雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
16%
54%
25%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャン=マルク・バレ監督が、「ナイトクローラー」「サウスポー」の演技派ジェイク・ギレンホールを主演に迎え、妻の死にすら無感覚になってしまった男が、身の回りのものを破壊することで、ゼロからの再生へと向かっていく姿を描いたドラマ。ウォール街のエリート銀行員として出世コースに乗り、富も地位も手にしたデイヴィスは、高層タワーの上層階で空虚な数字と向き合う日々を送っていた。そんなある日、突然の事故で美しい妻が他界。しかし、一滴の涙も流すことができず、悲しみにすら無感覚に自分に気付いたデイヴィスは、本当に妻のことを愛していたのかもわからなくなってしまう。義父のある言葉をきっかけに、身の回りのあらゆるものを破壊し、自分の心の在り処を探し始めたデイヴィスは、その過程で妻が残していたメモを見つけるが……。

2015年製作/101分/PG12/アメリカ
原題:Demolition
配給:ファントム・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation, Demolition Movie, LLC and TSG Entertainment Finance LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0ギレンホール、見事に役を生き切った

2017年2月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

ヴァレ監督はいつも、崩壊しそうなほどに傷ついた人の心を剥き出しに描き出す。それは時にヒリヒリする描写を伴うこともあれば、まるで真逆の、言いようのない温かみとなって香りたつ瞬間もある。こと本作を観ながら思い知らされたのは、心は一つの構造物であり、一つ一つのネジや柱が支え合って何かを成立させているということだろう。妻が死んでも泣けなかった主人公は、自分の気持ちに素直なのか、それとも抗い続けているのか。それは彼自身にだってわからない命題だ。だからこそ心をバラバラに解体してどんな構造なのかを確かめ、壊れているところがないかを見極めてみる。最初は狂気じみているように思えたその行為が、やがて慟哭にさえ近い、とても切実かつ胸に迫る行為であったことに我々は後から気づかされるのだ。その心理状況が見事に成立しているのもギレンホールの存在あってのこと。彼にはどれほど賛辞を送っても足りない。この俳優は生涯に一度あるかないかの難役を、見事に生き切った。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
牛津厚信

4.0肉体労働と子育てで“生”の実感を取り戻す

2017年2月18日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

幸せ

原題のDemolitionは端的に「破壊」。分解や解体の作業は複雑にこんがらがった感情をいったんバラす象徴だけれど、インテリの主人公が肉体を酷使することで生きている実感を取り戻す効果もある。共通点の多い「永い言い訳」でも、作家の主人公とトラック運転手の遺族仲間が対比的に描かれていた。それに、慣れない子育てに触れることで、再生のきっかけをつかむ点も似ている。

ジェイク・ギレンホールは「ドニー・ダーコ」や「ナイトクローラー」など、精神的に問題を抱えた陰のあるキャラクターが似合う。主人公の義父役のクリス・クーパーが成功した経営者としての尊大さを醸しながらも娘思いのキャラクターを渋く好演している。

ジャン=マルク・バレ監督は、「ダラス・バイヤーズクラブ」に比べると今回少し演出にキレが足りない印象。音楽使いのセンスは良かったけれど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
高森 郁哉

4.0邦題に違和感

津次郎さん
2020年7月11日
PCから投稿

映画も印象的だったが、邦題が雨の日は会えない、晴れた日は君を想う──となっていたせいで、よく憶えている。

よく知らないのだが、外国映画の邦題は誰が付けるのだろうか。
わたしの想像だが、配給会社の社内で「こんどはきみが付けてみろよ」みたいな感じで振られた職員が「え、いいんですかあ」とか言って、えいやと付けるんじゃなかろうか。

わたしは大昔から無粋な邦題に気をもんできたが、何も変わっていない。どうでもいいと言えばどうでもいい──のかもしれない。
しかしわたしだけでなく、大勢の映画ファンが、長年にわたって、付け焼き刃の邦題を問題視してきたはずである。そのまま表記するか、直訳するか、たんにカタカナにすればいいのである。
人様の映画に、なぜ、名付け親がいるのだろうか。
なぜそんなことが許されてしまうのだろうか。

IMDBには、その映画の、各国の公開時期が載っている。そのJapan欄だけが、各国とは異なるタイトルが、日本語のローマ字表記で書かれているのである。
なんか──すごく恥ずかしい。

邦題を付ける機関は、いったいどんな状況で、映画の題名が発声せらるる──と考えているのだろうか?
「なんていう映画?」→「えっと『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』っていうの」
こんな会話が成り立つと考えているんだろうか?

日本で、外国映画の会話が成り立たない理由に、邦題のいい加減さがある──個人的には本気でそう考えている。
タイトルを聞かれたときに「忘れた」とか「なんだっけ」としか言えない。なぜ言えないのかといえば──こっ恥ずかしいからだ。とてもじゃないが、雨の日は会えない、晴れた日は君を想う、なんてタイトルを発声することはできない。

これを名付けた誰かはデイヴィスの悲しみに寄り添ったつもり──なのは明白だ。
しかし、この映画は、叙情をみるのは人それぞれに任せてあるからこそ「解体」と簡潔に命名されたのではないだろうか。叙情が題に露われてしまうのは下世話で、ばあいによっては改ざんともいえる──と思う。
なぜなら、深淵に追い詰められた彼の闇を『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』でポエムに流してしまっているからだ。
このタイトルは主人公の抱えた複雑な心象を──妻を失って悲しみに打ちひしがれた男──に単純化してしまっている。この映画は、そんなポエティックな話じゃない。

こういった話はAn Officer and a Gentlemanが愛と青春の旅立ちと邦題されてしまった時より前から山のように転がっていた。積もり積もって人々は映画の話を避けて通るようになったのである。どう考えても、日常会話のなかに、愛と青春の旅立ちはそぐわない。

ただし、邦題の方法が改悛されるとは、思わない。企業というものは頑迷なものである。

本題とチルダでつながった副題のある邦題をレビューに転載するときの、あの一抹のこっぱずかしさ。
邦題の名付け親にはぜひそれを大声で連呼してもらいたい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

2.5好みではなかった

Normanさん
2020年6月22日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Norman
すべての映画レビューを見る(全133件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」以外にこんな作品をCheck-inしています。