、そこが微笑ましかったりする。特に多岐川裕美、岸部一徳、林泰文などなど・・・案外、宝生舞が良かったのにビックリ。

 ヤクザの親分植木等を狙う岸部、田口トモロヲ、林。そして彼を守るベンガル、小倉久寛。大林監督に“人を殺すシーンは撮らない”ポリシーがあるため安心もできるのですが、かなり危ないところもあり。まぁそれが逆に生きることの大切さを訴えてくるのだ。
 原作は知らないけれど、これだけ登場人物が多いのに見せ場を作ってあるところが凄いとも感じる。お笑い担当の小倉とか、性欲担当の峰岸徹とか・・・寂しい人もいたけど、なぜだか希望を与えてくれる。もちろん泣き担当の植木等のパートはいいなぁ。

 小屋での高橋、林の初体験シーンなんかが恥ずかしいほど不要な部分だと感じるけど、それもクライマックスに繋がるんだと思うとしょうがないのかもしれない。

 原田知世のゲスト出演もいい。9人という人数を数えていれば想像はできたんだろうけど、なにしろ登場人物が多くて・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る