ブラッド・ダイヤモンド

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ブラッド・ダイヤモンド
27%
58%
14%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

内戦下のアフリカで発見された巨大なピンク・ダイヤモンドを巡って繰り広げられる争いをサスペンスフルに描く社会派ドラマ。それぞれ異なる目的のためにダイヤの行方を追う3人の男女の運命が交錯する。冷酷なダイヤ密売人にレオナルド・ディカプリオ、ダイヤ採掘場での労働を強いられた漁師にジャイモン・フンスー、真実を求める女性ジャーナリストにジェニファー・コネリーが扮する。監督は「ラストサムライ」のエドワード・ズウィック。

2006年製作/143分/アメリカ
原題:Blood Diamond
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第79回 アカデミー賞(2007年)

ノミネート

主演男優賞 レオナルド・ディカプリオ
助演男優賞 ジャイモン・フンスー
編集賞 スティーブン・ローゼンブラム
音響編集賞  
音響録音賞  

第64回 ゴールデングローブ賞(2007年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) レオナルド・ディカプリオ
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖
  • モンスターズ 地球外生命体
  • HAZE
  • LOFT 完全なる嘘(トリック)
  • ザ・ボルト 金庫強奪
  • ザ・モンスター
  • サクラメント 死の楽園
  • パラノーマル・フェノミナン
  • パラノーマル・フェノミナン2
  • パラノーマル・フェノミナン3
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2006 Warner Bros. Entertainment Inc.ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.0Bush Era Hollywood Activism

2020年10月20日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館、VOD

Edward Zwick reimagines history with the Hollywood formula likely full of the inaccuracies to spot in Last Samurai and Glory. The film doubles as a public service announcement about the human cost of conflict stones, critical of the colonial aptitude of the West--rare in mainstream cinema. DiCaprio plays a mean-spirited character who manages to ad-lib his way to heroism. Forgettable popcorn fun.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan Knighton

4.0シエラレオネは地獄

2021年5月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジュリエッタ

4.5目を背けたくなるような実情

21世紀さん
2021年5月1日
スマートフォンから投稿

反政府組織による大量殺戮、強制労働、少年兵、こういった実情を前半は見ていて辛いほど突きつけてきました。
地球の反対側で行われてるこういった事や、日常的なテロなど、安全なところで暮らす私たち消費する側はやっぱりどこか他人事に捉えてしまっているよなぁと自分を省みました。

「私は性善説を信じたいが、現実を見ると違う。君はどう思う」という問いに対してアーチャーが「いや。ただの人間だ」「そのとおり善悪は行動で決まるんだ。悪人でさえ一瞬の愛情があれば人生に意味を与えられる。正しい道の選択は難しい。」というシーンが個人的に印象に残っています。
アーチャーやマディー、ソロモンがお互いに影響されあったように、その時の状況で人は悪人にもなるし、善人にもなる。
反政府組織は自分たちは正しいと信じているが、別のものはそれを悪だとする。正義と悪も、善と悪も、全て表裏一体なんだと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
21世紀

5.0内戦を長引かせているのがダイヤモンド

aykさん
2021年4月28日
スマートフォンから投稿

悲しい

1991年から2002年まで続いていた内戦を取り上げている実話。

こんなにシリアスな内容だと知らずに見始めたから、こんな事実があるなんて知らなかったで済まされないほどアフリカの状況がリアルに描かれていた。

ダイヤモンドのせいで内戦が長引かされていたり、手元にあるダイヤに沢山の命の犠牲があったかもしれないなんて、想像もした事がなかった。

採掘から流通までの過程を知ることでダイヤモンドが抱える闇を知った。

貧困なアフリカの20万人の子供たちは未だに、富裕国の金儲けのために強制的に労働させられ暴力に怯え命を無い物とされている。

社会派映画はあまり見ることないけど、アフリカの現実を目の当たりにして、映画の最後に【阻止するのは消費者である】の言葉は責任を感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ayk
すべての映画レビューを見る(全88件)

他のユーザーは「ブラッド・ダイヤモンド」以外にこんな作品をCheck-inしています。